萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 萌えた体験談
  2. 525 view

あの大雪でセフレができた@4P

都内某所で一人暮らしをしている男です。
2月に驚くほど雪が降りましたよね。
あの時に頑張った俺に女神が降臨しましたw

2月の9日。
あんなにも降り積もるとは皆予想外だったんじゃないでしょうかね。
彼女がいない俺は土曜日部屋にいて、降り積もる雪をワクワクして見てた。
次の日の日曜日、昼近くまで寝てたので13時過ぎにコンビニへ行ったんです。
マンションの玄関に行ってみると、1人の老人が雪掻きをしてた。
どう見ても60代か70代のお爺ちゃん。
目が合ったので「どうも…」と会釈してコンビニへ。
近所の人達が出て来て雪掻きをしていたが、まだ歩道は大量の雪だった。

コンビニにも弁当などが少なくて、とりあえず色々買って帰宅。
戻ってくるとやっぱり老人が雪掻きをしてる。
その姿を見てると心が痛みましてね。
一度部屋に戻って着替えをし、また戻って声を掛けたんです。
「手伝いましょうか」と。

実はこの老人はマンションの管理人さんだった。
腰も痛いし1人じゃ大変だったと笑いながら言われ、2人で雪掻きを開始した。
老人が持ってきてた雪かき用のスコップで、俺が大きな雪をどけていく。
老人は細かい雪をどけるという分担。

マンションの入口から歩道を一直線に雪掻きをしてた。
「いやぁーこの雪ヤバいっすねぇー」
「こりゃ大変だ」
2人でブツブツ文句を言いながらも何気に楽しく雪かきをしてた。

マンションの住人たちは、俺達を業者か何かを思ったみたい。
誰も手伝いもしないし、会釈とかする人もいない。
週末でどこかに泊まったのか、カップルで帰宅する人も多い。
マンションに泊まったカップルが出掛けるのも多かった。

3時間ほどかけて雪掻きし、やっと「こんなもんだろ」と老人に言われ終了。
俺は全身汗だくになってたが、なぜか清々しい気持ちになってた。
次の日にはあらゆる箇所が筋肉痛になったけどw

そして1週間後のバレンタインデー。
2週連続だったので天気予報ではそんなに積もらないって言ってたのに。
当然彼女がいない俺は出掛ける用事もなし。
また昼頃コンビニへ出掛けると、管理人のお爺さんが雪掻き中w
やべぇ!と思ったが思わず会釈をしてしまった。

「ちょっとご飯買ってくるんで…後で手伝いますよ」
偽善者の俺は思わずそう言っちまった。
「おぉーありがとね!」
お爺ちゃんは助かったぜ!と言わんばかりの笑顔だった。

土曜日で人通りが無かったせいか、先週よりも雪の量が多い。
しかも雨で水分を含んでるから重たくてすっごい大変だった。
横に長いマンションだから、歩道に道を作るのに一苦労だった。
1時間ぐらい雪掻きしてた時、マンションから一組のカップルが出て来た。
女の子が俺と爺さんに会釈をしてたから、住人なんだろうなと思った。

しばらくしてその子が戻ってきて、マンションに入っていった。
他の住人も手伝ってくれないから、別に期待はしてなかった。
だからしばらくしてその子が「手伝いますよ」と出て来た時はマジで驚いた。
「同じマンションの方ですよね」
彼女は俺にそう言ってきた。
だから「あの人は管理人で俺は住人です」と教えた。
先週も俺達を見て素通りしたのが引っ掛かってたらしい。

彼女の名前はマナ。
26歳のアパレル関係のOLさんだと言ってた。
んでさっき一緒にいたのは当たり前のように彼氏。
外見はちょっと派手な感じだったが、喋ると印象が変わる感じの子だった。
かれこれ4年以上も女日照りの俺目線だが、彼女がデリ嬢でやって来たとすると、心の中でガッツポーズするかなっていうレベル。
普通に可愛いかなっていうレベルだと思う。

お爺ちゃんに「休んでていいですよ」と彼女は言ってた。
だから実質俺と彼女の2人で雪掻きをした。
前回同様に汗だくになって、雨でびしょ濡れだった。
でも彼女はヤケに楽しそうに雪掻きしてた。

やっと終わったのが2時間後。
「手伝ってくれて助かったよ、ありがとう」
管理人さんはそう言って立ち去っていった。
だから俺も帰ろうとしたら、彼女が思いもよらぬ事を言ってきたんです。
「ご飯とかあります?」と。
一人暮らしだからそりゃ~無いっすよと答えた。
すると、コンビニにもほとんど弁当とか無いですよみたいな事を言われた。

困ったなぁ~カップラーメンしか無いか~とか言いながら考えた。
これはもしかしたらもしかすると。
だから「後で近所の店で何か食べに行きません?」と誘ってみた。
もう心臓が飛び出るほど緊張したw
なのに彼女はすっごいあっさりと「良いですよ!行きましょうよ!」って。

大通りの店はやってたので、18時にエントランスで待ち合わせした。
個人店は早々に閉めてたので、入ったのはチェーン店の居酒屋だった。
そこでとりあえず乾杯して、酒を飲みながらメシを食った。
彼女は富山出身で、雪には慣れてるという。
懐かしくなって結構楽しかったみたい。
「同じマンションの人と仲良く出来て嬉しい」とか言ってた。

彼氏の話から俺は彼女がいると嘘をついてしまったw
だって当然いますよね?的な雰囲気だったから。
「そろそろ結婚ですか?」みたいな事まで言われるし。
まぁ36歳なのでみんなそう思うか。

1

2 3 4

萌えた体験談の最近記事

  1. 尽きる事の無い性欲モンスターな体育大学女子@2P

  2. 変態相互オナニー鑑賞 一線は超えてません@3P

  3. 入社1年目で社内に肉便器セフレが3人いた@3P

  4. 女子水泳部の先輩とプールでおしっこの見せ合い@2P

  5. 結婚式直前に一夜限りの浮気2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。