萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 人妻体験談
  2. 74 view

小泉今日子似のバツイチ②

浴衣の上からオッパイを揉み、口の周りがベチョベチョになるようなキスをしました。
思った以上に胸が大きくて、浴衣の上から持ち上げるように揉みまくりました。

「はぅ・・・ダメッ・・・」
「すごいよ・・・・・こんなに積極的だとは思わなかった・・・・・」
キスをしながらそんな会話をして、左手はケツを揉み、右手はオッパイを揉みまくりです。
「んやぁっ・・・・はぁ・・・・ぅんっ・・・・」

我慢できなくなり、左手を足の間に滑り込ませました。
「そこはだめよっ・・・・誰か来ちゃうから・・・・はぅんっ・・・・」
「凄いアツくなってる・・・・・・ほら・・凄いよ・・・・」

ダメとか言いつつ足は少し開き気味です。触って欲しいのが丸分かりでした。
だからそのままアソコを下着の上から指先でスゥーッとゆっくりさすってみました。

「はっ・・・んっ・・・・んぁはぁ・・・ダメ・・・・んっ・・・」

徐々に指先に力を入れてクリトリスを見つけて刺激しました。
もうこうなると僕の舌をフェラするみたいに舐めちゃってて。
キョンキョンみたいな可愛い顔してるくせに、このエロさはヤバいなって興奮しました。

下着の間から直接アソコを触ってみると、想像通りベッチャベチャです。
ニュルッと指がアソコに入ると、腰がビビビッと軽く痙攣しました。
僕の頭を両サイドからガッチリ持って、口にシャブリついてきていました。

「もぅダメッ・・・ダメッ・・・・・」
「何がもうダメなの?凄い濡れてるよ」
「イヤッ・・・ハァハァ・・・・ンッ・・・・・欲しくなっちゃう・・・」
「ダメだよ。ここでしてたら完全にバレちゃうよ」
「だって・・・・・・だって・・・・」
「今は指で我慢しなよ。ほら・・・・」

今度は指を2本入れて、本格的に中を刺激してあげました。
僕に抱き付いて倒れないようにしながら、見悶えている姿。まさに完璧です(笑)
指の動きをスピードアップさせていこうと思って動かし始めました。

「アッアッ!ダメッ!ダメッ!んはぁっ・・・ンクッ!!」

あれ?って感じでした。
まだ指の動きは本気じゃなかったんですが、体を震わせるようにしてイッちゃったんです。

「もう・・・だからダメッて言ったのに・・・・恥ずかしい・・・・」
「簡単にイッちゃうなんてホントにエロいね。入れてたらどうなってた事やら」
「はぅ・・・・・んっ・・・・・バカァ・・・・」

2人で何だから笑っちゃって、しばらく抱き合ったりしていました。
副支店長の事を思い出し急いで戻ってみると、やっぱり便器に頭を突っ込んで爆睡してました。
濡れたタオルで顔を拭いてあげて、二人で抱えて部屋に戻りました。
支店長は上半身裸になって寝てるし、副支店長はそんなんだし、どうしようか考えました。

「上司が2人ともダメみたいなので、今日はこの辺で戻らさせて頂きます」

地主老人に言うと、酔っ払って上機嫌なのか、「おぉ~おぉ~気を付けてな!」とアッサリ。
タクシーを呼んでもらって何とか2人を詰め込みました。
外で僕の名刺を彼女に渡しました。
どうせ1人暮らしだし、街に出てくる時は連絡してくれって。

その日の夜に彼女からメールが届きました。
その時初めて彼女の名前を知りました。ここではサユリという仮名で。
メールをしていて、彼女が離婚して戻ってきた事や、今度もまた祖父の勧めで結婚するであろう事を知りました。
離婚の原因は旦那のDVだったそうです。
もともとMな性質のサユリは、少しぐらいのDVだったら平気だったそうです。
でも次第にエスカレートしてきて、アザを祖父に見られた事がキッカケで離婚したとか。
旦那は僕も知っている都内に本社がある大手企業の重役の息子。
そのまま自分も重役になるであろう人物だったみたいです。
今は紹介した祖父もバツが悪いらしくて、戻ってきた孫の生活の面倒を見ているって言っていました。

地元には祖父の知り合いが大勢いるらしく、特急で30分下った街で会う約束をしました。
ネットで調べたらそこには隠れ家的な温泉があるという事で、ヤル事前提で向かいました。
一応料理がウマいって話なので、それを食べるという理由でしたけど。

僕は車で向かい、駅で彼女を拾って旅館へ向かいました。
その日はちゃんと化粧もしていて、マジでキョンキョンみたいですっごい可愛いんです。
タイトなシャツを着ているせいで、巨乳も強調されていました。

出向してからあまりお金も使う事が無かったので、大盤振る舞いで一人2万円のコース料理を注文しました。
彼女が泊まらなくても僕1人で泊まろうと思って、宿泊の手続きも済ませて。
内風呂がある静かな和室で、かなり雰囲気も最高です。
そこであれこれと会話しながら、料理を満喫しました。
僕はこんな可愛い女の人とデートした経験も無かったので、これだけでも十分幸せでした。

つづく

人妻体験談の最近記事

  1. 彼女→破局→人妻となって再会→セフレ@2P

  2. 不倫の証拠と引換えに人妻の身体を貪った@4P

  3. 酔った人妻と中出しセックス@2P

  4. セレブ熟女スポンサーになってもらう為に枕営業@2P

  5. 子供のために監督の性奴隷を選ぶ人妻たち@2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。