超美人なメンヘラ人妻を嫌いな先輩に押し付け成功@3P

久し振りの合コンで超ゴキゲンな女と出会った。マミは26歳の派遣社員で、The 女の子!という雰囲気。異性の前だと明らかに態度や口調などが変わると推測できる、まぁ分かりやすい子。顔は乃木坂の衛藤美彩って子に似てる。ぶっちゃけ1番可愛かったので、男全員がマミにアツい視線を送っていた。でもなぜか俺を気に入ったようで、それはそれは楽しい合コンになった。

マミの方から積極的に連絡先を聞かれ、3日後にまた再会して2人で飲みに行った。お恥ずかしい話だが、あんな可愛い子とチョメチョメなんて経験がなかった俺。2人で食事しても緊張するぐらいで、傍から見たらリアル美女と野獣じゃないかと。なので慎重に慎重を重ね、5回目の食事の後、夜の公園で告白した。めっちゃ緊張したwヒザなんてブルブルガクガクするぐらい。

「ゴメン、アタシ結婚してるの」

ドン引きでしたよw「あっ・・・あぁぁ~~・・・・えっ?????」完全にパニクったよねw「ずっと言おうとしてたの、でも・・・・ごめんね・・・・でもアタシ好きだよ」「いや、でも・・・あぁぁ~・・・・はい・・・・」

多分死にそうな顔してたんだろうな。マミに腕を支えられながら近くのベンチに座った。そこでマミの正直な話を聞かされた。

まず結婚は23歳の時で、旦那さんは17コ上だという。3ヶ月ほど前に旦那の浮気が発覚し、家庭内別居状態だったらしい。その憂さ晴らしで合コンに参加したもたい。離婚するしないはまだ決めていない。だから彼女にはなれない、でも好き。

30分ほどそんな話を聞き、フラつきながらも駅へと向かった。その途中で背後から抱き着かれ、今日は帰りたくないって言われた。でも人妻ですしね、俺にどうしろって言うんだ?と思ったわけです。俺の頭には、ただ憂さ晴らしの為に金を使わされた、という考えしかなかった。

「ん~だったら漫喫にでも行く?」何もできない女に金を使う理由はない。というか騙されてもう8万ほど使っていたからね、ムカついてきたりもしてた。

そんなわけで漫喫へと向かった。昨今の漫喫はとにかくゴージャスで超便利なんだよね。普通に個室みたいな下手がちょうど空いてたのでそこに入った。重たい空気の中、TVを見ながらチラホラと会話してた。ゴロンと横になってTV見ていたんだが、なぜか俺に密着してくるんです。お腹とか太ももとか、どこかに寄り掛かるみたいに。正直、超イイ女なので密着されると勃起してくる。だから何気に離れていくのだが、また引っ付いてくる。そして勃起がバレたw

「あぁーwおっきくなってるぞぉw」「いやだってさ・・・」「うれしっ」「えっ?」

直後にチノパンの上から触られた。ニコッとされ可愛い顔しながら股間を弄るギャップが凄い。その雰囲気に圧倒され身動きが取れなかった。

「舐めてあげよっか」「いやぁ~マジ?ヤバいでしょ、さすがに」

そうは言ったけど嫌なはずがない。別に室内にカメラがあるわけじゃないし、逆にお願いしたいぐらい。数秒間の無言があり、マミは何も言わずジッパーをおろしてきた。バッキバキに勃起したチンコが姿を見せると、躊躇もなくマミの舌が亀頭を這った。思わず声が出そうになって我慢すると、マミが嬉しそうな顔を向けてきた。そこからはもう夢心地。

33年間生きてきて、こんなにも心が満たされた時間は初めて。洗ってもいないチンコを、こんな美人が嬉しそうに舐め回してるなんて。「んふっ」とか言いながら微笑みかけてくるんです。このまま逝ってしまうかと思ったぐらいの多幸感でした。

「アタシも我慢できなくなっちゃった」そう言ってきたマミは、自らパンツを脱ぎ、上に跨ってきた。壁に寄りかかっていたので対面座位の体位。アツい膣に吸い込まれていくチンコが1番奥まで到達した。マミはエロい顔しながらキスまでしてきた。このキスがまたエロくて超最高だった。

今まで付き合ってきた彼女たちですら、こんなに卑猥なベロキスなんてされた事がない。唇に始まり、歯茎や舌も舐め回され、至近距離で見つめられる。それと同時に腰も動き出し、ズリズリとスライドする腰振りを見せてくれた。あまりのエロさに脳ミソがスパーク。無我夢中で腰を掴んで強引に動かしていた。子宮口のコリコリが亀頭を刺激して気持ち良かったんです。なんとこれでマミが1回目の絶頂へ達していった。

タイトルとURLをコピーしました