寝取られて興奮する旦那①

約2年間続いた体験談を告白します。
簡単にまとめると、妻を寝取られる事に興奮する旦那さんの頼みで、2年間以上奥さんとセックスしてきた体験談です。
なるべく詳細にとの事なので思い出しながら書きます。
下手な文章になるかと思いますが、お手柔らかにお願いします。

私がその夫婦に出会ったのは、いつも通っていたパチンコ屋でした。
当時付き合っていた彼女とも別れ、週末はいつもパチンコ屋通い。
毎週末行くと、やっぱりいつも会う常連さんができるんですね。
喋り込んだり遊んだりはしませんが、挨拶や情報交換などをする関係です。

そんな常連さんの中に、仲の良い夫婦がいました。
仮にですが、加藤さん夫婦とします。
その加藤さん夫婦は、どう見ても美男美女の夫婦です。
34歳の旦那さんは180センチぐらいで、竹野内豊に似ている感じ。
29歳の奥さんも170センチ近くあって、痩せているのに出てるとこは出ているスタイル。
芸能人で言うと、小雪みたいな感じです。

ある日、パチンコを打っていると、隣に旦那さんが座ってきました。
その日はなぜか二人とも良く出て、お互いに気分も良かったのか打ちながら初めて色々喋りました。
時々旦那さんのドル箱をもらいに奥さんがやってくるので、奥さんとも少し会話もしました。
この日をきっかけに、常連さんの中では1番よく話す関係になっていました。

後になって気が付いた事なのですが、多分ターゲットとして狙われていて、探りを入れられていたんだと思います。
徐々にパチンコ以外の私生活まで質問されていましたから。
彼女はいるのか?とかいつからいないのか?とか。

しばらくの間はパチンコ屋で雑談したりするだけでした。
ですが加藤夫妻が大勝した日に、呑みに誘われたんです。
その日は負けていたので、喜んで誘いに乗りました。
旦那さんの運転で加藤夫妻行きつけの居酒屋へ向かいました。

そこで食事をしながら、今思えば確実に飲まされたんだと思います。
帰る頃にはフラフラしていましたから。
酒が進むにつれ、徐々に下ネタの会話になりました。

「佐藤君(私)は彼女と別れたばかりなんだよ。だからミサが相手してやりなさい」

「何言ってんのぉ~!別れてどのくらい?」

「かれこれ3か月前ぐらいですかね」

「長かったの?」

「えぇ~っと~まぁ~2年ぐらいです」

「じゃ~寂しいねぇ~。でも寂しいからって風俗通いはダメよ?」

「行かないですよ。っていうかあんまり行った事ないですし」

「そうなの?佐藤君もしかして純情系?」

「まぁ~旦那さんとは違いますからね!」

「いやぁ~オレは真面目よ?ミサひと筋だし」

「こう見えてもウチの人ってMなんだよ!見えないでしょ~」

向かいに二人が座っていていました。
そんなバカ話をしながら、ついつい目が奥さんの胸元に行ってしまいます。
パチンコ屋では着ていた薄いカーディガンを脱ぐと、胸元がザックリ空いたTシャツだったので。
笑うたびに胸がプルンプルン揺れていますし、腕で寄せたりしていたので。

つづく。

タイトルとURLをコピーしました