まさかの彼女が年越し乱交③

こんな話信じられないでしょ?
実際俺も信じられませんでしたよ。
でも目の前で乱交中のハメ撮り画像やら動画を見せられたら、疑う余地すらありません。
「これがこの前の大晦日にやったヤツですよ」
画面に映る全裸の美咲は、紛れもなくいつも見ている美咲だった。
俺の知らない男の舌を舐めながら、アソコには違う男のチンコが突き刺さってる画像。
どうにも堪えられなくなった俺は、急いでトイレに駆け込みました。
何度か吐いた後、何とか大通りまで歩いて行って、タクシーを拾って帰宅しました。

記憶が飛び飛びなんだけど、なんとか帰った俺はトイレで寝てたみたい。
朝になって母親に起こされ、最悪な気分のまま出勤した。
俺からの連絡が無かった美咲は何度も携帯に電話してたらしい。
何通ものメールが来てて、最後はキレたメールで終わってた。
美咲に何て言えば良いのか分からず、結局出勤時の電車の中から謝りのメールを出した。
夜になっても返事は無く、逆に信也から謝罪メールが来た。

結局その次の日に美咲からはメールが来たが、俺は眠れない日々が続いた。
「話したい事がある」と美咲にメールすると「やっぱり浮気してたんでしょ!」とキレてくる。
「そんなんじゃないし確かめたい事があるだけだから」と伝え、金曜日の夜美咲に会った。
「話って何よ」と強気な美咲に「俺に隠してる事ない?」と尋ねた。
少し焦った表情を一瞬だけ見せた美咲だったが、何もないと言い張ってた。
だから俺は信也の話をした。
信也の名前を聞いた瞬間から美咲の表情は一変した。
「この前の夜、信也の家に行ってたんだよ、アイツ泥酔しちゃってさ」
もうその後は俺も美咲も無言になった。

10分か20分か分からないけど、ずっと無言だった。
だけどいきなり美咲がサワーを一気飲みして、「もう無理だね、別れよう」って。
言い方が上から過ぎて唖然としたが、怒りを押し殺して「そうだね」としか言えなかった。
すぐに帰り支度をし始め、俺を振り向く事も無くさっさと店を出ていく彼女。
御馳走するのも嫌な気分だったが、仕方なく料金を払って外にでた俺。
普通店の前にいると思うでしょ?
それがね、完全に無人でしたw
奥まった路地にある店だったから、店の前には美咲は勿論だれも無い状態。
何それ・・・ってしばらく店の前で立ち尽くしてましたw

その日以来美咲からの連絡はありません。
付き合ってきた2年ちょいが嘘のように消え失せて行きました。
信也からは「美咲から聞きました」っていう謝罪メールがきましたが、アレ以来会う事もありませんでした。
ユウから誘われて1回2人で呑みに行きましたが、途中で具合悪くなって帰るハメになっちゃったし。
笑えないほどトラウマになってるみたいw
美咲と別れて2人と付き合ったけど、妙な勘ぐりをするようになっちゃっててさ。
相手を信用できないのが伝わるみたいで、同じような事を言われてフラれてます。

新年早々楽しくもない話で申し訳なかった!
そいじゃー終わります。有難う御座いました。

タイトルとURLをコピーしました