母乳出まくりセフレ若妻@4P

結菜は取引相手の工場で働いてる時に出会った。
ある物を俺が週1で持って行き、それをチェックする仕事の結菜。
自然と会話するようになり、彼氏相談なんかもされるようになってた。
その頃の結菜は高校卒業したての18歳。
ちなみに俺は既に36歳w
このぐらいの歳の差なので、どうせ相手にはされないだろうなって思ってた。
だからそこまで気を使わずに接してたし、相談にもズバズバ本音で答えてた。

彼氏は中学生の同級生らしく、その彼氏一筋だとか言ってた。
見た目はちょっとギャルっぽかったが、浮気もせず経験人数は彼氏ただ一人。
地元でしょっちゅう会ってたから、浮気する隙もなかったみたいだけど。

俺から見ると結菜は普通に可愛い。
「普段はもっと盛る!」という付けまつ毛。
その力で目はパッチリ大きく、少しタレ目気味なのがまたイイ。
160cmないほどの身長で、太ってはいないが痩せてもいない体型。
工場の制服着てたからそれ以上のスタイルは分からなかった。

「彼氏が同棲しようって言い出してね~」
唐突にそんな事を言い出し、どうしようか迷っていると言ってた。
「好きならイイんじゃない?」
もう二人とも社会人だし、結婚する気なら問題ないでしょって思った。
だけど結菜がいうには、やっぱり経済的な問題が大きいという。
解体業みたいな仕事してる彼氏の給料だけじゃ結婚したら大変なのは確実。
だから共働きは必須になるので、その前に貯金した方がイイ気がするって。
結構現実的に考えてんだな~とちょっと見直した。

しかも迷ってる理由はそれだけじゃない。
彼氏の実家には弟と妹がいる。
結菜の実家には母親が常にいる。
だからぶっちゃけセックスする場所がない。
働き出してからはラブホを使うようになったが、そのお金もバカにならない。
その結果、半分以上はカーセックスばかり。

彼氏は早漏なので、ぶっちゃけフェラだけでも射精する。
なのでカーセックスというかカーフェラチオw
それに結菜は不満タラタラなので、だったら同棲しようぜ!という彼氏。
セックスの為に同棲するみたいでなんか嫌だと結菜は言ってた。

普段はそういう下ネタは喋らない子だったのでちょっと意外だった。
会っても週1回だからなのか、会うとずっと喋りっぱなし。
全部が彼氏への不満ばかりだった。
だから美味しい物でも食べてストレス発散するか!って誘ってみた。
結菜はその誘いに喜んでくれて、それから俺が工場へ行った日の夜はメシ食いに行くみたいな恒例になっていった。

初めてメシに行った日、駅で初めて私服姿の結菜を見た。
デニムのミニスカートに胸元がちょっと緩いTシャツ。
「実は巨乳ちゃんだったんだなw」
思わずそう言っちゃった俺は、結菜に胸を殴られたw
「普通そういう事言う?」って。
作業着みたいな制服姿からは想像できない巨乳。

初めのうちはノンアルコールだったが、次第に少しだけ飲むようになっていった。
飲むと言ってもサワー2~3杯程度。
結菜は酒が入ると小さな子供みたいな性格になる。
イタズラはするし、すぐ不貞腐れたような顔もする。
でもそれは別に嫌な態度じゃなくて、年上の俺に甘えてるような感じがしてた。

酒が入ると結菜は思いっ切り下ネタの相談をしてくるようになってた。
彼氏以外の男を知らないから、何が普通で何が変なのかよく分かってない。
「クンニは毎回するだろw」
そういう俺にビックリしてた。
要するに彼氏は自分にとって都合の良いセックスしかしてないってわけ。
たっぷりフェラさせるくせに、自分は手抜きの前戯しかしない。
「挿れたら5分ぐらい」が結菜にとっては普通のセックス。
俺が「前戯もあわせたら1時間以上はするだろ」って言った事にも驚いてた。

次第に俺へのスキンシップも多くなり、帰りの電車だと俺にピタッと密着してくる。
傍から見たら付き合ってると思えるぐらいの密着。
「これはもしかして・・・」と俺も思うようになっていった。
だからメシに行くようになって3ヶ月ほどした頃、店を出て結菜がフラついてた瞬間に手を繋いでみたら、そのまま駅までずっと俺の手を握ってた。
なので駅ビルのちょっとしたスペースで腰を抱き寄せてキス。
結菜は「んぅぅ~~w」と笑ってたが、舌を入れたらちゃんと絡め返してくれた。

「キスは浮気じゃないからな。外人なんて挨拶でしてるし」
そんな言い訳をしつつ、会うたび毎回濃厚なキスをするようになった。
結菜本人もキスが好きで、でも彼氏はそんなにしてくれない。
だから俺とのキスは嬉しいらしく、時には結菜の方からキスを求めてくるまでに。
そうなってくるといつその先に踏み込むか。
仕事で週1回は会う間柄なので、下手な事はしたくない。
どうすっかなぁ~と迷っていると絶好のチャンスが到来した。

普段は会わない曜日の夜、LINEで「どっか連れて行って」というメッセージが。
19時過ぎだったと思うが、まだ俺は仕事中だった。
結菜も外にいて、会社近くの駅まで行くという。
20時過ぎに合流すると結菜はプンプン怒ってた。
彼氏が昨晩2時過ぎに帰宅したらしいが、実は合コンだったらしい。
しかも女の子を持ち帰りしたらしく、その子から「また会いたいな」みたいなLINEを結菜が発見したとか。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ