教習所で知り合った中出し人妻⑤

ミーちゃんの口の中にドクドクと精子を出しちゃった。

「んんっ」と言いながらも、ミーちゃんはそのままフェラしてくれた。

完全に精子がで終わって、俺は放心状態。

口に精子を溜めた状態で「んんん・・・」と俺に近寄って来た。

俺はティッシュを取って渡した。

「ゴメン・・・もう限界ギリギリだったから・・・」

死ぬほど恥ずかしかった。

「焦らされて興奮しちゃった?」

「マジでヤバかったし。手でイキそうになってたんだよ」

ちょっとの間ソファーで寄り添うようにしながら、飲みかけのお酒を飲んだ。

「ねぇ・・シャワー借りてもいい?」

「うんいいよ。じゃ俺もあとで入っていくね」

「だめぇ~」

笑顔でミーちゃんが風呂場へ入っていった。

うちは風呂トイレ別だから、風呂場は案外広い。

だから5分ちょっとしてから全裸になってホントに入っていった。

ちょうど体が泡まみれになったミーちゃんは

「ちょっとぉ~~ホントに入ってこないでよぉ~」と言ってたが

別に嫌がるわけでもなく、そのままシャワーを浴びた。

もう俺のチンコは元気を取り戻してて、洗ってもらっている時もビンビン。

「さすがに若いねぇ~。うちの人だと考えられない」って言ってた。

シャワーを浴びている時も、ミーちゃん主導だった。

ベッドに移動した時も、覆いかぶさるようにまたキスをしてきて。

キスはそのまま下に下がって行って、風俗以外で初めて乳首舐めもされた。

太ももとか下っ腹も舐めてくれて、また焦らしが焦らしが始まった。

「さっきのお返し~!声堪えるの大変だったんだからねっ!」

玉袋とか根元あたりまでは舐めてくれるけど、肝心のサオや亀頭には触れてくれない。

亀頭の先からは我慢汁が溢れてた。

全裸になったミーちゃんのスタイルはヤバかった。

背が小さいけど、巨乳だしクビレも凄いし、ケツの形がまた最高だった。

俺はいつまでも舐めてくれないミーちゃんを押し倒して、体に貪り付いた。

アソコは洗ったはずなのにベチョベチョに濡れてた。

「何もしてないのにこんな濡れてんじゃん。エロいなぁ~」

もう構う事無くアソコを舐め回すと、ミーちゃんも遠慮なく喘ぎだした。

指を入れてかき回していると、潮でもふいてるのかってぐらいの濡れ具合。

さすがに愛撫でイカせる技もないから、ただひたすら舐めまくった。

「今度はアタシが舐めてあげる」

起き上がったミーちゃんに押し倒され、今度は本当にフェラしてくれた。

さっきイった時にも感じたけど、舌使いが猛烈にエロい。

今になって思うけど、ホント元カノがヘタ過ぎたんだと思う。

ヘタというかマグロというか。

ミーちゃんのフェラにはマジで感動した。

一回イってて良かったって本気で思ったぐらい。

しかもフェラしながら、俺にヒザにアソコを擦ったりしてた。

グイグイ押し付けてはこなかったけど、偶然当たった感じで何度も擦ってた。

「もうダメだよ、入れたいよ」完全にM男状態の俺。

「じゃ~入れてあげる」

正常位で入れると思って起き上がろうとすると、そのまま跨ってきた。

「このまま入れるの?」

「だめ?」

「ううん、嬉しいよ」

ミーちゃんはそのまま腰を落としてきた。

ふと思ったのは、ゴムしてないじゃん!って事。

人妻だし病気は大丈夫か・・・って思ったけど、それでもちょっとビックリだった。

騎乗位で入れてからのミーちゃんは凄かった。

腰をグイングインとグラインドさせて、マジでAV女優みたいな腰つきだった。

下からおっぱいを揉んでやると、もっと激しく腰を動かす超淫乱。

痛いぐらいに勃起してたから、ミーちゃんの奥にグリグリ当たってるのが分かった。

これが気持ち良いらしく、どんどん激しさを増していった。

「すごっいっ・・・ダメかもっ・・・・・」

いきなり前に倒れてきて、俺に抱き付いてきた。

そんで凄い力でしがみついてきて、耳元で「イッちゃうよ・・イッちゃう」

と言いながら腰をガンガン動かしてた。

つづく

タイトルとURLをコピーしました