従妹との絶対言えない秘密③

「なに勝手に触ってんだよぉーー!!」
一瞬の間をおいてまた激しく手コキし始める友里恵。
でも俺にはさっきの巨乳を揉んだ感触と、女としてのやらしい友里恵が脳裏に焼き付いてしまった。
もう無理だ・・ふざけたって事でいっちゃえ!と、俺はまた巨乳を掴んだ。
今度は遠慮する事無く両手で両方の巨乳をそれぞれ鷲掴みにしてやった。

さっきとは違っていたのは、明らかに手の平に硬くコリコリになった乳首の感触があった事。
「このぉぉー!!」と俺を見上げて激しく手コキする友里恵の顔が、どう見ても女の艶っぽい顔になってた。
こうなったらどっちが先に諦めるかだと思い、好き勝手に巨乳を揉みまくった。
それでもヤメ無いので、今度は両方の乳首を摘まんでコリコリしてやった。

クリクリクリッとした時、やっと手コキのスピードが落ちた。
明らかに感じ始めてる友里恵を見て俺も興奮してしまった。
下を向いたまま「んっ・・んっ・・・」と声を必死に我慢してたっぽい。
だたの男になった俺は、執拗に乳首を刺激し始めた。
友里恵の体が時々くねったりビクッと動いたりする様を見て、完全に俺は我を忘れてた。
「んあぁっ」と溜息交じりの喘ぎ声を友里恵が発し、俺の方を妖艶な目で見上げてきた。
この瞬間何かが頭の中で弾けたように思う。

思わず友里恵を抱き寄せ、そのままキスをしてしまった。
「うっっ!」と焦ったのか拒否ったのか分からんような声を出してたけど、自主的に口が開いて舌が絡んできた。
そのまま体勢を入れ替えてソファーに座らせて、激しく舌を絡めあうキスをしてしまった。
友里恵の手が今度は優しく愚息を触り始めたから、お返しにと俺は乳首をクリクリ触りまくり。
後に分かったんだけど、友里恵は実はかなりの敏感体質。
乳首を摘ままれただけでも「あひっ」と声が出るほどの敏感な女です。
だからその時俺に乳首攻められて、必死に声を堪えながら舌を絡めてたんだと思う。

10分以上キスしてた。
どちらからともなく唇を離すと、至近距離で見る友里恵が普通のエロい女にしか見えなかった。
「あぁぁ~~もうヤバいよぉ~もぅ・・」
「ヤバいついでに乳首舐めとくか」
ギャグのつもりで俺は乳首に吸い付いたが、敏感な友里恵にはギャグでは終わらなかった。
「はぁんっっ」と完全に喘ぎ声を出しちゃって、しかも俺の頭をしっかり抱きしめてる。
調子に乗った俺は問答無用の乳首舐めに徹した。
下から持ち上げる様に乳房を揉み、乳首を舌先で転がしたりチュパチュパ吸ったり。
完全に喘ぎ始めた友里恵に我慢の限界になってきた俺は、とうとう禁断の下半身に手を伸ばしてしまった。

ヒザ丈よりちょい短いフレアーな結婚式用の服を着ていたので、簡単に太ももを触る事が出来た。
触った瞬間また「ふぁぁっんっ」と喘ぐ。
網タイ履いてたんだけど、アソコに手が到達した時、ベッチョベチョに濡れまくってるのが分かった。
漏らしてるんじゃないかって思うほど濡れてて、興奮してた俺は従妹なのを忘れて手マン開始。
友里恵は俺に胸を押し付けて抱き付く様にしながら、必死に喘ぎ声を我慢してる。
我慢しながらも漏れる喘ぎ声が妙にエロかった。

クリを指先で押し潰しながら、小刻みに震わせてみた。
そしたらマジで?って思うぐらいの早漏を見た。
「・・・っっだめっっ・・んくっっ・・」
体が一回硬直したかと思ったら即脱力。そして軽くビクビクッビクビクっと痙攣。
えぇぇぇ・・昇天??と思いながら優しくアソコを撫で回し続けた。
「ちょっと待って・・だめっっ・・まって・・たんま・・」
「お前イクの早くね?もしかして連続でイク?」
「るさいっ!ちょっとマジで待ってっ」
「いや、待たんね、待ってやらねー」

つづく

タイトルとURLをコピーしました