初めての不倫体験⑪

『アタシ、タクシーからちゃんと歩いたんですか?
朝歩いた時に右足が痛かったので、もしかして転んじゃったのかなって』

『サンクスの前でよろめいた時に、足を挫いたみたいですよ。
歩けそうになかったので、悪いとは思いましたがおんぶしたんです』

『えっ…そうなんですか?!どうしよう…ホントご迷惑をおかけして…』

『いえいえ、軽かったですしその方が楽だったんで』

私は笑いながら言った。
もしかしたらあの時の悪戯を覚えていたら…
そんな不安もあったのだが、覚えていないようだったので安心した。

『絶対重いですよー。体重がバレたみたいで恥ずかしいです』

私の軽い受け答えに、恭子も安心したようだ。

『玄関で帰ろうかと思ったんですよ。
でも藤村さんそのまま寝ちゃって。それでソファーに運んだんです。
寝室までは申し訳なくて入れなかったので』

『こんな酔っ払いは玄関に捨てて良かったんですよ。
中島さんてホントに優しいんですね』

次第に打ち解けあってきた。
料理も美味しい。恭子が注文したワインも美味しい。
それ以上に、目の前には素晴らしく綺麗な恭子がいる。

食事が終わり店から出ると、恭子がもう一軒行きたいと言った。
この前、友人の結婚式の2次会で行ったバーがあるのだという。
今度は私が御馳走するという事で、そのバーへ向かった。
表参道から歩いて10分、ひっそりとした路地裏にバーはあった。
細い通路を進むと小さなエレベーターがある。
5Fにバーがあるので、私達はエレベーターに乗り込んだ。

『今日はそんなに呑まないで下さいね』

軽いギャグを言う私。
恭子ものってきて『そしたらまた送って下さいね♪』という。

『今度は玄関先に捨てておきますから』

『えぇ~ちゃんと2Fの寝室まで連れて行って下さいよぉ』

つづく。

タイトルとURLをコピーしました