キャンプ場で覗き体験③

声を我慢するユリ、ピッチの上がる勇次。

『見てごらん、勇次が出すぞ』

そう言った瞬間、勇次はチンコを抜き、自分でしごきながら精子をケツにかけた。
俺は指を抜き、その指をユリに見せる。

『これどうしようか…』

『もう…』そう言いながら、ユリは自分の手で握った。

勇次たちが落ち着くのを見て、俺達は後ろから歩いて近づいた。
ビックリした二人。

覗かれていたなんて思いもしないだろう。
焦りながら冷静を装う二人。
見ていて俺達は笑ってしまった。

そして俺達4人は一緒にロッジへと向かった。
女の子をチラっと見てみる。
今まで目の前でセックスしていた女。
デカいオッパイを揺らしながら、外で立ちバックをしていた女。
そういえばこの女の子はフェラをしてない。
舐めてもらえば良かったのに…。
そう思いながら歩いた

終わり。

タイトルとURLをコピーしました