盗聴されてた部屋④

初めは気が付かずに掃除してたんだけど、インターフォンが鳴って気が付いた。

「あ~~どうも」と思わず苦笑い。
まさかお姉さんがやってくるとは思ってなかったし。

「いきなりゴメンなさいねぇ、掃除中?」

「そうなんすよ。普段しないから大掃除みたいな。うるさかったですか?」

「ううん。そうじゃなくて、ちょっと聞きたい事があったの」


「ん?何でしょ?」

「今大丈夫?」

「全然平気っすよ」

「パソコンに詳しいみたいだから聞きたいんだけど」

「あぁ・・イイっすよ」

「なんかね、一昨日から画面が固まっちゃって変になっちゃって」

「ノートっすか?」

「うん、ノートパソコン」

「じゃ、ちょっとしたら持って来て下さい。今これ片付けますんで」

それから大急ぎで部屋のゴミを捨てて、なんとか形だけは片付け終了。
そこにお姉さんと友達がノートPCを持ってやってきた。

「どうぞどうぞ。汚いっすけど」

汚いというか家具がそんなに無い部屋に、二人を通した。
とりあえず缶コーヒーを出して、お姉さんのPCの電源を入れてみた。

「これっていきなりなったんですか?」

「うん・・なんかメール見てたらいきなり」

「それってウィルスじゃ?」

「そうなの?でも画像とか添付されてなかったよ」

「あのぉ~HTML形式のメールだったとか?」

話を聞いてみると、やっぱりウィルスらしい。
電源入れてみても、ある程度の操作はできるがほとんど動かない。

「これやっぱりウィルスに感染してますよ」

「ど~しよう・・」

「なんか大事な画像とかデータとかありました?」

「写真は入ってたけど、それ以外は別に無いかも」

「画像がどこに保存されているか分からないんですけど、消えるかもしれないっすよ」

「そっかぁ~仕方ないもんね」

「消えてもイイんなら、ウィルス除去します?」

「できるの?」

「まぁ~やってみないと分からないですけど」

そこから4時間近く除去作業をしてました。
友達に電話してみると、除去できるプログラムをくれたんで、ほとんど無傷で終了。

「一応セキュリティーソフトの設定変えておきましょうか?」

「お願い、よく分からないからやってくれると助かる!」

「変なアダルトサイトとか見ないですよね?」

笑いながらそんな話をして、無事設定終了。

「ありがとぉー!ホント助かったぁ!ありがとぉー!」

大袈裟だろって思うぐらい喜んでました。
そしてお礼って意味で、その後夕食をゴチってもらいました。
この時初めて知ったのは、お姉さんが26歳だってこと。
もっと若いかと思ってた。
しかもお酒を飲むと、子猫みたいになる。
俺がSだからなのか分からないけど、どう見てもMっぽい感じになる。

この日以来ちょこちょこ会うと、世間話をしたりする仲になった。
しかもなぜかお姉さんのオナニー回数も飛躍的にアップw
凄い時は連日寝る前にオナるようになっていた。
まぁーその都度、俺もシゴいていたわけでw

それからしばらくした金曜の夜、TVを見ているとお姉さんが訪ねてきた。
仕事帰りらしく、タイトスカートのスーツ姿。
ちょうどピザの宅配に電話した直後w

「ちょっと聞きたい事があるんだけど、あとで教えてくれる?」

「イイっすよ。TV見てるんで」

それから30分ぐらいして、お姉さんはノートを持ってやってきた。
Tシャツにスエットっぽいパンツ姿で。

「ゴメンねぇ・・買い物したいんだけど、登録できなくて」

「イイ~っすよ。どうせヒマしてたんで。」

パスワードとか個人情報は見ないようにして、登録してあげた。
そして買い物するっていうページを探してたら、事件がおきたw
なんとお姉さんが物色してたリストが、クッキーで残ってたんです。
そこには大人のオモチャ系がズラリ。

「これぇ~~。ダメですよwこんなのばっかり見てちゃ」

「えっ?何??あっ・・・それ?あ・・えっと・・うん・・」

もうお姉さんはシドロモドロw
悪戯心が働いて、一番上に載ってるヤツをクリックしてみた。
そしたらなんと、クネっと曲がったバイブらしき画像がドーン!
もうお互いに爆笑です。
お姉さんも堪忍したのかゲラゲラ笑ってるし、俺も釣られて爆笑。

「こんなの買っちゃダメですよ。彼氏に買ってもらわないと」

「買うつもりはないんだけど、ちょっとね」

「まぁ~イイんですけどねw」

その時インターフォンが鳴り、ピザが到着した。

「ピザ頼んでたんで、一緒に食べます?」

「あっ!アタシが御馳走する!」

そういってお姉さんはピザの料金を払ってくれました。
そしてビールを出して、二人で食べる事に。

「ぶっちゃけあ~いうのってイイもんなんすかね?」

「えっ?アレ?ど~だろ・・人によるんじゃない?」

「へぇ~、じゃ気持ちイイと・・・」

「そんな事言ってないでしょ~!」

「はいはい、分かります分かりますw」

「なんなのぉ~!もう!見てただけなの!」

「まぁ~まぁ~興奮しないで呑んで下さい。サワーにします?」

つづく

タイトルとURLをコピーしました