双子の姉妹と3P体験@3P

忘れもしない恐らく俺の人生で1番ツイてた時期の話。
未だに、なんて俺は愚かで勿体ない事をしたんだろうって、悔やみ切れない思い出です。

大学4年の時、合コンでマキという女の子と出会いました。
女の子といっても俺より2つ年上で、既にOLさんでした。
当時の俺は内定も貰っていたので、暇さえあれば飲み会をやったりして遊びまくりの時期。
別にモテる部類じゃなかったが、性欲処理には困る事も無かった。
ヤリマンで有名?な同じ学校の女の子や、合コンで知り合ったセフレがいたもんで。
まぁー今思えば、なんてパラダイスなんだって思いますよw

マキと出会った合コンには、年上の女性ばかりが参加してました。
その中でも1番可愛かったのがマキで、なぜか俺が気に入られたんです。
マキの方からメアドを聞いてきて、数日後に2人でデートしました。
バイトの貯蓄もあったから俺が払うと言っても、マキは「無理しないでイイから」といつも割り勘。
社会人と学生の違いをまざまざと見せつけられるデートを重ねていくうちに、次第に俺は本気で惚れていきました。
覚えてないけど多分4回とか5回目のデートで初めてのお泊りをし、大人のエロさを体感したのを覚えてます。
騎乗位で滑らかに動く腰の動き、舌が器用に動きまくるフェラチオ、初めて愛のあるセックスをしたんじゃないかって思えました。

簡単にですがスペックを紹介しておきます。
マキ:当時24才。160㎝ぐらいで確かDカップ。
スタイル的には細めで、気の強そうな顔立ち。
ちょっとSっ気があって、酔うといつも攻められっぱなしでした。

数回目のデートで初めて言われたんだけど、マキには実は双子の妹がいた。
いわゆる一卵性双生児で、見た目も良く似てて2人を知る友達じゃないと間違われるらしい。
確かに会ってみてビックリするぐらい似てた。
ワザとなのか知らんけど、同じような髪型をしてたし、髪を結わくとどっちだか分からなくなるほど似てた。
「これが妹~」と写メを見せられた時は、ぶっちゃけていうと見わけが付かなかったぐらい。
「分からないんでしょ~」とニヤニヤしながらからかわれた。

俺が思うに、妹を紹介された頃には、多分俺の方がマキに惚れてたんじゃないかな。
デートするだけでも楽しくて楽しくて、それで夜になったらもっと興奮して。
過去に付き合ってきた女とは、明らかに違う存在になってた。
でも妹を紹介された時は、ちょっと不思議な気持ちになった。
だって自分が大好きな女と同じ見た目、同じ声の女が、もう一人いるんです。
あたかも自分の彼女が、もう一人いる様な錯覚に陥りそうでした。

妹の名前はサキ。
年齢は勿論同じで、身長もピッタリ同じなんだとか。
不思議なぐらい体型も同じで、マキの裸を知っている俺は変な想像ばかりしてしまっていた。
サキも陰毛薄めで濡れやすいのかな・・・とか、乳首を舐めたらスグに声が出ちゃうほど感じ始めるのかな・・とかね。
笑顔も喋り方もソックリで、1番驚いたのは相槌のタイミング。
目の前に2人を並べて見ていると、「うん・・・うん・・・」と頷くタイミングが完璧に同調してるんです。
気が付き始めて思わずそれに笑ってしまうと、2人して同じ表情をして俺を睨んでました。
サキと会った後、マキに「サキも気に入ってたよ~」と報告され、ちょっと嬉しい気持ちになったのを覚えてる。

マキと付き合い出して半年ぐらいしたある晩、初めてマキが昔から通っているというバーに連れて行ってもらった。
そこはビルの地下にある大人の隠れ家みたいな店で、雰囲気も良く値段も手ごろ。
なんで今まで連れて来てくれなかったのかと聞いてみると、今までそれを見極めてたのと笑ってた。
ほろ酔いで店を出て、自然と足はホテル街へと向かいました。
「今日はどこにする?」
「うぅ~ん・・・・・どこがイイ?」
「俺はマキがいればどこでも」
「じゃーアタシも!」
「なんじゃそりゃ」

アホみたいにデレデレしながら初めて入るホテルに行きました。
「ここは初めてだよね?」
「うん、そうだね」
「どの部屋にする?」
「アタシこのお風呂がイイ」
そんな感じで部屋を選び、2人でゆっくり長風呂を楽しんだ。
風呂に浸かりながらキスをしてイチャイチャしながら、交代で互いの体を舐め回した。
激しくイカせようとするフェラではなく、ねっとりと愛情のこもったフェラに極上の幸せを感じてた。

タイトルとURLをコピーしました