萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. セックス体験談
  2. 141 view

先輩の彼女だったとはね@2P

さっき彼女からいろいろ聞いて先週の事ながらに心臓がバクバクしてる。
実は先週の金曜に、先輩の部屋に泊まったんです。
頼まれ事があったからメシ食って飲んだ後、先輩がキャバクラに行きたがったから、それが嫌で宅飲みを希望したんです。
彼女がいるくせにキャバクラが大好きで、行けば延長延長と繰り返す。
数万がぶっ飛ぶので絶対に行きたくない。
前なんて「奢るからさぁ~」とか言ってたくせに、結局酔ってて自腹切らされたし。

そんなわけで宅飲みしてると、彼女から電話がきた。
先輩とは何度も飲んでる仲だから、じゃ~呼べば?みたいな流れに。
帰る口実ができるかもと思った俺は彼女を呼び出しました。
俺を連れて帰るつもりだったので、彼女は車で来てくれた。
でも部屋に入るなり先輩に勧められて、断り切れずに飲み始めた彼女。
こりゃ参ったなぁ~と思ってると、今度は先輩の彼女から電話がきた。

「呼んで良い?」と聞かれたので「勿論良いっすよ」と即答。
なんせ先輩の彼女は超が付くほどの美人。
スタイルも良さげで性格も明るくて、文句のつけようがないイイ女。
タクシーでやって来た先輩の彼女さんと、それから4人で宅飲みを開始した。

見れば見るほど美人だよなぁ~と思い、彼女との差を改めて実感してた。
2つ年上だけど妙に可愛い仕草もするし、でも大人の色気もムンムンと漂わせてる。
調子に乗り始めた俺は先輩とガンガン飲み始め、知らないうちに酔っ払い状態に。
俺よりも先輩の方が酷かったが、まぁ俺も似たようなもん。
彼女はそんなに酔っておらず、先輩の彼女は程々って感じだった気がする。

先輩の家に泊まる時は、俺はソファーをベッドにして寝てる。
先輩はロフトで寝るから、泊まるには居心地が良い。
だから気が付いた時は「あぁ~俺ソファーで寝てるなぁ~」って無意識に思ってた。

何時だったか全然分からない。
部屋は真っ暗で先輩の爆音イビキが上の方から聞こえてました。
ハッキリと記憶があるわけじゃないが、隣に彼女が寝てたのは覚えてる。
「ちょっとトイレ」
そう告げると彼女が「踏まないでよね」と言い返してきたから。
床には誰もいなかったから、先輩の彼女もロフトにいたんじゃないかな。
床で寝てたら俺踏んでたと思うから。

放尿した後にまた戻って爆睡。
どのくらい寝たのか分からないけど、まだ外は真っ暗だった。
寝返りをしようとすると隣の彼女が俺にしがみつくように寝てた。
「何だよ・・・」と思いつつも、シャンプーのイイ香りが鼻を刺激してきた。
ムクムクと股間が反応し始め、思わず後ろに手を回してケツを揉んでみた。
そしたら彼女が反対側に寝返りしたので、今度は俺が背後から密着した。

Tシャツみたいな服の上からオッパイを揉んだ。
やわらけぇ~なぁ~と思いながらムニムニと揉みまくった。
酔ってなかったら絶対にそれで気が付いたと思う。
だってあの感触は彼女のオッパイとは程遠い揉み応えのあるサイズだったから。
すぐにシャツの中に手を入れて、ブラの上から揉みまくった。
多分だけど、彼女も「んふぅん」みたいな吐息を漏らしてた気がする。
だから調子に乗ってブラをヅラし、乳首をクリクリコリコリ転がしてみた。
勃起したチンコをケツの割れ目に押し付けながら。

ケツがクネクネ動き出したから、興奮し始めたなと思ってた。
先輩のけたたましいイビキを聞きながら、この状況に彼女も興奮してると思ってた。
なので容赦なく今度は下半身へと手を滑らせていった。
スエットかジャージみたいなパンツだったから、お腹からスムーズに手が入った。
まぁ~ここで気が付かないんだから俺もかなり酔ってたんだと思われる。
だって彼女はジーパンで来てたから。

いきなりパンツの中に手を入れてみると、にゅるんというヌレヌレの感触。
いつも以上に濡らしてンナ・・・と思いながらクリトリスを擦ってみた。
口を手で押さえてるようで、呻くような苦しそうな小さい声が漏れてた。
指を滑り込ませた時には、勃起したチンコを押し付けてるケツがグゥゥ~ッと強めに押し付けてくるような動きをしてた。
で、態勢のせいで指は少しだけしか入れれなかったけど、すげぇ~良い反応だった。

「はっ、はっ、はっっ」と指の動きに合わせて声が漏れてる。
足を広げさせて強引に奥まで指を入れ、少し強めに指を動かしてみた。
「ひぃんっ、んんっ、んぁっ、はぁっ」と声が漏れまくってた。
彼女だったら絶対に有り得ないんだが、そんな指だけの愛撫でイッちゃったんです。
イク時は「うぅぅぅんんんんんっっっ」みたいな声を出し、チンコにケツを強めに押し付けてきてて、上り詰めた後は軽くビクビク痙攣。
「もう抜いて」と言わんばかりに腕を掴まれたので、そこで手マンは終了した。
記憶が曖昧だけど、5分ぐらいなもんだったと思う。

オッパイを揉みながら手を掴んでチンコを触らせた。
俺を焦らすつもりか!って思うぐらい、なぜか太もも付近ばかりを触ってた。
だから我慢できなくなってガシッと手を掴んで触らせた。
ハーフパンツだったのでケツ下まで脱ぎ、ダイレクトにチンコを握らせた。
握り返すような仕草をしてた後は、素直にシコシコと動かしてくれた。
でもこれじゃ~満足するわけがありません。

背を向けている彼女の肩を押して、フェラチオの催促をした。
なかなか潜りたがらなかったけど、諦めたのかゆっくりと下に移動してくれた。
お腹に何度も唇は当たるが、いっこうにフェラチオが始まらない。
そこで自らチンコを握り、頭を押しながら強引に咥えさせた。
初めこそ少し腰を動かしてたけど、途中からは極上の快楽に包み込まれてた。

1

2

セックス体験談の最近記事

  1. サンタコスした女子大生をお持ち帰り@3P

  2. スレンダー巨乳のロシア娘をお持ち帰り@2P

  3. 超可愛い子なのに友人がフッた理由が判明@3P

  4. 風俗に行く道中で・・・美人看護師をナンパ@2P

  5. 同窓会で泥酔した元カノと複数プレー@3P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。