萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 出会い系体験談
  2. 16 view

出会い系サイトで知り合った女子大生③

こうなったらオルガスターしかない。
スイッチを入れすに、溢れた汁を塗りたぐって入れてみた。
オルガスターって先っぽがちょっとデカいですよね。
頭さえ入ればすんなりですから、ちょっと強引に頭を捻じ込んでみました。
ググググ・・・ニュルン!
力を入れ過ぎたのか、一気に半分以上入ってしまいました。

根元まで入れて布団を全部横にどけてみました。
入れたままおっぱいを揉んだり乳首をクリクリやってみたり。
するとやっと反応がありました。

眉間に少しシワを寄せて、モジモジし始めたんです。
もしかしてオッパイが弱いのか?!
今度はオッパイを中心に攻めてみました。
乳首を舌でペロペロすると、やっぱり「んっ・・」と眉間にシワが寄る。
ちょっと強め愛撫の方が感じるらしく、乳首を噛むと口が「あっ・・」となる。

面白くなってきてオルガスターのスイッチを入れてみた。
するとさっきとは違って、腰がクネクネし出して吐息交じりで喘いできた。
M子の手をオルガスターに持っていくと、彼女はちゃんと自分で持ち
オナニーしているようにゆっくり動かしてる。
その間、僕はオッパイをずっと攻めてました。

そろそろ起きてるかと思ったが、全然目を開けようともしない。
なのにオルガスターだけはガッチリ握ってる。
僕はM子のオナニーをちょっと傍観してました。

Tシャツを捲り上げてオッパイ丸出し、しかもオルガスターでオナニー。
息子も最高潮でした。
我慢できなくなって全裸になり、勃起した息子をM子の口の上に乗せてみた。
するとM子は舌を出して、亀頭の裏をチロチロ舐め始めたんです。
微妙に腰を動かして口の上をスライドさせながら、オッパイを揉んだりしてました。

M子はチロチロ舌を出しながら舐めるのですが、途中寝てしまうらしく動きが止まるんです。
だから強引に口の中に亀頭を突っ込もうとすると、また舌を出して舐めるの繰り返し。
舌を出して舐める時は、オルガスターも動かしているんです。

これは・・・想像以上に変態な女を見付けたのかも?!

興奮しまくりでした。
カウパーも出まくりでしたし、それをM子の舌に擦りつけたり。

さすがに我慢も限界だったので、無断で入れる事にしました。
オルガスターをゆっくり抜くと、アソコはベチョベチョです。
オルガスターの根元にも白濁した液体が付着していました。

亀頭をアソコにズリズリ擦りつけて、亀頭を汁まみれにしました。
そしてそのまま亀頭だけ入れてみたんです。
指を入れて分かっていましたが、入口だけではなく、中もマジで調子いいアソコでした。
亀頭だけ出し入れすると、クチュックチュッと音が鳴ります。
マジで具合の良いアソコなんで、亀頭だけでヤバいぐらい気持ちがイイ。
ただムカつくのは、M子が無反応だった事。

もう起きてもイイや!と思って、息子を根元まで入れました。
そして普通に腰を動かし始めました。
ガッツンガッツン腰を動かしていたら、急にM子が喘ぎだしたんです。
しかも僕の首に腕を絡ませてきて。

ゲロの件を忘れて、思わずM子にキスしてしまいました。
するとM子は激しく舌を絡ませてきます。
ここまでしているのに、まだちゃんと起きていないみたいです。
多分、半分寝ていて半分起きている状態かなと。

狭い空間でヤリ始めたんで、終始正常位だけに徹しました。
もう今までエッチしてきた女の子の中では、ダントツに具合の良いアソコ。
奥に入れたままにしておくと、中がキューッと締まったり緩んだりを繰り返すんです。
人生で初めて早漏になりました。
10分ももちませんでしたから。

生で入れてましたが、さすがに中出しはヤバいかなと。
なのでしっかりお腹に自分でシゴいて出しました。

精子を綺麗に拭き取り、パンツを穿かせてTシャツを戻してあげました。
息子が汁でベチョベチョだったから、シャワーで息子だけ洗いました。
根元がネチョネチョになっているぐらい、すっごい濡れていました。

タバコを吸ったりコーヒーを飲んだりしましたが、結局そこで寄り添って寝ました。
横に寝ると、M子が抱き付いてきてたんで、相当寂しかったのかもしれませんね。
気が付いたら9時過ぎまで二人とも爆睡してました。

つづく

出会い系体験談の最近記事

  1. デカチンを出会い系でアピールしてギャルGET@2P

  2. 弱み握られ熟女の性欲処理相手に@2P

  3. 友達の妹が性欲の塊でヤバ過ぎ@3P

  4. 出会い系で20歳の女子大生と

  5. 出会い系でフェラ好きな女に出会った@2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。