満喫にいた泥酔女パート7

腰が円を描く様に動いている。
完全にメス化してやがる。
リラックスしてきた俺は、女の耳元で言った。

『可愛い顔して淫乱だなぁ~自分で腰ふってるのか?ここが気持ちイイのか?』

『そう!イイ~のっ!そこが…あっ…』

無我夢中でクリトリスを擦り、ガンガン突きまくる。
スグに女はオーガズムをむかえた。

俺はチンコを入れたまま、背中に舌を這わせる。

『今度は上になって腰を振ってごらん』

そう言って女を上に乗せた。
女はチンコを握り、自分であてがって入れた。
そしてジョリジョリと前後に動き、クリトリスを擦る。
酔っ払って力が入らないのか、俺に抱き付きながら腰を振る。
右手でケツを叩いた。

『あん!』

ん?こいつはマゾか?
もう一度叩く。

『ダメ~ン…』

完全にマゾだ。
俺はケツを引っぱたいたり、強引に腰を掴んで動かしたりした。
ドンドン締め付けてくる。
そしてまた勝手にイってしまった。
しかも俺の舌を吸いながら。

こんな可愛い子とのセックス。
もういつできるか分からない。
久し振りのセックスで正直バテていたが、俺はまた正常位入れた。

何度もイってるくせに、入れるとまた喘ぐ女。
オッパイを鷲掴みにして、ガンガン出し入れをした。

『どこに出して欲しい?』

『胸に…あっ…胸に…』

可愛い。
この時点で80%以上惚れちゃってました。
要望通り、俺は胸に大放出。
すげぇ~出た。

そして一度やってみたかった行為。

お掃除フェラ。

すぐさま俺はチンコを女の顔に持っていき

『キレイに舐めて…』

すると女はおもむろに亀頭をパクリ。
口の中で舌で転がしながら、ギュっギュっと吸いつく。

続く

出会い系で出会った女の子の画像見たくないですか?
短大生や人妻のちょっと過激な画像があります。
出会い系サイトで知り合った女性との体験談をどうぞ。
無料出会い系サイトを使った俺の体験談

タイトルとURLをコピーしました