萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 中出し体験談
  2. 32 view

教習所で知り合った中出し人妻⑥

俺は何も出来ず、ただ抱き締めるだけ。

「イクッ」と言って、さっきより強い力で抱き付いてきた。

イった瞬間、アソコの中がギューッと締め付けてきたのが分かった。

「ひとりでイッちゃったの?」

「だってぇ~・・・凄いんだもん・・・」

ハァハァと息を切らしながら、ミーちゃんは満足そうに抱き付いてた。

そのあとは正常位で入れて、俺は2度目の限界を迎えた。

下から腰をクネクネと動かすもんだから、エロくてたまらない。

しかも子宮の入り口なのか、コリコリした突起物が亀頭を刺激しまくるし。

1回イったくせに、結局30分ももたなかった。

イク寸前に抜いてお腹に精子をぶちまけた。

手でシコシコやってたんだけど、途中からミーちゃんがやってくれた。

終わった後、しばらく腕枕をして休憩。

「想像以上に速くて下手でゴメンね」

「何言ってんのぉ~?気持ち良かったよぉ。すごい硬いし」

「話した通りマジで経験値が少なくてさ・・・」

「にゃはは、じゃ~アタシが教えてあげる」

「それってエロいねぇ~。AVの女教師みたいじゃん」

「あはは、じゃ今日からアタシが先生ね!」

バカみたいな会話をしてたけど、俺はかなり有頂天だった。

人妻だったけど、こんな可愛い子としたことなかったし。

「ゴムつければもう少し長くできるんだけど」

「でもゴムって違和感あるでしょ~」

「う~ん・・・旦那さんともいつもナマなの?」

「そうだよぉ~。だってピルも飲んでるし」

「えっ?じゃ~いつも中出し?」

「そうだよぉ~。まだ子供欲しくないからって言われてるから」

「マジかぁ~俺って中出しなんてした事ないよ」

「じゃ~してみる?初めての」

「いいの?」

「うん。いいよ。その代りたくさんキスしてくれる?」

ミーちゃんはキス魔らしく、キスだけでも相当濡れるらしい。

後で知った事なんだけど、キスしながらオナニーするのも大好きだとか。

それを知ってからは、毎回キスをしながらオナニーしてたし。

このまま泊まっていくって事になったから、ベッドでイチャイチャして過ごした。

すぐにでも中出ししたかったけど、さすがに酒も入ってるし3回はできなかった。

シャワーを浴びてベッドでイチャつき、気が付いたら2人とも爆睡してた。

10時ぐらいまで寝て、近所のパン屋に朝食を2人で買いに行った。

昼までまったりと過ごして、エッチ開始。

部屋に戻るとミーちゃんはノーブラで俺のTシャツを着てるもんだから

薄らと乳首は透けてるしそれだけで興奮しまくりだった。

希望通り長いキスをすると、それだけメチャメチャ濡れてた。

やっぱり俺のテクニック不足なのか、前戯ではイかせる事ができない。

だからなのか騎乗位でミーちゃんはイった。

実はバックも好きというから、バックも楽しめた。

ケツをクイッと突き出す姿勢で、正常位よりも激しく喘いでた。

そんで念願の中出し。

正常位で「イキそう・・・出してもいい?」って聞くと

「いいよ・・・キスしながらイッて・・・キスしながら出して・・・」と言われた。

俺はそのまま激しく舌を絡ませながら、思いっ切り中出しをした。

中出しは想像以上に気持ち良くて、思わず声が出るほどだった。

「小さくなるまでこのままでいて・・・」

だから入れたまま何度もキスをしたり抱き合ったりしてた。

しばらくしてチンコが小さくなってきたから、ゆっくりと抜いた。

すぐにティッシュで押さえないと出てくるって言うから、速攻で押さえた。

AVで良く見る光景で、アソコから白く濁った液体が流れ出ててた。

昨日2回も出したくせに、大量に出たらしい。

拭き終わってもまだ中に溜まっているらしく、

そのままティッシュをあてがっておいた。

突拍子もなく「あっ!また出てきた!」とか言うから

中出しって後始末が大変なんだな~って初めて知った。

でもその後ちょっと休憩してからまた中出しして、その日は3回も中出しした。

結局その日もミーちゃんは泊まっていったから。

俺には夢のような日だった。

つづく

中出し体験談の最近記事

  1. 変態調教された人妻に初対面で中出し@2P

  2. 元カノに無断で中出し種付け完了@4P

  3. 性病を疑われたけど結果セフレGET@2P

  4. 浮気三昧ヤリマンの元カノが上司の婚約者だった@4P

  5. 酔って本能剥き出し淫乱ドMキャバ嬢と公園で青姦@3P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。