出会い系でGカップパート②

出会い系だから仕方ないと思い、楽しくスロットを打った。
結局、二人で3万の勝ちで閉店。
その勝ち分で、近くの居酒屋に行った。
スロットの話で盛り上がり、気が付くと終電も無い時間。
タクシーでスグの距離だったので、俺はタクシーに乗る予定だった。
彼女は俺よりちょっと離れた田舎町。

『どうせ勝ったし、タクシーで周っていくよ!』

二人で乗り込み、絶え間ないスロット話に花を咲かせていた。

『エイジ君て珍しいよね』

『何が??』

「だって普通だったら、タクシーで送るよりホテルとか誘うじゃん』

いやいや…
別に好みじゃないだけだし。

『ま~そんなガッツくほど若くないしね』笑いながら答えた。

つうかそれって誘ってほしいって言ってるんじゃ?
そう思ったが、俺は知らん顔でスロット話をした。
彼女の家が近くなり、また打ちに行こうぜと約束。

俺はそのまま家に向かった。

その日から毎日のようにメールがあった。
スロットを打った日は、電話とかもした。
そしてまた一緒に打ちに行く。

その日は俺が負けて、彼女が勝った。
悔しいがそんな日もある。

『今日はアタシが奢るから飲みに行こうよ』

イイ~ヤツじゃん。
俺達はまた同じ居酒屋に行った。
明日が休みという事もあり、俺は結構飲んだ。
2回目と言う事もあり、お互いに慣れ始めていた。

『最近彼氏はいないの?』

『う~ん…彼氏は3年くらいいないかも』

『ん?彼氏は?って事は、セフレとかいるのか?』笑いながら聞いた。

『なんかそんな感じになっちゃってた人がいたけど、今はいないよ~』

いたんかい!
セフレだったんかい!

続く

タイトルとURLをコピーしました