TOPページに過去の体験談をランダム表示開始

サークルの女友達に先っちょだけ挿れさせてと土下座したら簡単にセフレ化したw

楽しいキャンパスライフを満喫するはずだった大学2年、全てコロナがブチ壊してくれた。高校時代はぶっちゃけ非リア充、いや、オタ充だった。だからいわゆる大学デビューってやつ。

大学生になってキラッキラなJD達と笑顔が溢れた青春を謳歌する。

そんなつもりだったから、入学してスグにサークルにも入り、さも当たり前のように女友達を作ったり。そしてみんなで飲めない酒を飲んで何度も潰れてみたり。

やっと馴れてきたと思ったら・・・・。学校は休みになるし、再開しても対面授業もない。バイトもシフトを削られ、一人暮らしだと誰にも会わない日が続いたり。なんせもともとリア充じゃないから。

マジで最悪な日々を送ってた。でもそんな俺と同じように過ごしていた女友達もいた。

名前はカスミ(仮名)。テレ東の女子アナで陰口がリークされた森香澄アナに似てる可愛い子。当然サークル内でも人気ナンバー1で、カスミ目当てに入ったって男もいたぐらい。他大学からもめっちゃ人気があるし、それを自身でも自覚してる。だから性格は超強気w

カスミも実は大学デビュー。それを知っているのは、俺を含めて同学年の数人だけ。昔の写真見たら、センスの悪い眼鏡に、もっさりして重たそうな髪型。全身ユニクロみたいな感じでマジ笑う。

とはいえデビューしてからはモテまくりなので、1年の間に3人と交際。1人は社会人でめっちゃ貢がれてた。だから童貞の俺とは大違いのリア充ちゃん。

そんなカスミの過去を知ってる中で、田舎から出てきた一人暮らし中なのは俺だけ。だからだと思うが、しょっちゅう連絡がきて、なぜか2人でメシを食う日が多かった。

「お前はまだイイじゃん、ちゃんとデビューできてるし」
「えぇぇ~~そうでもないでしょ~」
「俺なんてまだ童貞だぞ?彼女すらデキてないんだぞ?」
「それはアンタ次第じゃんw」
「マジでさ・・・・このまま大学生活が終わったらずっと童貞だよ」
「風俗行けばイイじゃんw」
「初めてをなんで風俗嬢に捧げなきゃいけないんだよ!」
「あははwじゃ~頑張りなよ、アプリとかでw」

いつもいつもこんな会話してた。そして2021年になり、ちょいちょい学校にも行くようになったが、相変わらずコロナ禍で生活が規制されてる状態だった。

そして遂に・・・・オリンピックが終わってちょいの頃、俺とカスミともう一人のメンズの3人で飲んでた日。メンズに彼女から連絡が来て先に帰り、2人で相変わらずダラダラ飲んでた日です。

「で?最近の彼氏はどう?」
「めっちゃ早いwもうゴム無しは無理w」
「それってさ~お前が名器とかって話じゃね~の?」
「ないないw元カレはもっと長かったし」
「でもイイな~まだ童貞だし、俺」
「はいはい、知ってますがなw」

この頃マジで我慢の限界を感じてた。このままじゃリアルに彼女なんてデキないし、このまま社会人になるとしたら、さらに出会いも少なくなって人生が終わる気がする。このままじゃ初体験が風俗になる。

「カスミ!お願い!先っちょだけ挿れさせて?w」

思いっ切り真横で土下座wといってもカスミにはこれまでに数回土下座してるw「女の子紹介してくれ!」ってねwだからいつものこと・・・みたいなノリで流さると思ってた。

「は?ちょっwwwアンタね・・・・」

あれれ?いつもの冷たい流しじゃない。ちょっと哀れんでる感じもする。これはもしかして?そう思った俺はちょっと畳み掛けてみた。

「このままじゃマジで彼女できそうにないし」
「初体験が風俗なんて嫌だよ・・・」
「性病とか無いし先っちょだけでイイ!」
「もちろん誰にも言わないから」

床に額をゴリゴリしながら畳み掛けてみた。すると予想外の返事がきたんですw

「まぁ~ん~・・・でもな~・・・」

おいおい・・・マジで悩んでくれてる?これはもう少し押すべきじゃなかろうかw

「ガチで頼む!」渾身の気持ちを込めてお願いしてみた。すると・・・・

「でもさぁ~アンタの・・・デカいじゃん」

はぁ?大きさの問題なの??と拍子抜け。もう挿れる事はクリアできたのか。そう判断し、今度はサイズ問題を丁寧に力説していったwちょっと無理があったけどね、童貞だし。

「先っちょだけだし」
「亀頭って知ってると思うが握ると小さくなるじゃん?」
「だから亀頭だけなら痛くもないはず」
「亀頭だけだから!」

もう亀頭連発wするとどうやら納得してくれたようで「でもな~」「ああぁ~マジかぁ~」と悩んでる。そこで最後の手段に出てみた。これは最後の最後まで取っておいた秘密の手。

「恥ずかしいだろうし俺なんて見たくもないだろうからさ、真っ暗で布団かけて隠してもイイし!なんだったら四つん這いでもイイよ!」

どうせなら見たいじゃん?こんな可愛いJDのオッパイやオマンコ。でもそれを望んでいたらダメだと鬼の決断です。するとカスミが「それならまぁ~・・・」と認めてくれたw

「その代わりさ~・・・・」とカスミがニヤニヤしてきた。

「買って欲しいモノがあるんだけど」
「ちょっwww貢がせるつもりかよwww」
「違うってばw彼氏にお願いできないから!」
「へ?なにそれ」

というわけでドンキへ連れて行かれ、買わされたのは大人のオモチャ。しかも目的の物がなかったらしく、戻ってきてからはネットで2つほど注文させられた。まぁ合計で1万ちょいなのでヨシとしたw

ちょっとしたロータータイプのオモチャを布団の中で使うカスミ。もちろん部屋の電気は消してある。バイブ音の曇った音だけが聞こえてる。もうそれだけでチンコはギンギンでした。

濡れてないとダメだろうと思い、俺はローションを購入してきてた。なのに使わなくてもイイじゃんみたいなノリに。でも亀頭にローションを塗りたぐっておいたけどw

「ちょっとだけだからね」

許可が出た!ってことで、はやる気持ちを抑えつつ近寄った。布団をぺろりとめくり、スベスベした生足に触れた。するとビクンとするカスミ。その足を持って開き、間に入っていく。

ローションでヌルヌルの亀頭をオマンコ付近に密着させてみた。さすが童貞。やはり場所がズレてたw「そこじゃない」と軽く指摘され、カスミの腰が動いてくれた。

タイトルとURLをコピーしました