初エッチはスナックのお姉さん@5P

随分と昔の話なので、会話に関してはちょっと着色します。
いくらなんでもハッキリと一語一句記憶はしてないもので。
こんな感じだったんだなと思って読んで下されば幸いです。

親父が3才のマルチーズを連れてきたのは、小4の秋頃だった。
夜帰ってきた時いきなり連れてきて、「もらってきたぞ」としか聞いて無かった。
知り合いが借金で一戸建てを出る事になり、飼えなくなったってのが実のところ。
共働き&弟妹が幼かった関係で、学校後に散歩に行くのが俺の仕事になった。
しつけられてたせいか、言う事は聞くし吠えないしで、本当に可愛かった。

家を出てすぐの大通りをひたすら直進する。
30分ぐらい歩いて折り返してくるだけの散歩コース。
何となく学区外の方向へ歩いていたので、知り合いに会う事も無かった。
幼心にちょっとした冒険をしてた気分だった。

弟が「俺が行く!」と言っても、犬が行きたがらず俺を誘いに来る。
「中学に行ったらお前に頼むから」
そう言って俺が小6の頃も散歩を続けてた。
いつも15時~17時頃に家を出て、1時間ぐらい歩いてくる。
声を掛けてくる顔見知りが増え始め、ある日初めてあのお姉さんに出会った。

大通りにあるコンビニの前に差し掛かった時、声を掛けてきたのが加奈さんだった。
「あらぁ~可愛いぃ~~」
ちょっとポッチャリしてて愛想の良さそうなお姉さん。
「名前はぁ?」「何才?」犬に話し掛けてたけど、代わりに俺が答えてた。
「ヌイグルミみたぁ~い」
犬の脇の下に手を入れて、立たせるような姿勢で可愛がってた。
加奈さんの斜め前に立って見下ろしてたんだけど、否が応でもふくよかな胸が目に入る。
胸元がデロンと開いた、今で言うザックリとしたV字の胸元だったから、パーカーのジッパーで隠してたとは言え谷間が全開だった。
犬を可愛がる動きで、オッパイもブルンブルン揺れまくる。
犬を可愛がる加奈さんを横目に、俺はオッパイに釘付けだった。

それから数週間後、また加奈さんと遭遇した。
今度はコンビニへ行く途中だったようで、財布を手にブラブラ歩いてた。
俺達を見つけてすぐに声を掛けてきて、またしゃがんで犬を可愛がってた。
前回と同じようにパーカーを着てたけど、胸元は無防備にも全開のシャツ。
しかも今度は白いブラが見えちゃって、俺はチラ見どころの騒ぎじゃなかった。
そんな俺の視線に気が付いた加奈さんは「やだぁ~どこ見てんのぉ?」と少し睨む様な顔をして俺を見上げてきた。
返事に困った俺を見て「うっそぉー!見たいと年頃だもんねぇ~w」と笑ってた。
それでも俺は何も言えずにいると、「チーちゃんも見たい?お姉さんのオッパイ見たい?」なんて笑いながら犬に話し掛けてた。

「いつもこのぐらいの時間に散歩してんの?」
「学校終わってから来るから・・・」
「公園で遊ばせたりしないの?」
「はい、いつも歩いてるだけで」
「放したらどっか行っちゃう?」
「行かないと思うけど」
「じゃ~そこの公園に行こうよ」
「え、あ、はい」

半ば強引にコンビニの斜め裏にある小さな公園に連れて行かれた。
ボールや遊び道具を持って無かったから、ただ俺と加奈さんが離れて呼ぶだけ。
それだけでも犬は楽しかったようで、それ以上に加奈さんも楽しそうだった。
帰り間際に「明日は何時頃来るの?」と聞かれ、多分・・・と答えておいた。

次の日も加奈さんに会い、その次の日も会った。
「月~木は16時頃ここの公園にいるから」
加奈さんは俺達が来るのをいつも待ってた。
「用事があったら無理して来なくてイイんだからね」
そう言われたが、俺はほぼ毎日見る事が出来た胸のチラ見がしたくて、約束通り行ってた。
ある日から加奈さんが犬のオモチャを持ってて、それで遊ぶようにもなってた。

加奈さんは27才で隣の市にあるスナックで働いてると言ってた。
ちょうどこの時間が出勤前なんだとか。
ちょっとポッチャリ系だったけど、顔は普通に可愛らしい感じ。
あの頃の俺からしたら、同級生のお母さんよりちょっと若いっていう印象だった。
性に目覚め始めた頃だったので、あの谷間は想像力を激しくかき立ててくれたw
毎日のように会ってると、加奈さんは仕事の話を愚痴るようになった。
「あんなハゲ親父誰が相手にするかってーの!」
体をネトネト触られ、でも常連だから怒るに怒れない。
小学生に俺にそんな事いわれても、どうも返事する事は出来なかった。
だからいつも聞き役。
加奈さんも「聞いてくれてありがとね」っていつも言ってた。

少し暑くなってきたある日、いつものように加奈さんと公園で遊んだ。
「暑いわねぇ~」
ベンチに座った加奈さんがパーカーを脱ぐと、その胸に俺は目が吸い寄せられた。
胸を横切るように文字が書かれた白いTシャツだったが、ぼんやりと乳輪が透けて見えてた。
母親と妹以外の女性で透け乳輪なんて見たのは生まれて初めて。
少し黒っぽく見えたが、目が釘付けになった。
それと同時にチンポが痛いほど勃起していくのが分かった。
隠そうと腰を引いたり角度を変えたりしてたが、思いっ切りバレてたみたい。

タイトルとURLをコピーしました