彼女が池袋の風俗嬢だった②

そう言われて見せられた女の子の裸。
一瞬背中に寒さが走りました。
首から上が写ってはいませんが、おっぱいなどがA子にソックリなんです。
ソックリとは言っても携帯で撮った写メです。
確信するまでには至りませんでしたが、本当によく似た体でした。

その写メを見てから気が気ではなくなってしまい、
結局暗いイメージのまま寝てしまいました。
似た子ぐらいたくさんいるよな・・・と無理やり自分を納得させて。

次の日友人が帰ってから、私はPCで調べました。
言っていた子はすぐに見つかりました。
下着姿やドレス姿の写真がありましたが、顔だけは写っていません。
出勤表をチェックしてみると、週に1回出ているかどうかです。
友人が言っていました。

『出勤日が少ないから、予約だけで凄いんだよ』

当日に予約しても、ほぼ無理だという人気のようです。
一週間の予定が出た時に、出勤日があればスグに予約しないとダメなんだとか。
店のサイト写真を見ても、やっぱり安心はできませんでした。
首から上が完全に写っていないのです。

私はふと思いました。
もし彼女なら、出勤日に連絡したらイイんじゃん。
予定表を見ると、来週の木曜日、18時から出勤している。
確かめたい気持ちのまま、木曜日を待ちました。
その間にA子と2回会いました。
裸も再度じっくり見ました。
やっぱり似ているとしか分かりません。
でもそれだけ疑うのもどうかと思いました。
似ている人なんてたくさんいますいし。
木曜日を心待ちにしている反面、怖い気持ちもありました。

水曜日の夜、A子に聞きました。

『明日は直帰?』

『たぶんね!定時に終わらないと思うけど、どっかいく?』

『んや、俺も明日は遅いと思うし』

木曜日になり、19時過ぎに電話をかけました。
留守電です。
しばらくしてメールがやってきて、まだ仕事中だと書いてありました。
私は話を続けようと、メールにわざと質問とかを書きました。
結局、彼女からの返信は2回だけ。
しかも1時間以上遅れての返信でした。
2通目には、これから上司と夕食を・・・と書いてありました。

私はいても立ってもいられず、電車に乗り彼女の部屋へ向かいました。
当然部屋には電気もついていません。
近所のファミレスで時間をつぶしました。
0時を過ぎたころ、私は再度マンションへ行きました。
まだ帰宅していなかったので、玄関先でタバコを吸って待ちました。

1時ちょっと前に、彼女が帰ってきました。
玄関先にいる私を見てビックリしていました。

『何してるの??どーしたの??』

『いや・・・ちょっと聞きたい事があってね・・・』

部屋でコーヒーを飲み、私は勇気を出して聞きました。

『A子って池袋の○○○○○で働いてる?』

彼女は分かりやすいぐらい動揺していました。
目がキョロキョロ泳いでいますし、言葉もシドロモドロ。
私は確信しました。

『いつから働いてるの?』

『えっ・・・あ・・・ちょっと前から・・・』

『嘘でしょ。友達が言うには、1年以上前から働いてるって言ってたよ』

込み上げてくる感情を抑えきれず、私は泣いてしまいました。

『なんで・・・そんな事・・・』

『だって・・・言えるわけないじゃん・・・言ったら・・・』

『俺はA子と結婚まで考えてたのに・・・なんで・・・』

その場では気が動転してしまい、それ以上何も言えないまま帰りました。
帰りのタクシーで、A子からメールがありました。
黙っててゴメンなさい、別れたくない、もう辞めるからという内容。
私は何も返せませんでした。
次の日も、その次の日も、A子からメールがありました。
それでも何も返せませんでした。

それから1週間後、私はA子と会いました。
なんで風俗で働いていたのか、それを聞きたくて会いました。
返ってきた返事は在り来たりの『お金の為』でした。
昼間の仕事だけじゃ、好きな洋服も何も買えない。
だから始めたんだって言いました。
私と付き合うようになり、辞めようと思ったが辞めれなかった話。
いつも罪悪感があって、逃げ出したくなっていた話。

結局、それから1ヶ月悩んで、A子と別れずに付き合っていく事を決めました。
でもやっぱり長くは続かないもんです。
いろんな男に触られたA子の体を、今までみたいに愛せなくなってしまったんです。
ですからエッチもしなくなり、キスさえもしなくなりました。
ただ惰性で付き合っているだけ。

また付き合うと言ってから3ヶ月後、A子から別れたいと言われました。
しかも、また風俗で働き出したという事も。
その頃はすでに愛情もなかったので、電話だけで別れました。
知らなければ良かったのか、知って別れて正解だったのか。
今でもよく分かりません。
たぶん知らなかったら、そのまま結婚までいっちゃったかもしれませんし。
結婚してから風俗で働いてた事を知るより良かったですかね。

今でも池袋に行くたび、A子の事を思い出します。
もう店名は変わっていますが、もしかしたらまだA子は働いているのかもしれません。

おわり

タイトルとURLをコピーしました