清純系女子大生の激しいド淫乱な喘ぎ声@4P

まだ俺がブラックな会社で働いてた時の話。
当然ブラックだとは知らずに就職したわけだが、6月ぐらいまでは普通だった。
次第に本性を露わにしてきたというか、気が付いた時にはなってたというか。
新人は朝8時前には来ていて当然。
残業は毎日でもちろん残業代は無し。
尋ねると「残業はお前が仕事を終わらせる事ができなかったからやってるんでしょ?なんで会社がその分の給料を余分に出すの?馬鹿なの?」って。
「先輩たち見てみな?残業してるか?してないよな?」
そう言われたら納得するというか、頑張るしか無いと思ったわけです。
新入社員は俺以外にも6人いたから、皆で頑張ろうぜ的な事をよく言ってた。

この投稿の続きを読む »

タグ

電話盗聴で聞いたテレフォンセックス③

次の日の夜、彼女と電話をしている時何気なく聞いてみました。
するとやっぱり水曜日は予定があると言ってきたんです。
友達の誕生日会があるから、帰りは終電になるかもって。
まさかまさか・・・とパニくってしまいました。

この投稿の続きを読む »

タグ

電話盗聴で聞いたテレフォンセックス②

「今すげぇ~のやってんだよ!早く来いって」
Aも急いで部屋に上がってきて、その会話に黙って聞き入りました。

ねぇ・・まーくんの欲しい・・
何が欲しいんだ?
まーくんの硬いオチンチン・・・入れたいの・・
もっとちゃんとオネダリしろよ
はぁうんっ・・・ミサの・・・オマンコに・・・オチンチン下さい・・・
正常位で?
うんっ・・奥まで入れていっぱいキスして・・・
激しく突くのか?
そうっ・・グチョグチョのオマンコ・・・突いてっ・・・
今もグチョグチョなんだろ?
んっ・・・凄い濡れてるの・・・
じゃ音聞かせろよ
待ってて・・・

この投稿の続きを読む »

タグ

電話盗聴で聞いたテレフォンセックス①

盗聴は犯罪です。投稿内容はフィクションとしてお楽しみ下さい。

もうかれこれ10年ちょっと前、僕は都内で1人暮らしをしていました。
当時仲の良かった友人Aに教えられ、受信機なるものを購入したんです。
Aの家で呑んでいる時、自慢げに出してきた受信機。
機械モノには疎いボクは、トランシーバーの大きいヤツ?と思いました。

この投稿の続きを読む »

タグ

盗聴されてた部屋⑦

正常位で入れてゆっくり出し入れした。
またスグにイッちゃったら勿体ないし。
でも我慢できずにパンパンパン!と動いた時、いきなりお姉さんと目が合った。

「えっ・・・なっ・・んっ・・・」

腰を動かしながらお姉さんの目を見つめた。
拒否されたら終わりだと思ったから、遠慮しないで激しく腰を振った。

この投稿の続きを読む »

タグ

盗聴されてた部屋⑥

シャワーから出てくると、お姉さんは完全に爆睡。
我慢なんてできないから、まずは隣に寝てみた。
スヤスヤと寝息をたてて寝ているお姉さん。
すげぇ~イイ匂いがした。
それだけで完全勃起w

「寝ちゃうんですかぁ?」

耳に口を付けて小声で話し掛けてみた。

「んあっ・・・もう・・・」

この投稿の続きを読む »

タグ

盗聴されてた部屋⑤

2時間ぐらいかな。
お姉さんは、ビール1缶とサワー2缶、俺はビール3缶。
前と同じように、お姉さんは子猫モード突入。

「じゃ、ぶっちゃけ、さっきのとローターとだと、どっちがイイんですかね?」

「知らないぃ~!アタシさっきみたいの使った事ないしぃ~」

「へぇ~、じゃ~ローターは使った事があると・・・へぇ~」

この投稿の続きを読む »

タグ

盗聴されてた部屋④

初めは気が付かずに掃除してたんだけど、インターフォンが鳴って気が付いた。

「あ~~どうも」と思わず苦笑い。
まさかお姉さんがやってくるとは思ってなかったし。

「いきなりゴメンなさいねぇ、掃除中?」

「そうなんすよ。普段しないから大掃除みたいな。うるさかったですか?」

「ううん。そうじゃなくて、ちょっと聞きたい事があったの」

この投稿の続きを読む »

タグ

盗聴されてた部屋③

毎晩受信機をイジっているのだが、周波数が混線?する日もあった。
結構固定された周波数だったから、誰の部屋かは分かるようになったのに。
強い電波を出すトラックとかタクシーが通ると、音声が乱れるんです。
それでも聞く事に苦痛はありませんでしたけど。

上のブサイク以外は、一ヶ月経っても男を連れ込む様子がありません。
隣にいたっては、毎晩19時過ぎには帰ってきてるみたいだし。
電話もしないのか、いつもテレビの音と少しの笑い声だけしか聞こえない。
真上のブサイクは平日も男を連れ込んで、週3回はヒーヒーやってやがる。
それを聞いてる俺もどうかと思うがw

この投稿の続きを読む »

タグ

盗聴されてた部屋②

次の日、俺はその友達と一緒に秋葉へ行った。
そして3か所の周波数が聞ける受信機の1番安いヤツを買った。
確か1万ちょっとの。
その日から暇さえあれば受信機をグリグリいじって音を聞いていた。

それから数日後のある日、凄いのを聞いてしまった。
飲み会があって、帰宅したのは1時過ぎ。
真上の部屋に電気がついていて、他は真っ暗。
シャワーを浴びて横になりながら、なにげに受信機をいじっていた。
すると、3か所のうち1か所にだけ反応があった。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ