パートの人妻がミミズ千匹だった@3P

親戚に頼まれて数カ月間だけスーパーのバイトをした事があった。
内定も決まって暇だったのと、破格の時給に釣られたってのがホンネ。
しかも付き合ってた彼女とも別れてたし、新しい出会いでもあるかなって期待もあった。
だけど行ってみたら1番近い人で29才って言うオチ。
バイトっていうかパート?のオバチャンばかりでガッカリだった。

しばらくしてヤケに気になる奥さん(仁美)を見つけた。
見た目は30そこそこに見えたが、実は40手前の熟女さん。
どう見ても美人じゃないが、みょ~~に色気ムンムンな人妻さんだった。
喋り方から仕草態度に色気が出まくりで、でもワザとしてるようにも見えない。
ちょこちょこ喋る機会があったからその色気が気になり出し、気が付けば目で追っちゃうような存在になってた。
でもマジで美人じゃなかったし、どっちかと言えば可愛くない系w
俺も他人の事をとやかく言えるレベルじゃないんだけどね。

夏休み前だったから7月だったかな。
旅行の話をしてて、仁美さんがお留守番するって話を聞いた。
簡単にまとめちゃうと、旦那の実家には行きたくないって内容。
旦那がマザコンらしくて、行けば毎回イライラ&疲労困憊になるらしい。
「お婆ちゃんの所にも行かなきゃだから」ってもっともらしい口実で逃げるらしい。
子供が2人もいて日々忙しいと、旦那なんて2の次になるとか笑ってたのが印象に残ってる。

それからしばらくして夏休みになり、「やっと今日から一週間自由になれる!!」って休憩室で喋ってるのを聞いた。
「じゃ~呑みに行く?」「行く行く!カラオケもね」なんて人妻軍団が楽しそうにしてた。
もちろん俺はその会話に参加してなかった。
でも「近藤くんもどう?」って不意に誘われて焦ったが行く事にした。
オバチャン達には興味無かったが、仁美さんに興味があったから。

駅前の居酒屋で呑み、その後近くのカラオケに行った。
酔っ払って無防備になってた仁美さんは、いつも以上に色気がムンムンだった。
男を誘うような目つきや仕草がエロ過ぎる。
「でね?でね?」って言いながら俺の腕をスリスリ触ってきたり、なぜかいきなり上目遣いになってきたり、鼻にかかった声を出しちゃったりもしてたし。

全員人妻軍団だったので、22時過ぎにはお開きになった。
駅に停めてたチャリで帰る人妻軍団を見送り、俺は1人で駅構内を歩いてた。
ホームへの階段を降りてる時に突然肩を叩かれ、振り向くとなぜか仁美さんが笑顔でいた。
「あれ?どうしたんすか?」
「まだ呑み足りなくない?」
「えぇ~まぁ~・・えっ?なんでここに?」
「帰ったフリして追い掛けてきたのよw」
驚く俺を見て楽しむ様な態度だった。
誰かに目撃されたくないという事で、俺の地元へ行って呑む事になった。
まぁ4つ隣の駅なんですけどね。

一緒に並んで電車に乗ってる時、なんで俺なんだろうって不思議だった。
そこまで好かれてる印象は無かったし、俺もモーションかけた事すら無い。
ただ暇だったから選ばれただけかもなって最終的には思えてきてた。
だから年上の友達って感覚で呑み始めた。

仁美さんの方から「そういえば彼女は?」みたいな話を振ってきた。
それで仁美さん夫婦がもう仮面夫婦になってる事を知った。
下の子を妊娠してから1回もセックスしてないみたい。
今では子供たちと一緒に寝てて、旦那さんは他の部屋で寝てるらしい。
「女の人って30代から性欲が増すんでしょ?大丈夫?ww」
「大丈夫に決まってるでしょw」
「それってオナニーしてるからって意味で?!w」
「しないわよww」
「じゃ~確実に欲求不満じゃないっすか」
「それはそうかもしれないけど、子供といると感じなくなるわよ」
「不感症に?」
「じゃなくてwそういう気にならないって意味w」

「でも男って悲しいっすよねぇ~」
「なんでよ」
「だってどんどん勃たなくなっていくでしょ?女の人は性欲が増すくせにw」
「あぁ~でもテクニックが磨かれていくんじゃない?」
「そうかもしれないけど、やっぱり中高生ぐらいの性欲があれば・・・ねぇ?w」
「それはそれで元気良過ぎかもw」
「だったら俺ぐらいがちょうどイイかも?!」
「ちょうどイイってどのくらいよw」
「毎日コクぐらいのレベルw」
「毎日してるの?若いなぁ~~」
「元カノとは会えば2~3回はしてましたけどね」

こんな会話から一気にエロい会話がヒートアップしていった。
仁美さんはやたらと感じやすいらしく、乳首だけでスイッチが入るらしい。
ただ旦那も含めて今まで付き合ってきた男達全員が早漏で、1番長持ちした人でさえ入れてから10分もたなかったとか言ってた。
騎乗位で動くと男が我慢できなくなってすぐに終わっちゃうとか。
「俺なら1時間はできる」「みんなそう言ってた」「元カノに早くイッテって言われてた」「なら試してみる?」「またまたぁ~w」
こんな感じになっててちょっとドキドキだった。

1Page 2Page 3Page

Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. あああ より:

    いいな

  2. 通りすがりの御面ライダー より:

    5歳年上の主婦A美さん。
    細身の42kg、
    ミニラの143cm。
    数の子天井、
    オッパイは
    デカくてブラは83cm、Fカップ。
    全身舐めると、「ああん、いい、いっくう」
    フェラも上手に舌巻き付ける。

    パイズリ、スマタ。
    「どこで知ったの?」
    「内緒。」
    そこがミステリアス。

    転勤までの5ヶ月。
    甘い性活でした。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ