初めての不倫体験⑤

広尾、初台そして高円寺。
最終的に残ったのは恭子だった。
知らなかったのだが、恭子の家は十条らしい。
そこに一軒家を購入して、3年前から住んでいるようだ。
旦那さんの収入が良いのだろう。

後ろに1人しかいないのに私が助手席にいるのも変だった。
私はコンビニでコーヒーとお茶を買い、後ろの席に移動した。
恭子にお茶を渡す。
さっき分かった事なのだが、実は恭子はけっこう酔っている。
少しでも酔い覚ましにと、お茶を買ってあげたのだ。

十条までは環7で30分ぐらい。
タクシーの中で吐かれても困る。
そう思っただけなのだが、恭子は勘違いしていた。

『中島さんて優しいんですねぇ~』

ニッコリと笑いながら頭を下げる恭子。
ちょっと呂律がまわっていない。実は思っている以上に酔っているのか。
いつもの綺麗な女性というより、可愛い女の子になっている。
しかも頭を下げた時に、またしても恭子の巨乳が目に入ってしまった。

東武東上線を越えた頃、突然渋滞していた。
道路工事の為に、片側一車線の規制中らしい。
運転手は他の道に行くか聞いてきたが、もう急いでも変わらない時間だ。
このまま行ってくれと伝えた。

『都内に一戸建てなんて凄い旦那さんですね』

恭子は口を尖らせながら言った。

『全然!彼のご両親が持ってた土地に建てただけですもん』

『そっかぁ~でも羨ましいよね。俺なんて狭いマンション暮らしだよ』

『うちはまだ子供がいないから、広すぎるって感じです。
中島さんはお子さんいるんでしたっけ?』

『まだまだ。いまできたら生活できないよ』

正直な気持ちだった。
本当はカミさんが欲しがっているのだが。

『こんな時間になって、旦那さん大丈夫?』

『大丈夫ですよ、彼いま出張中でいませんから』

『そっか。じゃ~広い家で寂しい夜なんだね』

笑いながら言った。別に他意はない。
その後はお互いに黙ったまま、渋滞の車の中にいた。
ようやく規制中の道路を通過して十条に近づく。
ふと横を見ると、恭子は寝ていた。

つづく。

タイトルとURLをコピーしました