スマホ表示での検索⇒ツイートしました

痴女熟女に仕込まれた性癖

痴女熟女に仕込まれた性癖

僕が19才の頃東京に出て来てある工場でアルバイトをしていた時の事になります。
そこの工場は若い社員は20代後半の人が数人30代40代の男性社員約20人くらい、パートの女性30代40代50代と約15人くらいの規模の工場でした。
最初は40代のオバさんと仕事をしていた時です。

僕の腕にオバさんの腕をスリスリと着け気持ち良いでしょうと笑顔で言われました。
隣りの50代のオバさんは若い人は舐めてくれるからいいよね!
下ネタ好きなオバさんに囲まれて若い僕は真面目な振りをして流していました。

その中に41才バツ1女性がいて男性社員も認める下ネタ好きな女性が、僕を気にいっているオジサンたちからもやれるぞ誘ってやれと言われましたが、子持ちのオバさんなんで何もしないでいました。

バイトが終わり駅まで歩いていると後ろから話しかけられ41才のオバさんでした。
オバさん週1でスナックでバイトをしていると、一度遊びに来てと誘われていいよと答えスナックに行きました。
オバさんの話しを聞くと両親と住んで居る子供は2人だそうだ。
酒を飲んで誘われました。

見た目は41才の熟女ですが色白で肌が綺麗でおっぱいがデカ盛りの少し太めな体型にムラムラして我慢できなかった。
店が終わりラブホテルへと行きました。
濃厚なベロチューをしてシャワーを浴びました。
僕の体をいやらしく自分の体に石鹸の泡を付け体で洗ってくれ
アナルにも石鹸の泡でいやらしく執拗に触られオツパイで体を洗ってくれました。

見た目通りのオツパイはデカ盛りで
垂れ乳首もデカ盛り二段腹デカ尻の
熟女体型で色白で魅力的でした。

シャワーを浴びベッドに寝かされキスをしてきました。

まだ風俗体験の無い僕には刺激的でした。

僕の下半身を触り軽く優しく触れ指先の感触が気持ち良く僕の体を触り
乳首を舐め指先で優しく触れタマタマにも、優しく触れるか触れ無い感触が気持ち良く舌先が、勃起した僕の裏スジに優しく優しく触れ、すぐにいきそうになり止め体勢をかえました。

四つん這いにされ恥ずかしいけど気持ち良いです
僕の背中に舌が丸く丸く触れ吸ったり舐めたり手先がお尻に触れお尻も
手のヒラで優しく触れ吸ったり舐めたりされ、タマタマを舐めてアナルにも舌先が優しく優しく触れ、アナルにグリグリベロベロベロベロベロベロ気持ち良いです。
「あ〜んあんあんは〜ふあ気持ち良いですあ〜んあんあんあ〜あ〜んあ〜んあんあ〜んあんあん」女の子のような喘ぎ声を出す僕。

僕の弱点をずっと攻め気持ち良いです。
タマタマにも優しく触れ勃起した僕をシゴカレいってしまった。
少し休憩をして僕が彼女を攻めた。
ベロチューからオツパイに触れ顔を埋め熟女のオツパイは柔らかく、太めのデカ盛りな体が抱きごごちが良く、一度覚えるとたまらない熟女の柔肌。
乳首を舐めてオツパイを揉んで揉んで揉んで顔を埋め、熟女のデカ盛りオツパイを狂ったように舐めて揉んで熟女の体を味わった。

下半身は離婚して6年以上無い
本当にと思ったがずっと子供が寝た後で妄想オナニーをしていたそうだ。

下半身もエロくて黒グロしていた
二枚貝の割れ目を舐めて舐めて舐めてクリちゃんにも舌先でコロコロコロがし、ビチャビチャな二枚貝に指先を入れピストン運動をすると「あーあーあーんあんあんああんあーあーあーんあんあんああんあーあーんんん」ビチャビチャになった。

彼女にされたように四つん這いにしてアナルを広げ舐めてあげた。
セックスは正常位が良かった。
ベロチューしながら抱く太めの熟女の体は抱きごごちが良かった。
それから1年くらいやりまくった。
彼女はスナックで僕以外の2人のオジサンともセックスしていることがわかった。

なぜ分かったのか会社でポロっとオジサンたちに話したそうだ。
空手をやっている51才のオジサンで3回もやったと、下半身の強いオジサンもう一人は大学出のサラリーマン31才けっこう本気になっているみたいで、お母さんが子持ちだけは辞めなさいと言っている。

彼女に確認したらごめんなさい。
スナックで口説きに来られると断われない性格で、僕の事は遊びだったのかと気付いた。
年齢差では親子みたいで僕も遊んでいたけどアッケラカンとしていた。

バイトは辞め彼女とは別れた

でも僕には変な性癖が芽生えた
その後も太めの熟女に芽生えた

タイトルとURLをコピーしました