初めての不倫体験⑬

何事も無くエレベーターが1Fに到着。ふぅ~とため息。
路地裏を歩きながら、他愛も無い会話をした。
時々よろめく恭子の腕を支えたりしながら。
今日は歩いて帰れるみたいだ。
あの柔らかい巨乳と、なんとも言えない喘ぎ声を思い出す。

タクシーを拾って十条へ向かう。
今日は環七を使わないせいかスムーズに走っている。
その時だった。
何やら込み上げてくる。
急激に腹痛と吐き気が襲ってきた。
痛みと吐き気を堪えていると、冷汗がどんどん出てくる。

『どうしたんですか?大丈夫ですか?』

私に異変に恭子が気が付いたのだ。

『なんか…腹痛と吐き気が…。もしかしたらカキかも』

もともと下痢をしやすい私は、外でカキなんて滅多に食べない。
今日は楽しくてそんな事を忘れて食べてしまったのだ。

タクシーは恭子の家についた。
そして私はトイレを借りる事になった。
もうすがる思いでトイレに駆け込む。
一気に吐いた。食べた物が全部出てきた。
3度吐いた頃には、だいぶ楽になっていた。

私はうがいをした。
リステリンがあったので、それでうがいをした。

廊下に出ると恭子が走り寄ってきた。

『大丈夫ですか?』

『えぇ、スミマセン。リステリンも借りちゃいました』

『イイんですよ、さぁ~暖かいお茶を入れたので飲んで下さい』

恭子に促されて居間に入った。
テーブルにはハーブティーは入れてあった。
私はソファーに座り、お茶を飲んだ。
まだ少しモヤモヤしている。
私は少し休ませて下さいと言い、ソファーに横になった。
そして知らぬうちに寝てしまった。

つづく。

タイトルとURLをコピーしました