満喫にいた泥酔女パート5

一度お風呂を出たのだが、よくよく考えると危ない。
溺死した日にゃ~取り返しがつかない!
俺も入ってやるか。

ドキドキしながらトランクスを脱いで、いざお風呂へ!
入ってみると、案の定寝てやがる。
湯船に入った。
目の前には綺麗な巨乳が見えている。
思わず乳首を触ってみる。

反応なし。

俺のチンコは爆裂するぐらい勃起中。
しばらく目で楽しんで、俺は後ろに回る事にした。
このほうが触りやすいしね。

後ろにまわった俺は、腰にチンコを押しつける。

反応なし。

恐る恐るオッパイを揉んでみる。

『いやぁ~ん。。もう…』

反応あり!

調子にのって揉みまくる。
乳首もクリクリ。乳首硬くなってるし。
5年間触ってなかった女体、オッパイ、飽きるまで揉み倒す。

熱い…
気が付くと彼女も真っ赤。
俺はチンコをお湯の中で洗って、女のアソコも洗ってみた。
ニュルっという感触。

濡れてるじゃん!

遠慮なくいじってみると、普通に喘ぎだす女。
指で洗ってやって抱きかかえる。
ちょっとしか体を拭けなかったけど、ベッドに寝かせた。
もう俺は遠慮しなかった。

オッパイにむしゃぶりつき、乳首を舐めまわした。

『んっ…あっ…ダメ…うっん…』

アソコを触ってみると大洪水。
クリトリスをクリクリやってやると、どんどん喘ぎだす。

『はぁ~はぁ~イイ…ソコッ…イイの…』

俺は指を入れた。
中指でGスポットを撫でまわす。

『あぁ~っ!気持ち…イイっ…あっ…んはっ…』

人差し指も入れて、2本の指でかき回す。

『ダメっ…イっちゃう…あっ…イクっ…!』

酔っ払ってたくせに。
って思った瞬間、女の目がカっと開いた。
俺の顔をキョトンと見る女。

続く

タイトルとURLをコピーしました