初めての不倫体験⑩

久しぶりにウキウキした気分になった。
こんな楽しい気分になったのはいつぶりだろう。
今の妻と結婚して5年。
今では妻とデートも滅多にない。
日曜日に一緒に出掛けて、買い物をして食事をして帰る。
そのぐらいだ。
女の子と待ち合わせなんて久し振りだった。

約束の日、私はお気に入りのスーツを選んだ。
妻には接待があるから、少し遅くなると伝えて。

仕事が終わりスグに恭子へメールを送った。
恭子はすでに表参道にいて、ウィンドーショッピングをしているという。
電車を乗り継ぎ、私は急いで向った。
言われた雑貨屋の前、恭子が待っている。
すらっとしているが痩せすぎていない、女性らしい肉付きをしたシルエット。
今日は黒いタイとパンツに網タイツ、そして白いシャツ。
シャツはタイトなタイプらしく、胸がはち切れそうに見える。
あの巨乳が、先日は俺の背中に当たっていたんだ…。

『お待たせしました』

私は少し走って恭子の元へと向かった。
酔っていた時とは違い、いつもの凛とした綺麗な女性になっていた。
会社とも違う。
プライベートの恭子は、私が相手にできるような女性ではない感じだった。

『いいぇ、こちらこそ忙しいのにスミマセン』

笑顔を見た時、なぜか私のジュニアはムクムクと反応し始めた。
恭子に先導されて、私達はあるイタリアンレストランへと向かった。
地下1Fにある洒落たお店。

『今日は私が御馳走しますので、遠慮なく食べて下さいね』

そう言いながら階段を降りる。
静かな大人が通う隠れ家的なお店。
つい立があり、周りをあまり気にしないで食事ができる配置になっていた。

私達はコースを頼み、ワインで乾杯した。

『ホントにお世話になりました。
朝目が覚めたらソファーだったので、ホントにビックリしたんです。
机の上に中島さんの手紙があって、慌ててポストを見に行ったんですよ』

笑いながら恭子は言った。
恥ずかしそうに喋る恭子。どんどんその魅力に惹かれている自分がいる。

つづく。

タイトルとURLをコピーしました