萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 萌えた体験談
  2. 457 view

結婚式直前に一夜限りの浮気2P

去年の11月、初めて相席居酒屋に行った。
女がタダ酒を飲めるシステムだから、行きたいなんて絶対思わない。
だけど先輩が常連で、1回イイ思いしちゃったもんだから始末に負えない。
同僚の誰か一人が毎週餌食になってた。
逃げ回ってたけど結局捕まり、付き合わされるハメに。
キャバクラに連れて行かれたと思って諦めた。
でもここで初めて先輩の本性を見た気がする。

どう考えても美人とか可愛い子とか来るわけがないんですよね。
そんな時に先輩は問答無用で容赦なくチェンジを申し出る。
システムとかあるから少しは仕方なく飲むけど、無駄な時間は極力使わない。
仕事中とは違って本当に頼り甲斐のある男になっていたw
まぁそんな先輩のお陰か、ちょっと興味深い女の子と出会った。
見た目はお世辞にも可愛いとは言えない。
いわゆるブスカワ系だと思う。
メガネ外すとこれまた地味でブサちゃんな子。

名前は結衣。
年齢は27歳だが見た目は20代前半にしか見えない。
見るからに巨乳だけど、服装が地味でユニクロとかそういう系。
スタイルが良いから後ろ姿は超そそる。
実家ぐらしで一般事務のOLさん。

ブサカワの結衣に先輩は目もくれず、結衣の友達にロックオン。
27歳だけど鼻にかかる甘えた口調をしてくる女。
いわゆるぶりっ子系だけど、先輩はそういうのが大好物らしい。
結局店を出て違う店で飲み直した。
ここで結衣とLINEの交換をした。

結衣とは頻繁にLINEをする仲になった。
親しくなってきて罪悪感が出たらしい。
「実は彼氏がいて来年結婚するの」と言ってきた。
彼氏とは2~3ヶ月に1回ペースでしかセックスしてないという。
正直に言えば欲求不満だけど、浮気とかできる性格じゃない。
だからこっそりネットで購入した大人のオモチャで解消してるという女。
心を許し始めた結衣は、見た目からは想像できない変態話を聞かせてくれた。
オナニーは小2の頃からしてるとか、中学の時なんて誰もいない放課後の教室で、好きな男の机に擦り付けて角オナしてたとかw
「誰かに見られそうでハラハラするのが興奮する」らしい。

でも悲しいかな、結衣は今まで心の底からセックスに没頭した経験がないという。
男と目が合うと、不細工な顔してそうって気になるらしい。
自分でもブサイクだと自覚してるから、出来る限り可愛く見せたいのだとか。
セックスする=好きな人、だから余計そうなるわな。
我を忘れた顔なんて怖くて見せれない、そう言ってた。
だから俺は言ってやったんです。
「そんな素がイイと思うけど」って。
我を忘れるほど感じて、快楽を貪ってる姿なんて最高じゃん!って。

俺ならもしかしたら・・・そう思い始めたのかもね。
それが12月の下旬辺り。
俺と卑猥なLINEするから、毎晩のようにオナニーする結衣。
お願いしたら、恥ずかしいと言いながらも使用後のバイブを見せてくれた。
べっとりエロ汁が付着した、本気オナニー後のオモチャ。
俺に見せたらまた興奮しちゃってまたオナる絶倫女。
だからもう日々グレードアップしていく。
「お年玉」として強請ったら、バイブが入ってる画像をくれた。
だからお礼に勃起してパンパンになった亀頭の画像をあげたw
これにまた喜ぶ結衣はまたオナニー。

そんなこんなで先週です。
3月に結婚式を挙げるので、その準備で有給を取ったという。
夕方までには終わるから、良かったら飲みに行かないかと誘われた。
後になって知ったけど、この日以外はもうチャンスが無かったらしい。
その日は彼氏が出張だったみたいで。
他の日は彼氏も一緒にとか、仕事終わりで合流とかになるらしい。
そんなチャンスを結衣は無駄にしたくなかったぐらい欲求不満だったようでw

仕事を早々に切り上げて、18時半に待ち合わせ。
相変わらずのブスカワだったが、コートを脱ぐと膨らんだニットがエロい。
「エロいねぇ~w」って言ったら照れた顔して悦んでた。
その顔を見て今日はイケるなと確信。
「思いっ切り声を出したい」と言っていた。
だから店を出て向かった先はラブホテル。
「どこにしようかな」と言ったら焦ってるわけw
「あぁ~そこにしようか」そう言って腕を掴み、そのまま連れ込んだ。
嫌がる事もなく慌てた感じで着いてきた結衣。

部屋のドアを閉めた直後、壁に押し付けてキス。
さすがに焦ってたけど、舌をねじ込むと瞬時にエロモード突入w
「んはぅん、んはぁぅん」言いながら俺の舌むしゃぶりついてた。
だからずっと揉みたかった巨乳を強めに揉みあげると、俺の腕にしがみつきながら既に喘ぎ声を出し始めてた。
俺の舌を必死にしゃぶるんだけど、巨乳揉まれるだけで立ってられない。
だからお股に太ももを差し込んで、さらに股間を刺激しまくった。
そしたら驚いた事に、自ら俺の太ももにオマンコを擦り付けてきやがった。
最後には思いっ切り跨って、太ももでオナニーしてる状態。

「何勝手に腰振ってんの?」
「いやっ、ごめんなさい、だって、ごめんなさい」
「そんなに気持良いの?」
「はい、気持ち良くて、ごめんなさい」

会話がもうドM丸出しでヤバい。
だから俺も成りきってみた。

「まずはこれ、しゃぶってよ」
そう言って結衣の手を勃起したチンコに持っていった。
「あぁぁ・・・凄い・・・硬い・・・はぁぁ・・・」
結衣は当然のようにチンコを弄りまくり、俺の目の前にしゃがみ込んだ。
そこにチンコを差し出すと、俺を見上げながら亀頭を舐め回す。
どう?と言わんばかりに亀頭をベロベロ舐め回す。
思わず「超イイ・・」と呟いた俺に結衣は大喜びだったらしい。
そこからはもう今まで経験した事のないフェラチオを体験した。

結衣は男に奉仕するのが大好き。
奉仕してる自分にも興奮する性質。
さらにフェラチオがまた大好き。
気持ち良さそうな顔をされると最高に嬉しくなる。
そしてチンコを咥えてる自分にもまた興奮する。
要するにチンコが大好きな女って話。

1

2

萌えた体験談の最近記事

  1. 尽きる事の無い性欲モンスターな体育大学女子@2P

  2. 変態相互オナニー鑑賞 一線は超えてません@3P

  3. 入社1年目で社内に肉便器セフレが3人いた@3P

  4. 女子水泳部の先輩とプールでおしっこの見せ合い@2P

  5. 結婚式直前に一夜限りの浮気2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。