初めての中出し体験②

やっと根元まで咥えた時には、既に私は限界間近でした。
情けない話ですが、ここ数年素人とエッチをしていなかったので。

『ヤバイって・・・イキそうになってきちゃったよ・・ちょっと待って!』

強引に私は口からチンチンを抜きました。
そしてホテルへ行こうと誘いました。
今度は私の車に移動して、ホテルへ向かいました。
向かっている途中、何度もユミはチンチンを刺激してきました。
生まれて初めて、運転しながらのフェラも経験しました。

ホテルへつくと、シャワーも浴びず貪りあいました。
脱がせてみると、均等のとれたスタイルに目を惹かれました。
お椀形で綺麗なオッパイ、キュッとくびれた腰。

無我夢中で乳首や全身を舐めまわしました。
多分、経験が少ないのを感じたと思います。
ただただ無我夢中でしたから。

『今度はアタシがシテあげるね』

車の中より数段もうまいフェラが待っていました。
握った手の動きは、ねじる様に上下に動き、
舌は亀頭に絡みつく。
そしてギンギンになったチンチンを持ち、ユミは騎乗位で入れてしまいました。
ゴムをつける余裕すらありません。

上に乗ったユミは、まるでAVのように腰を動かしました。
私の乳首を舐めながら、上下に腰を動かすんです。
キスをされたり耳や首筋を舐めたりしながら、ずっと腰をふっていました。

当然、私はスグに限界を迎えます。

『もうイっちゃうよ・・・これマジでヤバいって』

『イイよ・・イッて?中で・・・イッて?』

『??えっ??』

『ピル飲んでるから・・・大丈夫なの・・・』

ユミの動きが加速して、そのままあえなく中でイってしまいました。
初めて生の中出し。
凄まじく気持ち良くて、ユミのケツをギュっと掴んでしまいました。

つづく。

タイトルとURLをコピーしました