人妻Fカップの巨乳体験談③

そう言いながら、下っ腹から強引に手を突っ込み、直接オマンコを触った。
直接指がクリトリスに当たった瞬間、エミは軽くイってしまった。
中指でクリトリスをいじる。
コリコリになったクリトリスを十分堪能して、指を下にずらしていった。

オマンコがビショビショである。
尋常じゃないぐらい濡れていた。
尿道のあたりを優しく撫でまわし、ゆっくりと膣の入口へと下がっていく。
潮でもふいたのかと思うぐらいの濡れ方。

『中に入れて欲しいの?これを』

指で入口をツンツンさせながら聞いた。
喘ぎながらエミは懇願してきた。

『エミの濡れたオマンコに、早く指を入れて下さい』

今日が初対面の男に、こんな事を平気で言うなんて。
俺はゆっくり中指を入れた。
第二関節まで入れて、少し指を折り曲げる。
するとGスポットに指が当たるんだ。
少しだけ擦りつけてやった。
それだけなのに、エミはまたしてもイってしまった。

俺は指を抜いた。
見てみると、指はテカテカに濡れていた。
その指をエミの口元に持っていく。
するとエミはふんふん鼻を鳴らしながらしゃぶりついてきた。

俺は片方の手でベルトを外した。
ボタンとジッパーを下げると、エミはいきなりパンツの上から舐めはじめる。
エミは自らトランクスの前からチンコを出した。
ギンギンに硬くなったチンコを見て鼻を鳴らすエミ。

カリを舌先でチロチロ舐め、丁寧に裏筋を舐め上げる。
そしてカウパーを喜んでチュポチュポ吸う。

『あぁ~ん、美味しい。こんなに硬くて美味しいおちんちん久し振り』

つづく。

タイトルとURLをコピーしました