満喫にいた泥酔女パート2

しばらくたって戻ってみると、マジで心臓が止まるほどビックリ!
だってその女の子が、俺のスペースにいるんだもん。
しかもイスに座って寝てやがる!

小心者の俺は焦って逃げ出した。
ウロウロしながら、どうしたもんかと考え中。
多分20分近くウロウロしてたと思う。
戻ってみるとやっぱり寝てる。

俺は勇気を出して言った。

『ちょっと…ここ…俺のとこなんだけど…』

肩を揺すったが起きる気配なし。

『ちょっと…!』

今度は強く揺らしてみる。
揺らしてて気が付いたんだが、白いTシャツの前がモッコリ盛り上がってる。
巨乳ジャン!おれの大好物な巨乳ジャン!

『んあ…イイの。イイの』

意味の分からん言葉を発して、起きる気配のない子。
俺は思った。
この状況なら、おっぱい揉んでもイイんじゃね?
Tシャツめくって、乳首舐めてもイイんじゃね?
良く見ると、結構遊んでそうな感じだし。
俺のスペースに勝手に入ってきたんだし。

でも俺は小心者。

とりあえずまた外に出てウロウロ。
10分ぐらいかな。
戻ってみる。
やっぱり寝てるよ。

女の匂いをかいでみる。
イイ匂いじゃ~ん。
首元の匂いを嗅いだ時、マジで焦った!
この女、『あふぅ~ん…』とか言い出しやがった!
深夜の満喫で、その声のトーンは犯罪です。
完全にエロい事をしてる声だってバレバレじゃん。

やっぱり勇気を出して起こしてみる。

『ねぇ~ねぇ~起きてよ。ちょっと…』

『大丈夫だってば…もう帰るから。う~ん…はい』

意味が分からん。
俺は考えた。
これは強引に抱き起こして、隣に寝かせるべきなんじゃないか?
それとも荷物を移動させて、俺は隣に行って寝るか?

続く

タイトルとURLをコピーしました