萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 人妻体験談
  2. 193 view

先輩の奥さんを調教したった@4P

同じ部署にいる4つ年上の先輩がいる。
名前は加藤とでもしておきます。
加藤は後輩には評判が悪く上司にはウケが良い、典型的な調子が良いヤツ。
昨年、可哀想だけど同期のマサノブが鬱になった。
加藤と常に仕事をしていて、毎日ストレスの捌け口のごとく扱われてた結果。
「あんまり気にすんなよ」「シカトしとけよ」と同期の俺達はよく元気付けていたが、盆休み明けから様子がおかしくなり鬱病と診断された。
最近は鬱病っていうか、新型鬱病っていうのが浸透してるみたいね。

話の分かる先輩に同期達が説明し、復帰した時違う先輩と組む様になった。
それと薬とかのお陰でマサノブはかなり回復していたが、時々加藤にグチグチ言われてる。
マサノブを励ます会と称して、月に最低1回は合コンをするようになっていった。
しばらくはストレスを発散させてあげなきゃなって、同期や後輩たちが集まって開催。
半年ぐらい前に後輩がやってくれた合コンで、思わぬ女と出会ってしまった。

少し遅れていった俺は、その女を一目見てすぐに気が付いた。
加藤の奥さんだ・・・って。
みんな知ってて飲んでるのかなと思いきや、俺以外誰も気が付いて無かった。
奥さんまでバレてないと思ってるような態度。
男全員が嘘の職種を教えてたみたい。
俺の勘違いかと不思議な気持ちで飲み始めたが、見れば見るほど奥さんとしか見えない。

何で加藤の奥さんを知ってたのかっていうと、2年前か3年前のバーベキューで会ってるから。
子供や奥さんがいる人は連れてきて下さいねっていう会社のバーベキュー。
俺ら若手は雑用が多く、子供にお菓子やジュースを持って行ったり、飲めない奥さんに他の飲み物を持って行ったりしてたんです。
加藤の奥さんは車だったので、終始ノンアルコールでした。
何度も手渡しに行ってたし、行けば一言二言喋った記憶がある。

簡単な奥さんのスペックを紹介しておきます。
年齢25歳、AV女優の成瀬心美に見た目が似ているから名前は心美ということで。
160cmぐらいで華奢な体型だが、Eカップだが若干残念な垂れ乳。
初対面は生意気そうで小悪魔系かと思いきや、甘えん坊のドMでした。

声も顔もどう見ても心美だよな~と腑に落ちないまま1時間ぐらい飲んでた。
俺は隣にいたアラサーに捕まってたし、マサノブが心美を気に入ってそうだったし。
実はマサノブは発病してから、ヤケに性欲が増してる節があった。
周りも譲ってあげているから余計動けていて、チャンスがあれば毎回のように持ち帰る。
相手が好みじゃなくても、例えば太っていてブサイクちゃんだったとしても。
要するにドスケベというか淫乱だったら持ち帰っちゃうわけです。
でも今回は見た目も好みらしく、口説こうとする気合がビシビシ伝わってきてた。
トイレで「あの子落としたいからお膳立てしてくれよ」って頼まれたぐらい。

仕方が無く俺は好みでも無いアラサー女子を使って、心美を落としやすくするよう動いた。
女2人を褒めちぎって媚を売るのは疲れたが、その甲斐はあったらしい。
2軒目に移動した頃には4人だけイイ感じになってた。
心美はマサノブにそこまで興味が無い感じがしたので、4人でメアドを交換する方向へ。
ちょっと渋った心美も、アラサーのお陰で交換に応じてくれた。
でも『彼氏がいるから・・』と最後にw
「だから平日の昼間だけ」という条件を言ってきて、マサノブはガッカリしてた。

「彼氏がいたって問題ねーじゃん」とマサノブを奮い立たせ、後日4人で飲みに行った。
ゴリ押しするマサノブを避け始めた心美はなぜか俺の隣へ。
その代わりアラサーとマサノブが妙に意気投合し出してた。
前回は隠していたが、このアラサー猛烈にエロエロらしいw
酒を飲むとムラムラが止まらなくなるし、バイブやディルドまで持っているという。
途中からマサノブはアラサーにどっぷりとなり、仕方が無く俺は心美と喋ってた。
この時やっとある事を思い出したんです。

バーベキューで出会った時、子供たちに腕にある2つのホクロを使って「ゾウさんだぞぉ~」って言ってた事を思い出したんです。
「心美ちゃん腕細過ぎじゃね?」
「俺の腕と比べてみ?細いよなぁ~」
左腕を捲り上げて俺の腕と並んで比べた時、あの時見たホクロがばっちり確認できた。
やっぱり加藤の奥さんじゃねーか!と心の中で叫びそうになった瞬間でしたw

そこからはもうどうやって白状させるか。
彼氏ってさぁ~と彼氏の話をちょいちょい切り出して、どうにか探ってみたが無理。
ただ彼氏が早漏で最近はマンネリ&レス気味だとは教えてくれた。
彼氏=加藤なので、もう笑いが止まらなかった。
だって加藤は大の風俗好きで、月に1~2回はお気に入りの子を指名してる。
しかも「セックスってのはよ~」と自慢気にテクニックを吹聴しまくってたから。
なのに実は早漏でテクニックのテの字すら無いなんて、笑いが止まらないわけです。

1

2 3 4

人妻体験談の最近記事

  1. 彼女→破局→人妻となって再会→セフレ@2P

  2. 不倫の証拠と引換えに人妻の身体を貪った@4P

  3. 酔った人妻と中出しセックス@2P

  4. セレブ熟女スポンサーになってもらう為に枕営業@2P

  5. 子供のために監督の性奴隷を選ぶ人妻たち@2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。