キャンプ場でエッチ体験④

お尻に手をまわし、割れ目に指を這わせる。
パンツ越しなので、少し強めに。
ユリは俺の首に抱きつき、首筋を舐めはじめる。
どんどんやらしくなってきた。
もしかしたら、本当はエロくて変態なのかも…
そんな風に思いながら、俺は前からマンコを触り始めた。

『いやっ。。。ダメだってば。。。あっ。。。』

イヤだと言いながら、ユリの腰は動いていた。
自ら動かしてるくせにイヤなわけないじゃん。
調子にのった俺は、パンツのボタンを外し、一気に生でオマンコを触った。
すでにグチョグチョだった。
コリコリに勃起したクリトリス。
撫でまわすといっそう声を出すユリ。

『そんな声出したら、周りにバレちゃんよ?』

『だって。。。意地悪言わないで。。。あっ。。ダメっ。。。』

俺はそのまま中指をオマンコの中に滑り込ませた。
濡れ濡れになっていたユリ。
簡単にヌルリと指が入っていった。
ユリは首に手をまわし、仰け反るようにして反応した。
中指で中を掻きまわす。
グチョグチョとやらしい音が響く。
そしてオマンコがキュッと締まったと思ったら、ユリが抱き付いてきた。
そして耳元でハァハァ言いながら『いっちゃった…』と。

指を抜いてまた激しくキスをした。
キスをしながら、ユリは俺のチンコを握りはじめる。

『舐めてあげるね』

耳元で言って、ユリは隣に座った。
そして俺のハーフパンツを脱がせ、前触れ無しに一気にしゃぶりついた。
激しく動く舌先。そして根元をしごく右手。
この時点で確信した。
ユリはエッチな事が大好きな淫乱だったんだって。

続く

タイトルとURLをコピーしました