元ヤン人妻とボロアパートで@3P

でももっと凄かったのはそれ以降です。
下から突き上げるように腰を振ると、それだけでも痙攣するんです。
正常位で腰を振っていても、定期的にガクガクと痙攣する始末。
最後のラストスパートで激しく腰を振っている時は、ホラー映画に出てくる人みたいでした。
口を大きく開けてブサイクな顔になったまま、雄叫びをあげまくりで。
子供を産んでるのにシマリも良く、そのまま俺はゴムの中に果ててしまいました。
汗だくのまましばらく挿入した状態で過ごし、我に返ったように後処理をした。
元ヤン人妻は子供の様子が気になっていたみたいだけど、気だるそうにダラリと寝てた。
その光景がなんともエロく、安っぽいVシネマみたいだった。

すっきりしたら自分がヤバい事をしでかした気分になりました。
こんなところを旦那に見られたらと思うと、いてもたってもいられません。
おっぱい丸出しで横たわる人妻をよそに、ソソクサと服を着て退散しました。
それから1週間ぐらいバレるんじゃないかとビクビクして過ごしました。
やっとその心配から解放されかけてた1週間ちょいぐらいに、また俺指名で電話がきました。
前に直して頂いたPCなんですが・・・と。
もしかして旦那さんにバレたんじゃという不安が大きくなり、確かめたい気持ちになりました。
だからすぐに人妻のアパートへ向かったんです。

行ってみると前と同じようなキャミソール姿で、なぜかモジモジしている感じがした。
お茶を一口すすって早速尋ねてみました。今日呼び出された理由について。
「もしかして旦那さんにバレたんじゃ・・・」
「ううん、それは大丈夫だから」
「あ・・そうですか・・」

しばしの無言の後「じゃーなんで今日は・・」と尋ねました。
「まだ料金分・・・払って無いから・・・」
えぇーっ!ですよ、俺にとってはもうあれで終わったつもりだったのに。
元ヤン人妻はまだ体で支払うつもりだという。
不安の中で実は何度も思い出しては自分で抜いていた俺ですが、そうですか!とはいきません。
「でも・・」と俺が困っていると、ジリジリ擦り寄ってきて「お願いします」とまで言われた。
最後に「今日はウチの人絶対夜まで帰ってこないから」とまで。
「隣近所は大丈夫なんですか?」
「両隣りは学生だからこの時間いないのよ」
「でも赤ちゃんが」
「いつもの事だから大丈夫」

結局押し切られる様な形で、セクロスするハメになっていった。
その時も勝手にベルトに手をかけてきて、半勃起のチンコを即尺してきた。
前回とは違って少し心の余裕もあったから、元ヤンのフェラチオを味わえた。
思い出しては抜いていたから始まっちゃえば興奮し始め、すぐにフル勃起になっていった。
むしゃぶりつくというよりは味わうようなフェラチオ。
結局下半身を全て脱がされ、仰向けに寝かされてのフェラチオになっていった。

風俗以外でこんなに長くフェラチオされたのは初めてだった。
しかも「俺は何もしないでイイから」とか言われちゃったんです。
だから前戯もなくフェラの後はゴムを被せられ、そのまま騎乗位で挿入してきた。
上下に器用な動きでバウンドさせてきたり、前後左右にグラインドさせてきたり。
呻く様な喘ぎ声を堪えながらしてる姿に、また「どうにでもなれ!」という気分になりました。

起き上ってまたバックで突きまくると、前回同様雄叫びの様な喘ぎ声。
今回は余裕があったから、ケツをパンパン叩きながら楽しみました。
一度言ってみたかった言葉攻めにも、人妻は本気なのか素晴らしい返しをしてくれた。
「旦那が早いから」「もっと突いて下さい」「メス豚です」「奴隷にして下さい」
「いつでもチンポ入れて下さい」「何でもします」などなど。
ヒートアップしてきちゃって忘れてたが、人妻の喘ぎ声はハンパじゃないほど響きまくってた。
「またエッチして下さい」「セフレにして下さい」「ザーメン飲ませて下さい」
最後の方はもうこんな淫語を連呼してました。
お望み通り最後はゴムを外して口内射精をしました。
外す前から口を近づけてきて、外した瞬間しゃぶりついてきちゃって。
そのままドクドクと放出しましたが、全てをダイレクトに飲んでいたみたい。

出終わったチンコを愛おしそうに舐めてる姿を見て、本当にセフレにして良いのか迷いました。
結局その後夏の終わりに1回訪問して、夕方近くまでヤリまくりました。
でもこれが最後。
いつ旦那さんにバレるかヒヤヒヤして過ごすぐらいなら、縁を切った方がマシですから。
バイトも終わったし連絡をとる手段も無いし、元ヤン人妻も諦めてくれるでしょうしねw
それにしてもあんな化け物みたいな性欲の持ち主っているもんなんですね。
元カノや風俗嬢を基準に考えていましたから、軽くカルチャーショックです。
女は30歳からとはよく言いますが、案外本当にそうなんかもって思えました。

とりあえずこれにて終了します。
お付き合い有難う御座いました。

タイトルとURLをコピーしました