萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 覗き体験談
  2. 154 view

盗聴されてた部屋①

これから紹介する体験談は、以前私が管理していた掲示板へ投稿された物です。
何回にも分けて投稿して頂いた為、私が抜粋して繋げました。
その為少し文章にブレがあるかと思います。
ご了承下さい。

もう10年近くなる前の話。
初めて都内で一人暮らしを始めたのが、当時住んでいた2階建てのアパートだった。
事前に不動産屋から聞いた話だと、俺以外は全部女の子が住んでいるとか。
なんせ裏路地の住宅街にあるアパートで、俺の部屋はモロに道路沿い。
窓を全開にしてたら、通行人に丸見えっていう部屋だったから。
防犯も兼ねて、そこには代々男が住んでいるって話。

住み初めてしばらくは、男の俺でも結構ヤバかった。
だって暑いから窓開けてると、歩いている人と目が合うんだし。
夜は完全に雨戸生活かよ!って萎えた。
慣れてきたらそこまで神経質にはならなかったけどね。

住み初めて3ヶ月ぐらいだったと思う。
大学の友達が、ある物を持って遊びに来たんだ。
俺にはよく分からないんだけど、アナログ電話とか盗聴電波を受信できる受信機。
学校でその凄さを聞いてたから、その日の夜を楽しみにしてたんだよね。
近所にテレフォンセックスしてるヤツいたらイイな~って。

当然だけどそんな面白いやつは近所にいなくてね。
仕方ないから飲みながら盗聴電波を探し始めたんだ。
何個もの受信電波エリアがあって、それをオートで探してる。

あるわけないよな~って話してた瞬間、凄いデカい音の雑音が入ってきたんだよね。
ギュイーーッ!って感じの。
もうビックリしちゃってさ。

「なんだよ!この音は。マジでウルセーよ!」

「いや~ビックリした、ビックリした」

そんな事を言いながら、なぜか友達がソワソワし出した。
そして立ち上がって、なぜか手で「キッチンの方に来い」ってジェスチャー。

「ん?なになに?」

って言ったら、口元に人差し指をあてて「シーっ!」ってやるわけ。
こいつ何なんだ?って思いながら、隣の部屋に移動。

そしたらいきなり俺の耳元に寄ってきて

「この部屋に盗聴器あるぞ?」

っていうからビックリ。
そこからお互い小声で。

「あの音が?」

「そう。あれって近くに盗聴器がある時に鳴るんだよ」

「マジかよ、ってどこにあるんだ?」

「分からないけど、この部屋に間違いないと思うよ」

「どうしようか・・」

「とりあえず外に行かね?」

友達の言う事を聞いて、とりあえず外に出た。
出たら友達はキョロキョロしてて、何かを探している感じ。

「どうした?」

「あぁ~車とかあるかなって思ってさ」

誰かが盗聴器を仕掛けて聞いてるかも?って思ったらしい。
でもアパート付近に車は無いし、大通に出ても路駐してる車もない。
コンビニに歩きながら話した結果、3パターンを友達が説明してきた。

・音声が入る度に録音しだす機械を近くに置いてある
・時々近くに車で来て楽しんでいる
・近所に住んでいる

「引っ越してきた時、コンセントとか何か初めからあった物ってある?」

「何もなかったよ。タコ足コンセントも無くて自分で買ったし」

「じゃ~もしかしたらコンセント入れるとこの中にあるのかも」

「どうやったら取れる?」

「外せば簡単に取れるよ」

「お前できるの?」

「多分見ればね、電源を考えるとそれが一番可能性があるんだよな」

「どうしようか?」

それからちょっとした作戦を練ってアパートに戻った。
静かに入っていって、まず目星を付けたコンセントの白いやつを外してみた。
さっき受信機を使っていた時に、スグ近くにあった所。
ゴソゴソと友達がいじっていると

「あったよ!これこれ!」

小声で興奮しながら言ってきた。
見てみると、なんか黒い棒状の物がぶら下がっていた。
友達はそれをなにやらいじって外していた。

「多分もう大丈夫だよ。さっきの受信機使ってみようか」

さっきと同じように電波を探してみると、あのデカい音は鳴らなかった。
でも一か所だけちょっと音が鳴る周波数があった。

「これってまだ残ってるんじゃない?」

「いや、違うと思う。もしかしたら隣とかにもあるのかも」

隣の人はまだ帰宅してなかったから、確かめる事もできないまま。
それでもウチに盗聴器がなくなっただけ、ちょっと安心した。

しばらく友達と盗聴器の話をしていると、隣の人が部屋に入る音がした。

「さっきの盗聴器、隣のか確認しようよ」

ちょっとプァーッという音が鳴っていたが、しばらく聞いていた。
するとテレビの音がいきなり聞こえてきた。
俺は壁に耳をつけて、隣の音を聞いた。
するとやっぱり同じ音が聞こえてくる。

「やっぱり隣だよ!音同じだし」

それからしばらくの間となりの音を聞いていたが、テレビの音しか聞こえない。

「もしかして上の階もあるんじゃない?」

「あるかもな。調べてみようか」

一か所は隣と分かったので、他の周波数も調べてみた。
そしたらやっぱり二か所反応があった。

「上も2つの部屋だし、それっぽくね?」

「だよな。多分上の2つだよ」

2つもテレビの音が聞こえていた。
3か所の音を交互に聞いたが、その日は何も楽しい音は聞けなかった。

つづく

覗き体験談の最近記事

  1. ホームレスが建てた小屋がヤリ部屋に@2P

  2. 近所のJKが漫喫でセックスしてるのを目撃

  3. 惚れてた子が目の前でリアルセックス@2P

  4. 酔った友人嫁の激しい腰振り騎乗位を目撃@2P

  5. 女友達が酔っ払ってオナニー始めやがった

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。