夢のような熟女人妻との乱交@5P

大学時代からハマった麻雀。
社会人になってもやっぱりヤメられなかった。
金曜の夜から日曜の夜中まで、自宅と雀荘を行ったり来たり。
そこで50代のジゲさんというオッチャンと仲良くなった。

シゲさんは気前が良くて麻雀は下手クソ。
かなりお金持ちみたいで、いつもメシをゴチってくれたりしてくれた。
なぜだか俺が異様に気に入られてた。

シゲさんと麻雀をするようになって1年ぐらいした頃。
「お前って熟女嫌いか?」と尋ねてきた。
同じ卓で打ってたオヤジどもは「熟女イイよなぁ~」とニヤニヤしてた。
「熟女ってどのくらい?40代が限界じゃないっすかね」
23歳だった俺はそう答えた。

すると「今度40代の熟女と遊ばね~か」と誘われた。
何のメリットも感じなかった俺に、シゲさんは強烈な言葉を並べてきた。
「金持ちで美人で毎日ヤリたがるチンポ好きな淫乱女」だとか。
そんな事言われたらどんな女か会ってみたくなる。
平日は無理だからというと、来週の土曜飲みに行こうと言われた。

約束の土曜日、雀荘で待ち合わせて20時に約束の店へ連れて行かれた。
シゲさん馴染みの店らしく、馴れた感じで奥の座敷に案内された。
「よぉ~!若いの連れてきたぜぇ~」
襖を開けるなりそういうシゲさんの後ろから顔を出すと、おやおや…と感心するほどの美人な女性が2人座ってた。

瞬間的にシゲさんに騙された!って思った。
だって超ドスケベ熟女って言われて興味津々で来たのに、座ってる女性達は品が良くて綺麗な美魔女だったから。
確かにお金持ってそうな服装だったが、想像とはまるで違う人種だった。

ショートカットが似合うマナミさんは41歳。
子供が2人いて黙ってると話しかけ難い雰囲気のクールビューティー。
綺麗な長い髪のユリさんは43歳。
子供は1人で目がパッチリと大きくて可愛らしさが残る大人の美人。
どう見てもどう考えてもシゲさんが言ってた女性達には見えなかった。
でもそれは間違いだった。

先に飲み始めてた熟女達は少し酔ってた。
乾杯してからすぐにシゲさんが驚く内容の質問を2人にし出して驚いた。
「今週旦那とやったか?」
さも当たり前のような、元気だった?という感じの口調。
俺は2人の熟女が怒ると思った。
でも2人は笑いながら「してないわよぉ~w」と答える。
「チンポ大好きなのになw」すかさずシゲさんが卑猥な事を口にしてた。
「んもぉ~やめてよぉ~」2人は俺を見ながら笑ってた。

マナミさんの旦那は年上で50代。
ほとんどセックスレスで、したとしてもすぐ中折れするらしい。
ユリさんの旦那は同じ年齢だからか、今でも週に1回は求めてくる。
でも超がつくほどの早漏なので、挿れたらあっという間に終了。
そんな性生活を「困っちゃうわよねぇ~」とニコヤカに喋ってる熟女。
見た目に圧倒されてた俺は、会話でも圧倒されちゃってた。

そこで3時間、美味しい料理とお酒をご馳走になった。
全てシゲさんの奢りらしい。
帰る時、靴を履いたりしてる仕草に俺はムラムラしまくり。
形の良い艶かしいお尻を俺に見せつけるような姿勢をする熟女達。
それをシゲさんが笑いながら指差して、触れ触れとそそのかしてくる。
さすがに触れなかったが、クネるお尻に少し勃起したw

店を出ると俺は雀荘へ。
シゲさんは酔ったから帰ると言って熟女達と消えていった。
そして月曜日のお昼休み、シゲさんから電話がかかってきた。
「二人ともお前の事気に入ったみたいでさ」
熟女とはいえあんな美人に気に入られて悪い気はしない。
また今度どう?と誘われ、また土曜の夜に会う約束になった。
夜と言っても今度は17時半待ち合わせ。

急遽土曜日に仕事が入った俺は、慌てて仕事を終わらせて前回の店へ向かった。
20分ほど遅れて行くと、既に3人は飲み始めてた。
もう既に3人は前回と同じようにエロトーク真っ盛り。
俺が到着するとターゲットが俺になり、過去の女とのセックス話の質問攻めに。
さほど経験が無い俺は、ありきたりの経験談を喋った。
それに飽きたのかシゲさんは、熟女達の淫乱過ぎる話を口にし出した。

まずマナミさん。
自他共認めるフェラ好きらしい。
しゃぶってるだけで感情が昂ぶり過ぎちゃって、アソコはトロトロに濡れる。
だから前戯なんていらなくて、しかもその方が逆に興奮するとか。
ただし難点もあって、フェラ好きだから歴代の男達はフェラだけで撃沈する。
なのでいつもマナミさんだけが欲求不満に陥るジレンマ。

次にユリさん。
自分じゃ分からないらしいが、驚きのミミズ千匹という名器の持ち主。
膣の中にヒダヒダがたくさんあり、歴代の男達は10分も耐え切れなかったとか。
超早漏の旦那は1分も腰を振れずに撃沈する。
なのでこれまた欲求不満ばかりなんだとか。

2人して欲求不満という言葉を躊躇せず口にしてた。
それだけでも驚いてたが、度肝を抜かれたのはシゲさんだった。

「だから俺が満足させてやってるだろ!普通はあれで満足するぞ」
えっ?何言っちゃってんの?!と関係ない俺が焦った。
俺が?シゲさんが?2人を満足?何言っちゃってんの?
熟女達とシゲさんを交互に見る俺に、熟女達はクスクス笑ってた。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ