萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 萌えた体験談
  2. 123 view

ちょいブサ専門学生とのエッチ@2P

ちょっと前の話。
俺は関西の大学生で、モテたりはしなかったけど、そこそこ上手く立ちまわって、彼女をつくったり、遊んだりをしてた。
その時の体験談を一つ。

当時、飲み会があれば出来るだけ出席して、自分は酒をセーブしながらとにかく女の子を持ち帰ることを考えてた。
ノリをよくして、テンポよく上手く話していくのがポイントだった。

あと、コツは誰もが狙う「可愛い子」は最初から狙わないということ。
むしろ、ちょっとブサイクな感じの子と上手くマンツーマンで話せるように持っていくとかなりの確率で持ち帰れる。

飲み会が終わりそうなときに、「ちょっと話したりないね。よかったらこの後もすこし話さない?」なんてこっそりと話しかけて、OKしてくれたらこっちのもの。

適当な喫茶店にいって終電をわざと逃して、ホテルに連れ込む。
あるいは、「静かに飲める場所ないかな?」とかなんとかいって、コンビニで酒をかってそのままホテルにいくこともあった。

そういや、一回、朝まで営業してるカラオケボックスにいって、そこでエッチしたこともあった。

その日も、そんな飲み会で、可愛くはないけど話は面白く、ノリのいい専門学校の子に狙いを定めて、上手くホテルに誘った。
しかも、うまいことにその子は、彼氏と別れたばかり。期待感が高まった。

ホテルの部屋で、最初はゆっくりと話のつづきをしながら、お酒を飲んだりしていたが、彼女が「つかれた~」とかいいながら、ベッドに移動したのがきっかけで、俺もベッドに移動。

もう、そっからは必至に、トークをしながら少しづつスキンシップを増やしていく。
スキンシップっていっても、最初から胸とか触ったらだめで、手とかをまず軽いタッチで触ってみる。

それで嫌がられなければ、手を触れたままにしておく。
さらに、少しづつなでるように触っていく。
そうやってなでている間も、トークは続けてるんだけど、少しテンションを控えめにして、ゆったりとした雰囲気にしていくのがベスト。

そうしてると、なんか突然妙にエロい雰囲気が漂う瞬間ってのがあって、その時にゆっくりと頬っぺたに手を当ててなでてみたりする。
その時も、この手順通りで、頬っぺたをなでてみた。ここでも抵抗がなかったので、一気にキス。

「んっ……! んん……」

なんて、ちょっと抵抗しながらうめくけど、唇を舌でなぞるようにしてなめたり、唇で唇をつまむようにして、ゆっくりとキスをしていくと、もう全然抵抗しない。

ここまできて、やっとディープキス。
相手の舌を自分の舌でこすりあげる。少し酒くさいけど、そこは我慢。きっと俺だって同じだろうから。

向こうも少しづつ舌を伸ばしてきて、こっちの舌に絡みつけてくる。
俺が緩急をつけるため、一気に、相手の舌を吸い上げると、

「むぐっ……」

なんて間抜けな声を出しながら、次第に「うぅうぅぅ……」なんて喘ぎはじめた。
まだ、相手はちゃんと服を着てたから、胸を服の上から持ち上げるようにして、ゆっくりと触っていく。手を胸に当てたときはピクッと反応してたけど、もう抵抗はしない。

ゆっくりゆっくり小ぶりの胸をなでるようにもんで、その感触を楽しむ。
ブラのざらっとした感触と、そのなかに詰まってるおっぱいの感触の違いがたまらなかった。

その間、相手は、もうずっと

「うぅぅっ……はぁはぁっ……!」

なんて喘ぎまくり。
俺も、もう勃起がとまらず、チンポ汁が出てて下着が冷たかった。
「やれる!」って思ったから、彼女をうつぶせにして、まずタイツ越しの尻をなでまわした。

胸は小ぶりだったけど、尻はなかなかむっちりしてて、スカートをまくり上げてみると、うっすらと下着がすけて見えていて、すごいエロかった。

部屋中、もうエロい匂い、エロい雰囲気で充満してたから、我慢できずに、俺も尻をなでながら上着を脱いで、ズボンもおろした。
そして、最後の確認ということで、彼女の耳元にささやいた。

「いいよね? しよう?」
「んっ……だ、だめぇ……」

え? ここまできて最後の最後で抵抗するのか?
そう思ったけど、形だけの抵抗っていうのはよくあることだから、またキスをしたり、今度はタイツの中に手を突っ込んで、下着の上から尻をなでまわしながら、もう一回聞いた。

「もう我慢できないよ……。なぁ、いいだろ?」
「きょ、今日はだ、だめ……」
「なんで? ちゃんとゴムも持ってるよ?」
「そうじゃなくて……今日はだめなのぉ……」

なんて言ってきた。
理由を聞いても「今日はだめ」としか言わない。

そこから、下着の上からクリトリスを弄ったり、さんざん喘がせて、興奮させたんだけど、やっぱり駄目だった。

仕方がないから、本当にくやしかったけど、その日のエッチは断念。
勃起したままのチンポは、ホテルのトイレで一人で抜いた。

それがきっかけとなって、彼女とはメールをしたり、遊びに行ったりする仲になった。
そういう関係になれた、ということは、「いやじゃなかった」ということなんだから、絶対にエッチ出来る、と前向きに考えて彼女と、友達付き合い+アルファくらいの関係を楽しむようにした。
もともと話やすくて、ノリのいい子だったからね。

仲良くなるにつれ、分かったのは、「彼女は元カレと別れたばかりで、まだ気持ちの整理がついていない」、「だから、いきなり俺とエッチするのは何か抵抗があった」ということ。

それを聞いて、逆にちょっと萌えた。
彼氏と別れてすぐに別の男とエッチするような女じゃない、ってのはなんか嬉しかったから。

その後、1~2か月くらいは、そういう友達付き合いが続いていたけど、やっぱり一度そういう雰囲気になったからか、時々、俺と彼女の間には、ドキッとするほどエロい雰囲気が漂うことがあった。
話が盛り上がって、下ネタに発展したとき、とか。

けど、最初の失敗から俺は慎重になっていて、なかなかホテルに誘うということが出来ずにいた。

そんなある日、やっぱり一緒に遊んでた日があって、確か、もう夏休みってときだったと思う。

その日は、居酒屋で一緒に夕食をとって、その後喫茶店でだべってた。
で、また例のエロい雰囲気が俺たちの間に漂い出したのを覚えてる。

1

2

萌えた体験談の最近記事

  1. 尽きる事の無い性欲モンスターな体育大学女子@2P

  2. 変態相互オナニー鑑賞 一線は超えてません@3P

  3. 入社1年目で社内に肉便器セフレが3人いた@3P

  4. 女子水泳部の先輩とプールでおしっこの見せ合い@2P

  5. 結婚式直前に一夜限りの浮気2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。