TOPページに過去の体験談をランダム表示開始

脱いだらムチムチ巨乳の地味眼鏡ヲタクJKに告られ処女から淫乱メス女に開発していった思い出

先日『オタク友達とのセックスは最高に気持ちいい』を見まして、居ても立っても居られず投稿しちゃいます。実は俺も似たような経験がありまして。

ちょうどレビューしようと思っていたエロ漫画です。これイイっすよ~マジで。後日レビュー予定です。画も絶妙な肉付きでエロいしマジでオススメ。『オタク友達とのセックスは最高に気持ちいい

当時の俺は31歳で独身、素人は1人、あとはもっぱらプロとしか経験が無かった男。といっても3人いたお気に入りの姫とは付き合いも長くて、まるで彼氏彼女みたいな時間を過ごさせてもらってた。

店には内緒で毎回セックスもしてたし。検査結果が出た性病陰性のオマンコを毎回提供してくれてた子達です。だからほぼ素人童貞なんだけど、彼女達が言うには「上手い」らしい。

簡単に言えばモテない男。だから当時17歳のJKに告白された時はマジでビビりました。だって縁も所縁もないというか、見た事もない子だったんですから。しかも朝のホームですw

なにかのドッキリなのか?オヤジ狩りなのか?混乱しまくり。でも翌日にまた会ったので、電車の中でお喋りしたんです。誰とも分からないから返事はできないって言って。

それから毎日のように朝会うようになり、15分ぐらいだけど電車内でお喋りする日々が続きました。

どうやら彼女、マジで俺の事が大好きだと分かってきた。でも彼女、どう見ても陽キャじゃない。陰キャというかヲタクっぽい。早口だったりキョロキョロ目が泳いで焦ったりする仕草とか。あそこまで変じゃないけど、しょこたんこと中川翔子っぽい感じではあった。

でもあんな可愛い顔じゃないよwブサイクとは思わないけど、いうほど可愛いわけじゃない。銀縁の四角いお洒落でも無いし選んだ理由もよく分からないメガネしてるし。

髪型も肩につくぐらいの黒髪で、重たそうな雰囲気。親しくなってから言われたけど、自分みたいな女がお洒落なんてしたら逆に笑われる、っていう意識があったみたい。服装も同じ。

というわけで、付き合う付き合わないなんて話より、まずは31歳の俺と17歳のJKだと犯罪になると。だから今はムリじゃないかなって伝えておいた。だったら卒業してから?みたいな話になり、卒業したらイイよって言っちゃったんですwなんせ馴れていないから、俺自身も。

彼女、普通にめっちゃ優秀でね。知らなかったけど理系で神童級の優秀さ。女子の人数が圧倒的に少ないので詳細は書けないけど、都内の国公立に現役で受かってました。

これぞレベチw

前期で終わったので3月の中旬に合格祝いって事で食事に行った。精一杯のお洒落をしてきたらしき彼女、地味な色のロングスカートにデカいニット姿だった。制服姿の方が可愛いかも。。。

映画を見たいというので映画館へ行き、サンシャイン水族館にも行って普通にデートを満喫。そしてビル内で鍋を食べて、また「付き合って下さい」と告白されたw

もう断るのもどうかと思い、OKしたんです。そこからです、交際が始まったのは。

とはいえ戸惑いの方が大きかった。なんせ相手はほぼJKです。ワイは31歳のオジサン。並んで歩いてても、カップルというより年の離れた兄妹みたいにしか見えない。彼女もそう言ってたぐらい。

でもやることはやるw忘れもしない3月最後の日曜日。彼女から事前に言われていたのです。

「今度の日曜日はそれなりに覚悟していきます!」

初めなんのこっちゃ分からんと思っていましたが、まさかのセックスしたいです宣言。本当なら高校生の時にしたかったのが本音だそう。面白い事いうんですよ。

「アタシみたいな女子高生が、実はめっちゃヤリまくってたら凄くない?」

男目線なのか女目線なのかよく分からん見解。こんなふうに見えて、アタシ実は超ヤリまくってまぁ~す!みたいな自己満足みたいなのを感じたかったのかな。

というわけで日曜日、無事ラブホに連れ込んで処女を頂きました。人生で初めて見る処女のオマンコ。そしてリアルな出血。彼女もガチで痛がってたし、最後の方は泣いちゃってたし。

初めて見る勃起したチンコにまず絶句。そして「こんなの入るの?」と不安を口にする。まぁ~俺の息子はちょっとデカいから、それなりに痛いと思うって言ったら「ゲゲゲッ」て顔してた。

そして初めてのフェラチオ。「舐めたかったんです!」とかいう子でビックリ。俺の事が大好きだから、早くオチンチン舐めたかったんだとさ。そんな子いる?ちょっと変ですよねぇw

お世辞にも上手だとは言えなかった。でも亀頭を懸命に舐める姿に超興奮。なんせスタイルがね、想像をかなりの勢いで超えていましたので。まさにエロの化身ですわ。

いつも制服の冬服着てたから、胸の大きさなんて全く気付かなかった。デートするようになっても、ザックリとデカいニットとかが多かったし。まるで体のラインを隠すような服ばかり。

そうか・・・とまた納得。髪型の時にもいってたこと。こんなアタシがお洒落してたら・・・・って。そうマイナスな思考回路なので、巨乳は隠す存在になってたんだろうね。

FかGカップだというオッパイが、これまたババ臭い下着に包まれている。聞けば近所の商店街にある、昔ながらの洋服屋さんで買っている下着らしい。恐らく地元密着でジジババが常連の店だな。

タイトルとURLをコピーしました