団地人妻体験談①

今年の3月まで、ある団地に住んでいました。
初めは姉といっしょだったのですが、3年4年は1人暮らしでした。

エレベーターもない少し古い団地だったのですが、
住み心地は結構良かったです。
近所の団地の1Fには商店街のようなモノもありましたし。
何より私にとっては、性欲を満足させてくれる人妻さんもいましたし。

私は4Fに住んでいました。
階段を挟んで1世帯あり、そこには30代の夫婦が住んでいました。
姉がいたころからよく料理の残りを頂いていました。
旦那さんの帰りが遅い時は、3人で夕飯も食べていたぐらいです。

姉が引っ越してしまってからも、何かと持ってきてくれていました。
私からするとだいぶ年上の人妻さんですから、
思うほど性的対象にはしていませんでした。

ある日私が大学から帰ってくると、奥さんが買い物をしていました。

『あら、ユウ君、今帰り?』

『あ・・・どうも。木村さん。』

木村さんはタイトなデニムを穿いていて、上には腰まであるざっくりしたニット。
まだ子供がいないせいか、20代後半でも十分通じる感じです。

『今日は1人でご飯食べるの?』

『そうっすね。弁当でも買って帰ろうかな』

『じゃ~一緒に食べる?ウチの人遅いから』

『悪いっすよ。いつもいつも』

『イイのイイの。どうせ作るんだし、何かリクエストある?』

『えぇ~っと・・・じゃ、キムチ鍋(笑)』

『もしかして昨日のTV見てたでしょ~(笑)』

木村さんもキムチ鍋を特集していた番組を見ていたらしく
食べたかったと言っていた。

『やっぱりキムチ鍋といったらビールですかね?』

私はビールとサワーを数本買いました。
そして出来上がるのを家で待っていました。
鍋をそのまま持ってくるというので、少し掃除をしてシャワーを浴びる。
1人暮らしなので、やっぱりエロDVDとかあるじゃないですか。
それを棚に戻して、一応片付けて待っていました。

19時を少しまわった頃、木村さんが鍋を手にやってきました。
着替えた木村さんは、デニムにロンT姿。

『凄いっすねぇ~!マジで美味そう』

キムチのモトを入れただけの鍋ではなく、コチジャンなどを使ったらしい。
本当に美味しくて、ビックリしたのを覚えています。
お米は炊いてあったので、私はガッツリ食べました。
そして二人であっという間に、ビール・サワーを3本ずつ飲んでしまいました。

『じゃ~お礼にシャンパンを・・・』

私は冷蔵庫からシャンパンを出しました。

『どうしたの?っていうか、今飲んでイイの?』

『イイ~んすよ。もう飲む予定なくなったんで・・』

実は、1ヶ月ほど前に、私は彼女にフラれた直後だったんです。
別れた原因は、彼女の浮気。
発覚は友人の目撃でした。
問い詰めるとアッサリ認めて、アナタとは別れたいと。
そんな彼女の誕生日に飲む予定だったシャンパンです。

そんな経緯を木村さんに話しながら、シャンパンを開けました。

『今日は呑もう!彼女の事なんて忘れて飲もう!』

私を元気付けようとしてか、木村さんはやけに明るく振舞ってくれました。
酔いがまわっていくにつれ、話題は恋愛話へ。

つづく。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ