萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 寝取られ体験談
  2. 78 view

痴漢され続けた3ヶ月間④

次の日、僕はわざと違う場所に乗りました。
じゃないとまた精子をトランクス内にぶちまけそうだったから。
朝から想像しちゃって勃起しまくりだったし、電車でも勃起しまくりでした。
1日だけOLさんを避けましたが、やっぱり性欲には勝てません。
考えた末、コンドームを使う事にしました。
どうせ朝から勃起しまくりでしたから余裕です。

次の日は、朝コンドームをつけてボクサーパンツを穿いていきました。
チンコは想像だけで勃起していて、ヘソの方に反り返っています。
なんとか誤魔化して電車に乗り込み、OLさんを待ちました。
OLさんはやっぱり乗り込んできました。
僕も期待していたので、わざと真ん中にいてOLさんが来やすいように立っていました。

この日僕は初めてOLさんの顔を見ました。
むこうも僕をジッと見つめてました。
OLさんは痴女なんて想像できない静かそうなタイプです。
そこまで可愛いほどではありませんでしたが、僕には十分可愛いランクでした。
OLさんはそのまま僕の目の前にやってきました。
真正面は恥ずかしかったので、ちょっと体を反らしました。

もうスグです。
スグにOLさんはチンコに手を伸ばしてきました。
OLさんを見た時には完全に勃起していたので、触られた時はカチカチ上向きです。
制服の上から擦ってきて、亀頭をツメで軽く触ってきました。
僕の右腕にはOLさんのオッパイが押し付けられていて、手が動くたびにグイグイくるんです。
玉袋を握られたり裏筋を指で上下に擦られたりを繰り返してきました。
そしてギュッと握りしめて、上下に擦り上げ始めました。
今日はゴムをつけている安心感で、快楽をゆっくり堪能できました。
激しく上下に擦ったかと思うと、今度はゆっくりシゴいてきたりします。

こんな気持ちイイのは初めてでした。
前回は精子を出す事に警戒してて、ここまで楽しめませんでした。
超気持ち良くて、足がガクガクするぐらい。
OLさんは激しい&ゆっくりを繰り返して、まるで僕の反応を楽しんでいるようでした。
そしてもう少しで池袋にという頃、シゴく動きは激しくなっていきました。
しかも握っている力も強くなり、とうとうそのまま僕はイってしまいました。
今度はコンドームの中に、遠慮なくドクドクと。

思わずイってる最中に、僕はOLさんの手を握ってしまいました。
その手は柔らかくて、イってる最中もシゴき続けていました。
放出が治まった頃、OLさんは僕の手を握ってきました。
そして指を絡めてきたんです。
説明するのが難しいのですが、超幸せな感じになりました。

僕は毎日コンドームをつけて登校しました。
そしてOLさんにほぼ毎日会い、毎回シゴいてもらって精子を出していました。
最高のオナニーって思っていました。
何度もしてもらっていたので、OLさんが入ってくると僕にニッコリするようにもなっていました。
今思い出しても1番興奮するのは、OLさんの体を触らせてもらった事です。
僕が早くイってしまった時、OLさんは後ろを向いてお尻を押し付けてきたりするんです。
お尻の割れ目がイった後のチンコに挟まるような感じです。
握っていた手を持って、お尻などに導いてくれた事もありました。
最高だったのは、オッパイを揉ませてくれた事ですね。
ちょっと斜めに向き合っている事がほとんどだったので、見えないように揉ませてくれました。
バッグで隠したりしながらだったので、ちょっと怪しかったかもしれません。
ジャケットの中に手を入れて揉んでみると、ノーブラだった事もありました。
コチンコチンになった乳首がはっきり伝わってきましたから。

ただ残念な事に、高3になった春休み明けからそのOLさんには会えなくなりました。
正確には3月の終業式まで。
春休みはその電車に乗る事もありませんでしたから。
コンドームをして準備万端で乗ったのに、全く会う事もなくなりました。
結局それから卒業するまで期待したりしていましたが、一回も会えませんでした。
こうなるんだったら思い切って話掛ければ良かったなって思いました。
手コキじゃなくてセックスしたかったですから。
勿体ないですよね、マジで。

終わり

寝取られ体験談の最近記事

  1. 旦那の寝取られ願望に超協力的な奥さん@2P

  2. 嫁が働き出したら即浮気し始めてくれた@2P

  3. 人妻をセフレにしてたら旦那が訪ねてきた@2P

  4. 嫁と間男の正常位を真後ろから目撃@2P

  5. 旦那撮影の妊婦へ中出しイベントに参加@2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。