彼女の母親がセフレだった@3P

28歳の時、19歳の女子大生と付き合ってた。
仕事絡みで知り合って、嘘みたいだけど彼女の方から告白されて付き合った。
小柄な黒髪の子で、どう見ても真面目そうに見える子。
ちょっと小動物っぽくて普通よりは可愛いかなってぐらい。
いまだになぜ俺の事が好きだったのかよく分からない。
同年代の男達がウジャウジャいたと思うしね。

付き合い始めてからセックスをした。
小柄で華奢なカラダに貧乳というロリロリな体型。
貧乳と付き合った経験が無かった俺は、胸をどう愛撫して良いのか悩んだ。
でも彼女はそんな俺とは正反対で、回数を重ねる毎に本領を発揮していった。
俺より前に二人と1年や数ヶ月だけ付き合ったって聞いてたけど、セックスに関して言えばそんなレベルじゃなかった。

見た目から想像できないエロいフェラもするし、これがまた上手かった。
ちょっとSっ気があったからなのか、しゃぶりながら「気持ちイイ?」「どう舐められたい?」とか普通に聞いてくる。
上に跨ると卑猥な腰振りも見せてもくれる。
「お口に出したいの?」なんて絶対見た目にはそぐわない言葉もいう子。

会うたびにセックスをするのが当たり前で、しかも彼女の方から誘ってくる。
一人暮らしの部屋に遊びに来ると、勝手にチンコ触ってきたりね。
社会人の俺は次の日の事が頭にあったが、彼女はそんなもんお構いなし。
平日でも泊まってはセックスを誘ってくる、いわゆる淫乱な子だった。

付き合いだして5ヶ月ぐらいしたある日、突発的に彼女宅へ訪問する事になった。
そこで初めてお母さんに会い、ちゃんとご挨拶もした。
実は彼女のお父さんは彼女が高校生の頃に病気で亡くなってる。
だからいわゆる未亡人というやつ。

お母さんが玄関で迎え入れてくれた時、ちょっと驚いたというか目を疑った。
「お母さん可愛いよぉ~w」と彼女から聞いていたが、正直「はいはい」って思ってたわけですよ、当然ね。
だけど実際に見たらマジで可愛いw
39才と聞いてたが、とてもそんな年齢には見えなかった。
職場にいる20代後半の派遣さんと同じレベル。
しかも超可愛い。

AV女優で例えるのもあれですが、すっごい似てる人いるんです。
水樹りさっていう子。
もうちょっと老けてたけど、彼女見た時お母さんがデビューしたのかって思ったw
そりゃ自慢のお母さんだわなぁ~って納得だった。

管理人より
水樹りさブログ:水樹りさの業務報告(*^-‘)b

用事が終わって3人で夕飯食べた。
そこで俺とお母さんはお酒を飲んだのでかなり距離が縮まっていった。
彼女も「なんか2人が付き合ってるみたぁ~いw」っていうぐらい。
お母さんも「それも悪くないかもねぇ~w」ってのってくるし。

普段彼女がいないとお母さんは1人で食事をするらしい。
だから月に1回ぐらいは3人で食事をするようになっていった。
実は俺が会いたかったってのもあったしw
彼女はセックスしたいからだと思うがちょっと不満そうだった。

ちょっと面倒なのでお母さんの名前を「リサ」さんにしておきますね。

リサさんと親密な関係に発展したのは、初めて会ってから2ヶ月ぐらい後。
その日は3人で外食してた。
珍しく彼女も酒をガブガブ飲み、帰る頃には1人じゃ歩けないほど酔ってた。
後々言われたんだが、いつも2人が楽しそうにしてるから飲んだんだって。

タクって彼女宅へ向かい、彼女を部屋まで運んだ。
そこでちょっと手マンとか乳首舐めとかしたが、彼女はほぼ無反応だった。
なので早々に帰ろうかと思いきや、リサさんが飲もうって誘ってくれた。
いつも思ってたけど、酔ってるリサさんは色気が倍増する。
わざとなのか知らんが、上目遣いとか超ヤバい。
その時も頬杖ついて「ん~」とか言ってる姿は可愛いしエロいしで困った。
しかもその日は胸元がちょっと開いた服着てたから余計。

彼女は父親の方に似たらしい。
リサさんは彼女とは比較にならないほど胸がデカい。
出産も関係してるのかもしれないが、痩せてるのにFカップもある。
なので胸元が開いた服だと谷間がチラチラと見えちゃうわけ。
酔ってるからいつもよりも無防備になり、ちょっと目のやり場に困るほど。

やっぱりこうして食事してお酒飲むって楽しいわよねって話から、そろそろ再婚考えてもイイんじゃないですか?って話になった。
「こんなおばさんじゃ誰も貰ってくれないわよw」とリサさんは言う。
「それは絶対ないですよ!俺の友達と合コンしたら絶対群がりますよw」
「ないないw」
「いやいやマジで!絶対モテますってw」

リサさんはテレフォンレディーをやってる。
だから職場には女性ばかりで、男性社員は50を越えたオッチャンばかり。
そんなオッチャン達はもっと若くて独身の女性社員を狙う。
というわけでリサさんは全然モテないって話だった。

「ぶっちゃけマナちゃんと付き合ってなかったら俺お母さんにいきますよw」
「またまたぁ~wでも嬉しいわw」
「絶対再婚なんて余裕っすよ」
本当に思ってる事だったから、ガンガン褒めまくってた。
酒のチカラもあったんだと思う。
リサさんも満更じゃない感じだった。
旦那さんが亡くなってからずっと子供の為に仕事と子育てに没頭してたわけで。
ふとどこかの線がプチっと切れたんじゃないかなと。

コタツで向かい合ってた俺達は数秒間無言で見つめ合ってた。
引き込まれるぅ~~って感じで俺が腰を浮かせて顔を近づけると、リサさんも腰を浮かせて顔を寄せてくれた。
そしてそのままキス。
チュッとキスをするともう止まらなかった。
俺以上にリサさんの方が爆走しちゃった感じ。

1Page 2Page 3Page

Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ