上司の奥さんと事務所でセックス@4P

初めての投稿なので、読み難い箇所があったらゴメンなさい。
細かい事は気にせず読んでもらえたら嬉しいです。
まずは簡単な状況の解説からします。

26才の時、会社が倒産していきなり無職になりました。
真面目に働いてたお陰で、一応は声が掛りました。
でもそれは来年度からという話。
無職のままじゃヤバいなと思い、土建屋で働く事になった。
面接に行った日、今年だけになるとちゃんと説明しておきました。
それを知った上で雇ってくれたくせに、嫌がらせをかなり受けてた。

1番最悪だったのが社長の息子。
40代で仕事盛りのくせに、社長の目を盗んでは遊び呆けてるバカ。
いつも「俺は学がねーからよぉー」とか言って絡んでくるし、「どうせウチは繋ぎなんだろ?」とネチネチ言ってきてた。
少しだけの辛抱だと思って我慢する日々。
俺はほとんど現場には行かず、事務所で経理やその他の雑用をしてた。
社長に言われたからやってたわけで、好きでやってたわけでもない。
これがまた息子の怒りを買う事になってて、イビリは毎日のようにあった。

事務所には男は俺だけ。
50代のオバチャン2人と、時々やってくる息子の奥さん。
この奥さんがそれはもう驚くほどの美人なんです。
32才でしたが20代後半にしか見えないし、キリッとした顔立ちでとにかく美人。
しかも俺に気を使ってくれてたので、それだけが救いだった。

いつからなのか分からないけど、記憶にあるのは働き出してから2ヵ月ぐらいした頃。
「ちょっと来てくれる?」と言われ、PC操作を教えた事がありました。
奥さんを立たせて俺が椅子に座り、PCを操作しながら解説してたんです。
「へぇ~~すごぉ~い」と奥さんは俺の肩に手を置いて覗き込んでた。
細かい説明をすると、顔の横に顔があるぐらい接近してくる。
そんで肩に奥さんの胸がバッチリ当たってた。
当たってるよ・・・とドキドキし、なんとか誤魔化そうと必死に説明してた。
わざとなのか?と思ったが、奥さんは真面目に説明を聞いてた。

ホホとホホがくっつきそうな距離。
そしてボイン・・ボイン・・と肩に胸が密着。
その日初めて奥さんを女として意識し始めた。
これが記憶にある初めての「俺の事好きなの?」という記憶です。

改めて接していると、奥さんは俺にかなり優しかった。
スキンシップも多いし、接近してくる事も多かった。
だからちょっと勘違いしそうになったが、「ダメダメ」と言い聞かせておいた。
そんな我慢してた俺に限界を感じさせる事が起きました。
強風と雨で大騒ぎになったある日、事務所には俺と奥さんだけ。
2人の熟女は子供の事があるので、早々に帰宅してたんです。
俺はどうせ自宅だし、急いで帰る必要すら無い。
奥さんは現場から皆が戻ってくるまで待機してなきゃいけなかった。

安っぽい応接セットのソファーに向き合うように座り、ニュースを見てました。
「現場大丈夫ですかねぇ」
「雨水が凄くて大変なんだってぇ」
「この雨じゃ止めれないんじゃないっすか?」
「どうなんだろ、応急処置して戻るって言ってたよ」
他愛も無い会話をしてました。

事務所はプレハブ小屋なので、雨風の音が凄まじかった。
バラバラバラッ!と四方八方で鳴りまくるし、ゴーゴー風の音も聞こえてる。
雷の音も聞こえ始め、外は15時過ぎなのに真っ暗になってた。
早く戻ってこねーかなとウンザリしてると、雷の音が近づいてきました。
「こりゃきますね」
「ホント怖いなぁ、落ちなきゃイイけど」
奥さんは不安げにニュースと外をキョロキョロ見てた。

不安は的中し、雷の音が凄い事になってきた。
「うわぁぁ凄いっすねぇ」
軽口を叩いていたのも束の間、地響きと轟音が同時に襲ってきてかなり焦った。
近所に雷が落ちたようで、爆音と同時にバチンと停電。
奥さんは「キャーッッ!」とか叫ぶし、それにもビックリだった。
数分起きにドッカンドッカン雷が落ちまくる。
稲妻で外がビカビカ光るし、奥さんは叫ぶしで最悪だった。

薄暗い中、懐中電灯を探そうと立ち上がったら、奥さんが「何?どこ行くの?」と言う。
「確か棚に懐中電灯があったと思うんで」と探しに行くと、背後にぴたりとくっくいてきた。
棚の中を手さぐりで探していると、雷が鳴るたびに奥さんが背中に抱き付いてくる。
無防備に抱き付いてくるもんだから、オッパイが背中に当たりまくる。
普通腕で当たらないようにするだろ・・・
そう思いつつも柔らかいオッパイの感触に興奮した。
見た目でも分かっていたが、奥さんはわりと巨乳なんです。
痩せてるくせに巨乳なので、Tシャツとか着てくると胸が強調される。
その巨乳が背中に押し当てられまくるので、本当に困った。

懐中電灯を見つけてソファーに戻ると、奥さんは俺の隣に座ってきた。
雷鳴がおさまらず、鳴るたびに俺の腕にしがみついてくる。
その度に巨乳が腕にめり込んでくるから、当然のように勃起してた。
可愛いもんで、抱きつく時に顔まで腕に押しあててくるんです。
もう完璧に彼女が抱きつく様な、そんな遠慮のない抱き付き。

そうこうしているうちに、タイミング悪くトイレに行きたくなった。
「ちょっとトイレ行ってきますね」
「えっ?ダメよ、我慢してよ」
「いやいや、トイレですから」
「雷落ちたらどうするのよ」
「落ちても大丈夫でしょ、トイレだし」
「違うわよ!アタシが!」

もう笑わずにはいられなかった。
凄い必死に俺がトイレに行くのを食い止めようとするんです。
「それじゃ一緒に行きます?」
「行く!」


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. 通りすがりの御面ライダー より:

    今日は仕事中に笑子の爆乳を後ろから揉み揉みしたったwww

  2. 華李のメコ筋 より:

    華李と思う存分肛門舐めあった。その後華李のピンクのマンコから小便を直飲みしてフェラさせてメガネにぶっかけた。まだまだガチガチなので船井ちゃんのオメコに挿入。三回ほど逝かせたあとちんぽを抜くと同時に潮を吹いて昇天。そして指で肛門責め。ゆるゆるになったころにアナルに挿入。
    最後はうんちを漏らす所を見ながら射精。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ