寝取られた女と寝取った男⑫

「見ててあげるから俺の前でオナってごらん・・・」

ケツを撫でまわし、タイトスカートをずり上げた。
パンティーストッキングのTバック姿が露わになり、卑猥さが格段に上がる。

「なんでよ・・・いやん・・」

パチン!私はミカのケツを叩いた。

「あん!ダメよ・・・あっ!」

「ほら・・・ケツを引っ叩かれて興奮してるんでしょ?オナってごらん」

引っ叩かれるたびにケツをクネらせる。
そしてミカはオナニーを始めた。
私は四つん這いになったミカの真後ろに座り、ケツを突き出してオナる姿を見た。
猛烈に卑猥だった。
下着を通り越し、パンストにまでシミができている。
淫乱で変態な人妻。

クネらせるケツにキスをした。
そして柔らかいケツを揉んだ。

「もうダメよ・・・ねぇ~欲しいの・・・稔のオチンチン欲しいの・・・」

四つん這いになったミカの前に座り、顔をそっと持ち上げてキスをした。
そのままミカは私を押し倒し、狂ったように激しいキスをしてきた。
チノパンの上からでも分かるほど、いきり立ったジュニア。
ソコにミカは自らアソコを押し当ててきた。
そしてズリズリと擦りつける。

「んっ・・あっ・・・あっ・・・」

「何勝手に擦りつけてんだよ。こうされたいんだろ?」

私はケツを掴み、ミカのアソコに力強くジュニアを押し当てた。
そして強引にズリズリと擦りつけた。

「あっヤダ・・・あんっやっ・・んっ・・イイっ」

私の耳を舐めまわしながら、次第に声を荒げていく。

「もう・・・すごい・・はぁはぁ・・・すごいの・・・」

「何が凄いの?これ?この動きが?」

強引に腰を揺らせる。

「そう!硬い稔のオチンチンが・・・当たるの・・・当たってるの・・・」

「どこに当たってる?ミカのどこに当たってる?」

「あぁ~おマンコに・・・ミカのやらしい・・・おマンコに当たってるのぉ!」

私はミカを押し倒し、パンストと下着を一気にズリ下げた。
下半身だけお互いに裸になり、おもむろにジュニアをあてがった。
やらしく光るミカのアソコ。
その汁を亀頭ですくい、アソコ全体に塗りたぐる。
そして一気に押し込んだ。

「あっあっあっ!あんっ!あんんっ!すごいっ・・・かたいぃ・・・」

激しく突いた。
膝が擦れて痛いので、座布団を膝の下に敷いた。
ミカの腰にも座布団を敷き、遠慮なくガンガン突きまくった。

「あっあっ・・・あぁっ・・・みのる・・・イクっ・・・イっちゃう・・・ねぇ・・・」

「イってごらん、洋服着たままでやらしくイってごらん」

「いやぁ~!イクっイックっ・・・・イっちゃう・・・っ!」

つづく

タイトルとURLをコピーしました