人妻Fカップの巨乳体験談⑦

「スゲぇ~音だねぇ。気持ちイイの?そんなに」

「あああん・・っ・気持ち・・いい。イイ~の・・・あっ」

「じゃこのままイってごらん?自分でクリトリス弄ってさ」

エミは言われたとおりに、自分でクリトリスを弄り出した。
激しく指を動かす。
同時に自らクリトリスを弄る。
目の前で人妻がオナニーしてるようなもんだ。興奮する。

「あっ…んっ…ダメ…キモチイイ…ソコ…イキソウ…」

「イってごらん?ほら・・・イク時はちゃんと言うんだよ?イイよ。」

あっあっあっ・・だめぇーっ!イクっイクッ・・イっちゃうぅ~」

足をガクガクさせて、エミは果てた。
指を抜くとそのままへたり込んでしまった。

指の動きに集中し過ぎたせいで、俺のチンコは萎えていた。
しばらくしてそれに気が付いたエミは、柔らかい状態のチンコを口に含んできた。
根元まで口に含み、口内で舌を動かしまくる。
すぐにギンギンになっていくチンコ。

「うれしぃ・・あぁ~かたぁ~い・・・あんっ」

我慢できなくなってきた俺は、フェラチオされながら乳首をいじった。
ダメだ。我慢できん!
風呂から出て体をさほど拭かないまま、俺はエミをベッドに押し倒した。
マンコを触ってみるとグチョグチョ。
俺はムシャブリついた。

「あんっあんっっんっ!あっ・・・ダメっ・・そんな・・・」

指を入れてみると、子宮が下がってきている。
感じてる証拠だ。

「もうダメ・・入れてっ・・・はやく・・ねぇ~入れてっ」

要望通り即入れてやった。
亀頭が全て入った瞬間、ニュルッと抜く。
しばらく亀頭だけで楽しんだ。
指を入れて分かっていたが、痛いぐらいの締め付けがある。

タイトルとURLをコピーしました