スノボーで別荘に泊まった話①

この前友人達と泊まりでスノボに行ってきました。
男3人と女2人だけど、カップルが1組。
だから俺と友人と女の子の3人で、一緒に滑ったりしてた。
友人は結構カッコイイから、俺はダメだな~って思ってた。
滑ってる時も休憩してる時も、二人で楽しくやってたし。

5人で1軒の別荘を借りて、そこで2泊する予定だった。
初日の滑り終わってからはみんなヘトヘト
夕飯は外食になって、酒やツマミを買って別荘に戻った。

いつ寝てもいいように、初めに風呂に入った。
お風呂から出て再認識したけど、女の子2人ともマジで可愛い。
2人とも24歳だけど、ノーメイクで十分イケてた。
2人共、某会社の受付やってるから、可愛いのは当然か。

俺は彼氏の方と付き合いが10年ぐらいだから、かなり仲が良い。
酔った勢いで喋ってたけど、彼女は酔うとかなりエロくなるらしい。
だから今回のスノボはちょっと期待してたりもした。
別に俺に何かあるわけじゃないって分かってたけど。

大まかな部屋の間取りはこんな感じ。

room01.jpg

これは1階で、2階に2部屋の寝室がある。
20時ぐらいから飲み出した。
疲れもあるから1時間もしないうちに、まず女の子1人が爆睡。
2階に連れて行って寝かせて、4人で呑みを再開。
これが座ってた配置。

room03.jpg

コタツだったから、横になったりして呑んでた。
彼氏はキッチンに頭を向けて横になってたから、俺は階段に向かって寝てた。
酒の弱い俺はその後スグに酔い始めて、そのまま夢の世界へ。
3人が喋ってる声が聞こえる中、ほろ酔いで寝てた。

どのくらい寝てたのか分からないけど、トイレに行きたくて目が覚めた。
ムクッと起き上ってみると、起きてたのは彼女と友人Aだけ。
彼氏はキッチンに頭を向けたまま爆睡。イビキをかきながら。
階段の下にトイレと風呂がある。
戻ってきてコタツに入ったら、やっぱりスグに寝ちゃったらしい。

次に目が覚めたのは、ヒソヒソ声で。
ん?と思って目は閉じたまま聞いていると

「ダメだってば」

「大丈夫だって」

「起きちゃうってば」

「イビキかいてっから大丈夫だって」

そんな押し問答が聞こえてきた。
声の主は彼女と友人A。
何してんだぁ~?と思って薄ら目を開けてみると、目の前には彼女のケツが。
薄いスエットパンツだから、パンツのラインがクッキリ。
目の前にケツじゃん!と思ってよく見てみると、何か様子が変だった。
彼女はAの方に顔を向けて寝ている。
その向こうにAの肩が見えて、彼女の方に向かって寝てるみたい。
そこで2人がヒソヒソ喋ってるようだった。

「起きたらヤバいってば・・ンクチュッ・・・・クチュッ・・」

何だよ!このクチュクチュ音は!
どう考えてもキスしてる音で、しかも舌を絡ませてる音じゃん!
何でAと彼女が?
少し頭がパニくったけど、とりあえず起きる事もできずそのまま待機。
舌を絡ませるクチュクチュ音と、ジュルジュルと唾液を吸う音が聞こえる。
彼女の頭もウネウネ動いてたし、その頭をAが触ってるのも見えた。

こりゃ~ヤバいぞと。
俺の横には彼氏が寝てるってのに、何やってんだと。
酔うとエロくなるとか言っても、いくらなんでもヤリすぎだろと。
小心者の俺の心臓はバクバクでした。

「もぅ・・・ダメッ」

「イイじゃん・・クチュックチュッ・・・・エロいキスだな・・・」

「もぅ・・・アッ・・・・・ダメッ・・触っちゃダメッってばっ・・・アッ・・」

ありえないだろ。
いくら何でも、小声でもやりすぎだろ~と。
体勢から想像すると、やっぱりオッパイを揉み始めたくさい。
目の前のケツがクネクネ動いてて、俺まで我慢できない感じ。

だって目の前のケツが、クネクネ動くんだよ。
しかも力が入ってるのか、喘ぐ声と連動して、ケツの割れ目も閉じたり開いたり。
突き出してきたりとか目の前で・・だから。
でも俺からしたら友達の彼女だし。
ど~しよ~ってマジで思ってた。

つづく

タイトルとURLをコピーしました