萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 覗き体験談
  2. 85 view

露出狂の夫婦を覗く

俺の淡い高校時代の思い出話です。
運動部に入って無かった俺は、毎朝ジョギングしてました。
1時間ぐらい走ってましたが、高3の頃は5時に起きて走ってました。

走って30分ぐらいの河川敷へ行き、田んぼを迂回するコース。
ある日、早起きしちゃって4時半頃から走ってました。
だから田んぼを周っていたのは5時ぐらい。
農家が数軒ポツンポツンとある地域で、1つの家がまた大きいんです。
その中の1つの家の横を通りかかった時、「あはん」みたいな声が聞こえてきました。

こんな朝早く何だ?と思って家の方を見てみると、家に電気がついていました。
大小の木々が柵になっていて、その隙間から明かりが見えたんです。
ここかな?と思って木の隙間から見てみたら、もうビックリしました。
だって女の人が木に手を付いて、男が後ろからパンパンやってるんですもん。
立ちバックってヤツですよ、マジで。

女の人はほぼ全裸で、男は上半身だけ裸でした。
木に手を付いていたので、オッパイがブルンブルン揺れてます。
ちょっと下に垂れ下がっていたので、年齢は30代より上だと思いました。
女の人は口に手をあてて、声を我慢してるっぽかったです。

これはエロ本やエロビなんてもんより、よっぽどエロくて股間ははち切れんばかり。
でもこのままじゃ周りからは俺が目立って仕方がないんです。
まだ暗いしと油断してたら通報されちゃいますし。
周りはひと気も無く、俺はキョロキョロして安心して覗ける場所を探しました。

少し先に大きな木があり、その影なら大丈夫そうに見えました。
いざそこに行って少し中に入ってみると、立ちバックしてるとこまで3mぐらい。
これはバレちゃうだろ~と思いながらも、コッソリ陰に入りました。
外からは陰になっていても、エッチしてる人達からはいつバレてもおかしくない場所。
バレたら走って逃げればイイかと思い覗きました。

最高でした。
近くに行ったおかげか、堪えてる女の人の小さな喘ぎ声が聞こえてくるんです。
それがまた凄くて、「もっとっ・・もっとっ・・」とか「突いてっ・・」とか言ってるんです。
AAVぐらいでしか言わないんじゃないかと思う台詞を言いまくり。
男の人も「おらおらっ!」とか「どこが気持ちイイんだ?」とか言ってました。

女の人がグタッとへたり込むと、その頭を掴み、男は勃起したブツを咥えさせました。
初めて生で見る他人のフェラでした。
男に頭を持たれて無理やりやらされてるかと思ったら、途中から女の人は夢中でしゃぶりだしました。
このフェラが生々しくて、俺は思わず手を突っ込んで息子をシゴいていました。

やっぱりオッパイが少し垂れ気味で、懸命にしゃぶってるとオッパイがユサユサと揺れてます。
これもまたエロくて、俺の息子を刺激しまくりました。
さっきまで自分の中に入っていたブツを、今度は夢中でしゃぶる女。
ダメでした。
限界になり、俺は息子を外に引っ張り出して、そのまま小さい木々に射精しちゃいました。
俺が射精している最中も、女はジュルジュル舐めまくっていました。
自分が舐められてると感じるような、そんな悦に入ってしまいました。
我に戻った俺は音を出さないよう道路に出て、そのまま走って帰りました。

この日から俺は朝5時ではなく4時過ぎから走るようになりました。
週に1回か2回の頻度でこの夫婦を目撃し、いつも木々に射精して帰りました。
この夫婦はマジで変態らしく、庭だけでなく縁側でもエッチしてるんです。
ある時は縁側に男が横になっていて、女が四つん這いでフェラしていたり
数回しか目撃できなかった傑作は、俺の方を向いて女が上から腰を落としてる姿です。
男は縁側から外に足を出し、そのまま後ろに寝転がっていたみたいです。
女はM字開脚みたいな感じでブツを入れたまま、こっちを向いて上下に動いているんです。
5mぐらい距離がありましたが丸見えでした。

寒くなってからは外でやらなくなったみたで、突然ある日から見る事ができなくなりました。
カメラとか持ってればなぁ~って悔やみますね。
多分田舎なので、覗かれてるなんて思ってなかったと思いますし。
あれから数年後に、久し振りに朝覗きに行ったけど、家自体が無くなっててビックリ。
今でも時々思い出してはオカズにしてます。

覗き体験談の最近記事

  1. ホームレスが建てた小屋がヤリ部屋に@2P

  2. 近所のJKが漫喫でセックスしてるのを目撃

  3. 惚れてた子が目の前でリアルセックス@2P

  4. 酔った友人嫁の激しい腰振り騎乗位を目撃@2P

  5. 女友達が酔っ払ってオナニー始めやがった

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。