出会い系で友達の彼女と③

もう入れたい・・・

チンコから口を離してユウちゃんは言いました。

もう?まだオマンコ触って無いけど?

イイの、入れたいの・・・・ね?入れて下さい・・・

じゃ~自分で勝手に入れれば?

えっ?・・・・はい・・・・

やはり命令されたり冷たい言葉を言われると興奮するようです。
拒絶もせずみずから俺の上に跨ってきました。
ゴムは?と言おうかと思った時には、もう亀頭が入っていました。

俺はしばらく頭の後ろで手を組みながら見ていました。
ユウちゃんはチンコを根元まで入れてから感触を楽しんで、それから腰を動かし始めました。
形の綺麗な真っ白巨乳を揺らしながら、俺の胸に手を付いて腰を動かしています。
時々俺を見つめ、恥ずかしそうにまた視線を下に落として必死に腰を振っています。

腰を掴んで下からパシンッ!と突き上げると、あうんっ!!と心地良く反応。
それを機に、下からガツガツと突き上げてやりました。
堪らなくなったのか俺に倒れ込んできて、必死に口の中に舌を突っ込んできては舐めまくりです。

ただそうして突き上げてただけです。
なのに突然凄い力で抱き付いてきたかと思うと、イクッと小声で言って勝手にイッてしまいました。
イッた瞬間から軽い痙攣を起こしているみたいでしたが、構い無く俺は腰を振りました。

バックでもケツを引っ叩いて突きまくりました。
ケツを左右に開くと、アナルをヒクヒクさせているのが分かりました。
俺のチンコにはユウちゃんの汁がベットリと付着していて、無毛なアソコ周辺もベチョベチョです。
亀頭まで抜いて一気に奥まで突き刺すと、イイ声で鳴きます。
突き刺す瞬間にケツを引っ叩くともっとヨガリ鳴くんです。

クリトリスを触らせながらバックで突きまくりました。
イク瞬間、奥に突っ込んだ状態で亀頭を子宮にグリグリと擦りつけてやりました。
これが効いたらしく、今度のイキ方は強烈でした。

イヤァーッ!イクッ!イクッ!!ああぁぁ~っ!!イクッッ!!!

頭を振り乱しながら枕に顔を埋めて叫んでました。
膣がキューーッと収縮してきて、それがなんとも気持ちがイイ。
イッてグッタリしているユウさんを転がし、正常位でいれてやりました。

もう許して・・・もうだめ・・・・もぅ・・・んあぁぁっ・・・・

こんなにエロい女は久し振りだったので、俺のチンコもカチカチでした。
思いっ切り出し入れをして、そろそろ限界が近づいてきました。

そろそろ俺もイクぞ・・・どこに出して欲しい?

あぁんっ!!はぁ・・・お口に・・・・んっあ・・・ちょうだいっ・・・!くださいっ!!

言い終わる前に限界だったで、ラストスパートの後、口に持って行きました。
ユウちゃんは信じられないほどチンコにむしゃぶりついてきました。
その頭を掴んで激しく動かしながら、俺は口の中に精子を放出しました。
放出している間も終わった後も激しく頭を掴んで揺すりました。

一通り射精が終わって、俺はぐったり横になりました。
満足に浸っているとユウちゃんがモソモソと動きだし、俺に抱き付きながらお掃除フェラを始めてきました。
これにはちょっとビックリしましたが、この上ないほどの満足感に浸っていました。
ユウちゃんは口に出された精子を全て呑み、その後お掃除フェラをしていたようです。
その後はしばらく抱き合いながら寝ていました。

結局その後シャワーを浴びて、帰ろうかと思ったけど綺麗な巨乳を見てまたセックスしてしまいました。
2回戦なんて久し振りだというユウちゃんは、また1回目と同じようにヨガリまくってました。
ユウちゃんの家を出たのは6時過ぎ。
家に帰って着替えて仕事に行きました。

朝の電車の中でユウちゃんからのメールを見ました。
冷静になった彼女は、これ以上俺との関係を続けて良いのか悩んでいると。
朝からディープなメールだなと思いながら、すぐに結論は出さないでもイイんじゃない?と返しておきました。
実は帰りの時も考えていたんですが、あの体とエロさを手放したくないという思いが出てきちゃったんです。
でも友達の彼女ですからどうしたもんかと。
友達といっても仲の良い友達ではなく、知り合いに近い感じの友達ですが。
会うのはいつも合コンぐらいですし、まぁ~合コン仲間って感じの友達ですし。

こうしてユウちゃんとの体験談を書いている今日も、未だにメールは続いています。
お互いにまだ躊躇する気持ちがあるので、次の約束はしていません。
でもまたしたくなってきたっぽいニュアンスのメールはもらっているので、近々会ってエッチしてしまいそうな予感です。

終わり。

タイトルとURLをコピーしました