保健の先生①

今でも誰一人信じられんという体験談でも良いですか?
俺が小学校4年の時、朝礼で貧血になって保健室に行ったんです。
多分前の日の日曜日に昼寝しちゃって、睡眠不足だったんだと思います。
1時間目の前に運ばれて、そのまま爆睡してたんです。

途中担任が様子見に来たらしいですが、寝てて知りませんでした。
良く寝ていたらしく、気が付いた時は2時間目も始まってました。
保健の先生に、教室に戻ると言ったけど、まだ寝てなさいって言われて横になってました。

卒業アルバム見ても保健の先生は写ってないので、ほぼ記憶にありません。
印象は、先生より若く優しい人って感じでしょうか。
スタイルとか顔とかは全然記憶にありません。

この保健の先生はとにかく優しくて、行くと良くジュースを内緒で飲ませてくれました。
のちに分かった事ですが、ジュース飲んでたのは俺だけだったらしいです。
「誰にも言っちゃダメだよ」と言われてたから、ずっと内緒にしてたんです。

話を戻します。
一回目が覚めた後、俺はウツラウツラしてました。
そこに保健の先生がカーテンを開けて話し掛けてきました。
でもこの時、実は朝勃ちしてたんです。

子供だったので意味も分からず、ただ恥ずかしい事なんだって思ってました。
だから横向きに寝てて、勃起した事を先生に知られないようにしてました。

「大丈夫?まだ気持ち悪い?」

先生がそんな感じの事を聞いてきたので、平気だと答えました。

「ちょっと熱計ろうか」

先生に渡された体温計を脇に挟み、横になってました。
汗をかいていたのを先生が見つけ、タオルで顔を拭いてくれました。
ヤバいヤバいと思っていると、先生は俺の体も拭こうとしたんです。
どうにか誤魔化そうとしましたが、大丈夫よって言われ体を動かされてしまったんです。

まだちっちゃかったと思いますが、完全にそこで勃起してるのを見られました。
見られたというか布団の膨らみでバレたっていうか。
俺が焦っていると、先生は言いました。

「男の子は目が覚めるとそうなるから」

「そうなの?病気じゃないの?」

「病気じゃないのよ、だんだん体が大人に成長してるって事よ」

そんな風な事を言われ、俺は安心しました。
先生は下半身は拭きませんでしたが、上半身を拭いてくれました。
サッパリした状態になり、また俺はそのまま寝てしまいました。
そして次に目が覚めた時、驚いて飛び起きたんです。

上半身の布団が捲られ、先生にチンチンを拭かれていたんです。
子供ながらに気持ち良くてモヤモヤした感覚で目が覚めました。
でも先生は

「大丈夫よ、汗を拭いてるんだから」

と言いながら、タオルで拭いていました。
でもドンドン気持ち良くなっていくんです。
今にして思えば、先生はシコシコとシゴいてたんだと思います。

もう数十秒だったと思います。
オシッコが漏れそうな感覚になり、先生に告げました。
気持ち良いやら漏れそうやらとういう、今までに味わった事のない感覚です。

「オシッコじゃないから我慢しないで良いのよ」

先生にそんな感じの事を言われ、よく分からないまま射精しました。
これが人生で初めての射精です。
オナニーもした経験無いし、ましてやシゴかれた経験すらなかった時代です。
ドバドバと出てしまって、それを先生はタオルで覆ってくれていました。

精子を出したら勃起が治まったので、先生は治してくれたんだと勘違いしてました。
別に先生は何も言いませんでしたから。
その日はその後しばらくして教室に戻りました。
戻る前に先生から「誰にも言っちゃダメよ」と言われ、勃起が恥ずかしいと思い込んでいた俺はちゃんと誰にも言わずに生活していました。

つづく

タイトルとURLをコピーしました