過去の男達に肉便器オナホにされていたであろう極上の美バディ女

とうとう・・・・夢の地に辿り着いてしまいましたwこのコロナ禍で仕事だけを懸命にこなしてきた俺に、女神が降臨したんじゃないかと思ってる。マジでそれぐらい最高の女を手に入れたのです。

先月、車で片道3時間ほどの地域へ日帰り出張しました。面倒だったけど仕方がなく、コロナが怖いので同伴者は無し。てかね、去年めちゃめちゃコロナが爆発的に感染した時、同じ車に乗ってて濃厚接触者&感染した同僚達が驚くほどいたんです。同じ轍は踏まないぞというわけ。

朝7時に家を出て、到着したのは10時過ぎ。すぐに挨拶回りをして某所に顔を出し、様々な展示を見て回った。今日中に帰りたいから必死です。すると俺と同じような行動をしている人がいたんです。

しかも女性。俺と同じように各ブースを回ってメモったりパンフを貰ったり写真撮ってたり。同業者かな・・・珍しいな・・・・と思いつつ俺も仕事に専念してました。

13時過ぎだったか、疲れたので昼休憩へ。外にあったキッチンカーでランチを買い、テーブルで黙々と食べていたんです。するとあの女性が話し掛けてきました。「もしかして同業ですかね?」と。

正直、顔は全然好みじゃなかった。ていうかね、どっちかって言うとブサちゃんです。まぁ俺が言うのもなんだけどねwお世辞にも可愛いとか美人だとか言えない。

ホント失礼なのは百も承知だけどさ、そういう子の方が遠慮なく喋れるんだよねw美人さんとかだと気を使っちゃうじゃん。どうせ俺になんて興味ないと思うけど、やっぱり嫌われたくないってさ。

彼女もランチだった事もあり、一緒のテーブルで食べる事に。で、話を聞いてみると、微妙に違う業種で笑えた。詳細は書けないけど、俺達のやってる仕事のさらに前段階の業種。

というわけで情報交換。すると互いに補えるからテンションもアゲアゲです、2人して。しかも彼女も今日中に都内へと戻りたいらしい。じゃ~協力し合いましょうかとなった次第です。

とはいえ丸投げはできないので、2人で回りながら写真やメモを共有した。それだけでもめっちゃ早く回れるから。おかげで夕方には終わり、情報の整理をブースの裏でやってました。

「そういえば車?」
「新幹線ですよw」
「マジかwイイね~大手は」
「車ですか?」
「えぇw3時間運転ですwww」
「逆に楽しいじゃないですか!途中のサービスエリアとかにも寄れて」
「1人で寄ってもね・・・・」
「あ・・・じゃ~アタシも・・」
「乗っていきます?w」
「イイですか?本気でw」

ナンパとかそういう類じゃなく、マジで下心もなくお誘いしてました。なんせ暑いのにちゃんと紺色のパンツスーツ姿だしさ。The デキる女って感じがするけど、顔がね・・・・w

顔はね、まぁ~アレですが、性格はホントに最高。聞き上手だし話も上手いし、男を立てるっていうか気遣いも絶妙なんです。喋っててめっちゃ楽しくなる。ちなみに俺は36才の独身で彼女は29才のバツイチだったので、なぜ離婚したのか話が1番面白かった。

結婚生活は2年半。でも2年付き合ってたから合計で4年半。最後は会話も無くなり、旦那が帰ってこない日もかなりあったらしい。ではなぜ離婚しなかったのか?それは旦那の実家が厳しい家系だったから。

離婚なんて恥ずかしい事は許しません!

そう言われてたらしい。でも最後は了解を得ずに離婚届を提出しちゃったんだってさ。その時のバトルとかめっちゃ楽しかった。その合間にサービスエリアに寄ったりもしてデートみたいでした。

俺は彼女もいない淋しい独り暮らし。すると彼女は「えぇーだったらまたご飯でも行きましょうよぉ!」と誘ってくれた。でもすぐに「あっ、コロナだからダメかw」と呟いたので「大丈夫だよ!例えば外とか、何だったらウチで自炊でも良いし!」これでもマジで下心無かったからねw

善は急げじゃないが、その日帰り出張の3日後には都内某所で飲んでました。店の外に設置されたテーブルで立ち飲みスタイル。この時初めて下心が沸き起こりました。

だってさ、色気のないお堅いパンツスーツだった彼女が、お尻はパツパツのちょいタイト系ヒザ丈スカートにノースリーブ姿だったんです。しかも前回気が付かなかった超絶エロいスタイルだったのです。

ノースリーブのシャツは見るからに盛り上がっていて、笑うたびに胸が小刻みに揺れる。無い胸を寄せて上げてる偽巨乳とは明らかに違うわけです。そしてヒザ下から覗く脚もめっちゃ細くてさ。

品のある上質な女って香りがプンプンする。そんな子と立ち飲みって・・・と動揺したが、彼女は「立ち飲みの方がイイ!」と言ってくれてさ。ホント性格がイイんですわ。

「マジでこの前気が付かなかったけど・・・・めっちゃスタイル良くね?w」
「ありがとぉ~wでも結婚前の方がもっと頑張ってたw」

こういう会話の切り返しで嫌みな人とかいるけど、本当に印象がイイ態度で喋ってて楽しい。最近じゃ~スタイルがイイねって言ったらセクハラですよ!とか注意されちゃう事もあるしね。

そんな立ち飲みを3回ほど2週間以内にwマジで健全でした。仕事終わりの19時頃に待ち合わせして、23時前にはお開きにしていたので。「じゃっ!また明日も仕事頑張りましょ」的なお別れ。

でも回を重ねるごとの変化もありました。初対面の時に車で3時間過ごしたのが良かった。立ち飲み1回目で少々の壁、2回目は軽く触れるほどのスキンシップ、3回目は顔を寄せるほどの親密さ。

なんせ店へと歩いてる途中、まだ酒も入ってない状態で、腕と腕が当たるほど密着してたし。信号待ちしてる時なんてオッパイ当たらない?ぐらいの距離に立ってたりも。

「まだ彼氏はいらないなぁ~結婚はもっといらないw」

そう宣言されてるから誘うのもね。だから正直に言ったんです。「こんな魅力的だと誘わないわけにはいかない、でもダメだと言われてるので我慢してる」とね。もちろん笑いながら。

「だから我慢できなくなってきたら誘ってねw」
「えぇ~~アタシが誘うんですかぁ?w」
「だって彼氏も旦那もいならいって宣言されてるから」
「宣言しましたけどぉ~・・・」
「大丈夫、大丈夫、勇気出して!w」
「アタシが?www」

その日は金曜の夜だったのでちょっと混んでいた。近くのテーブルでは30~40代の集団が大騒ぎ。さすがに嫌だったんで「店代える?」って。まだ20時半頃。さてどこ行こうか。スマホで近所の店を検索していると、彼女もスマホを覗き込んできました。もう完全にオッパイが腕に当たってます。

「これは・・・・勇気を出してる系ですかね?w」と俺。
「はいw」照れ笑う彼女。

「じゃ~俺も勇気出しますよ?」
「出して下さいw」
「ウチ行きます?それとも大人のホテルに行きます?」
「あははw家がイイかもですねw」
「綺麗じゃないですよ?」
「その方がリアルでイイと思います」

変な会話だったが互いにニヤニヤしっぱなし。なんだろう、顔は全く好みじゃないんですよ。なのに楽しいわけ。カラダが目的とかって感覚もなく、ただ普通に楽しい。

タクるのもどうかと思い普通に電車に乗った。そして近所のスーパーで買い物をして帰宅。

「へぇ~広いな~」
「36歳のオジサンなんでねw」
「彼女と同棲してたとか?」
「しそうだったけどフラれたw」

手際よく3品ほどツマミを作ってくれたのには驚いた。しかもめっちゃ良かったんです、後ろ姿が。お尻がプリッとしててね、イイ女丸出しなんですわ。しかも作ってる最中に「味見して?」と菜箸で食べさせてくれるんです。「あ~ん」みたいなノリ。もう完全に彼氏彼女ですわ。

タイトルとURLをコピーしました