満喫にいた泥酔女パート4

彼女の名前…加藤ゆかり

会計を済ませて、俺は彼女を抱きかかえる。
エレベーターに乗って考えた。
近くのホテルってどこだろ。
なんせここ5年以上彼女無し。
新宿のホテルなんて5年間近寄ってない。

なんとか考えながら、夜の新宿を徘徊する。女を抱えて。
千鳥足だが、彼女も歩いてくれている。
あった!あそこだ!行った事のあるホテルだ!

ホテルに無事ついて、女を寝かせる。
心を落ち着かせる為に、とりあえず冷蔵庫からコーヒーを出す。
タバコに火をつけて、寝ている女を観察してみる。
やっぱりイイ体してやがるぜ。

お風呂にお湯を入れて(入りたいって言ってたから)戻る。
コーヒーを飲みつつ、お湯が溜まるのをしばし待機。

お湯が溜まったから、覚悟を決めて女に言ってみる。

『お風呂入れるよ』

『う~ん、分かったぁ~…』

そう言うと、この女!自らジーパンを脱ぎだしやがった。
白いパンティー。レースが可愛いじゃねーか。
グシャグシャになったジーパンを受け取り、なぜか畳む俺。
う~んとうなりがら、待ちに待ったオッパイのご開帳!

Tシャツを脱ぐと、思った通りのデカいオッパイ登場。
ブラがあっていないのか、乳輪がちょっとはみ出てる。
もう俺のチンコはギンギン。
ていうか、俺はこの時はすでにトランクス一枚。
モゾモゾ動きながらブラを取る女。

出たー!真白なおわん形の巨乳ちゃん。

パンツも脱いだのだが、動きが止まる。

『お風呂イイ~よ~』

そう促すと、また動き出した。
俺はドキドキしながら肩を貸して、女をお風呂に連れて行く。
そして湯船に座らせた。

続く

タイトルとURLをコピーしました